【解説】ソイプロテインとホエイプロテイン、ダイエットに良いのはどっち?

【解説】ソイプロテインとホエイプロテイン、ダイエットに良いのはどっち?

ソイプロテインとホエイプロテインなら、どちらがダイエットに効果的なのでしょうか。

以前、以下のようなツイートを行いました。

https://twitter.com/link_medical/status/1214786443161133057

「ソイプロテイン」と「ホエイプロテイン」はどちらが良い?という質問を頂きました。

結論を言うと「ホエイプロテイン」の方が良さそう…という感じ🥰

正直、筋力や筋肉量の増え方はどちらのプロテインを飲んでも同じ。

ただ、ソイプロテインは「男性ホルモンが下がる」懸念があったりします😅

ということで、筆者としては「ホエイプロテイン」をおすすめしますが、この記事では、この理由やプロテインの効果、効率が良い飲み方などなど、上記ツイート内容を深堀りしていきます。

ライター紹介

ライター:白崎 璃緒

美容アドバイザー歴6年のアラフォー女。化粧品検定1級取得、美容記事執筆、監修や美容指導など。趣味はカメラ。ダイエット指導歴2年。

1.ソイプロテインとホエイプロテイン、ダイエットに良いのはどっち?

1.ソイプロテインとホエイプロテイン、ダイエットに良いのはどっち?

冒頭でも紹介しましたが、「ホエイプロテイン」の方が良いです。

ただ、ソイプロテインとの効果の差は微々たるものでして、ホエイプロテインを選んだ基準は「効果」よりも「安全面」です。

ホエイプロテインとは?

  • 別名「乳清タンパク質」
  • チーズ製造の副産物、乳清から単離されたタンパク質の混合物
  • 牛乳アレルギーの人は飲めない

ソイプロテインで男性ホルモンが低下する恐れ

実は、ソイプロテインで男性ホルモンが低下する可能性があるという事実は、科学界では割と常識でして、様々なデータも存在しています。

ソイプロテインとは?

  • ソイプロテインは大豆から分離されたタンパク質
  • 和名「大豆タンパク質」
  • 英訳すると「ソイプロテイン」


例えば、2013年にコネチカット大学で行われた実験では、筋トレ歴数年以上の20代前半の男性に、次のような実験を行いました。(※関連

  • 3パターンに分けて実験
  • パターン1:ホエイプロテインアイソレートを20g摂取、その後筋トレ
  • パターン2:ソイプロテインアイソレートを20g摂取、その後筋トレ
  • パターン3:プラセボ効果、マルトデキストリンを20g摂取、その後筋トレ
  • 筋トレは参加者が1回で上げられる最大重量の約80%の負荷を10回×6セット
  • 14日後に血液を採取し、どのような変化があるのかを調べる

という感じ。サンプル数が10と少々少ないんですが、これが現状で一番良い研究デザインをしているかなと思ったのでチョイスしました。

で、上記実験の結果が次のとおりになります。

  • ホエイプロテインを摂取したグループ:コルチゾールの反応が良くなった
  • ソイプロテインを摂取したグループ:血中テストステロンが低下
  • プラセボ効果グループ:変化なし、プロテインより効果が薄い
  • ホエイプロテインのほうが筋トレのストレスが緩和することが判明
  • ソイプロテインはホエイプロテインより筋肉が増えにくいかも?

という感じになりました。重要なのは上記2番目の結果でして、なんとソイプロテインを摂取したらテストステロンが低下したという驚きの事実が発覚したわけです。

繰り返しになりますが、サンプル数が少ないので断言はできない内容です。ただ、豆類に多く含まれるイソフラボンはテストステロンが下がるという結果になった実験は他にも沢山ありますので、どうなんだろう…と。

テストステロンとは?

  • 男性ホルモンの1種
  • 別名「若返りホルモン」
  • 筋肉の増大、骨格の発達などに作用する
  • 下がるとネガティブ感情が増える、睡魔がひどい、感情が薄れる、朝が辛い、持久力の低下など、様々な悪影響がある

ということで、ソイプロテインは男性ホルモン(テストステロン)が下がる恐れがあるということで、それならホエイプロテインのほうが良いかなと思います。

ホエイプロテインのメリットは凄まじい

箇条書きにて、ホエイプロテインのメリットを紹介します。次の通り。

  • 筋肉がつきやすくなる、遺伝子レベルで筋肉量が増える
  • 食欲が減る
  • 脂肪がガンガン減る
  • アンチエイジング効果(体の酸化防止)
  • 中性脂肪の低下
  • インシュリン感受性改善
  • 悪玉コレステロールの現象
  • 高血圧の改善
  • 脂肪肝の改善
  • ストレス解消
  • 免疫力の改善
  • うつ病の改善

などがあります。すべて科学的に証明されたことでして、上記を見る限りでは最強のダイエットドリンクと言えます…。マウス実験の段階ではありますが、「寿命が伸びる」なんて効能も見つかっています。

まあとにかくダイエット効果や筋肉への効果は素晴らしく、男性だけでなく女性の方も毎日飲むことをおすすめしたいですね。

補足:ライスプロテインはどうなのか

ソイプロテインとホエイプロテインを比較していますが、ここでライスプロテインについても少し触れたいと思いますが、結論を言うと「アレルギー体質ならライスプロテインは価値がある」と言えます。

ライスプロテインとは?

  • 発芽玄米からとったタンパク質
  • アレルギー物質がほぼ無いことが特徴


各プロテインのDIAAS(消化性必須アミノ酸スコア)を比較したデータがありますので、それを紹介します。(※関連

次の通り。

  • ライスプロテイン:0.37
  • ソイプロテイン:0.9
  • ホエイプロテインアイソレート:1.09
  • ホエイプロテインコンセントレート:0.97
  • ピープロテイン:0.82

という感じでした。ライスプロテインのスコアは絶望的に低いですね。


スコアが悪いのでライスプロテインが悪いかと言われるとそうではなく、ライスプロテインは大量に摂取すればホエイプロテイン並みに効果が期待できることもわかっています。

  • 2013年:ホエイプロテイン、ライスプロテインを48g飲んでもらい、週3の筋トレを実践。両グループに目立った差は確認されなかった(※関連

上記が実際のデータ。1日に48gも飲んでいますので、4杯くらいは最低でも飲んでますね。

ただ、上記データでは参加者の1日の総カロリーのうち25%をタンパク質にしていますので、そこへ48gのプロテインを摂取したら、どんな製品のプロテインでも効果は出そうだなと、個人的に思っております。


ライスプロテインについて、次のようにまとめます。

  • ライスプロテインは、アレルギー体質の人におすすめ
  • 良い効果を得るには1日に大量摂取する必要はあるが、ホエイプロテインと同等の効能が得られそう
  • ホエイプロテインより質は低いので、普通の人が選択するプロテインとしては力不足

という感じです。アレルギー体質の方以外なら選択肢には入らないかと思います。

結論:ダイエットに良いのはホエイプロテイン

ということで、ソイプロテインとホエイプロテイン、ライスプロテインも少し比較対象に入れましたが、結局はホエイプロテインが一番最強ということが言えるわけですね。

安全面で見ても、メリットの多さを見てもホエイプロテインの方が断然良いので、ダイエットであればホエイプロテイン一択です。

ただ、筋力や筋肉量に影響する効果に関しては、ソイプロテインとホエイプロテインは同じくらいなので、ソイプロテインは駄目!というわけでも無いです。

しかも、ホエイプロテインはアレルギー体質の方は飲めませんので…。ただ、その場合でもソイプロテインじゃなくてライスプロテインの方が良いかなと思っています。

2.おすすめのホエイプロテインを3つ紹介

2.おすすめのホエイプロテインを3つ紹介

おすすめのホエイプロテインを3つ紹介します。

個人的にも愛用しているプロテインや、過去に使って良かったものなどを3つ厳選しました。

選び方は「タンパク質の含有量」と「価格」の比率。長期的に続けるので、この2つの要素で選ぶのは必須です。

コスパ良し!国産の最強ホエイプロテイン

[amazonjs asin=”B06Y69FKT2″ locale=”JP” title=”エクスプロージョン ホエイプロテイン 3㎏(約100食分) ミルクチョコレート味 国産”]

こちらのプロテインですね。1杯で20g程度のタンパク質が摂取できて、3kgで6,000円程度なのでコスパが凄く良いです。

味もそこそこ良く、めちゃくちゃ味のバリエーションが豊富なのも特徴。個人的にはミルクチョコレート味が美味しく飲めるかなと考えてます。

高タンパクで価格も安い1つ

[amazonjs asin=”B000GZYBOA” locale=”JP” title=”ヘビーウェイトゲイナー 900 チョコレートブラウニー 3.2kg 並行輸入品”]

このプロテインは並行輸入品なので、海外で販売されているものと全く同じプロテインになります。

付属のスプーン4杯(154g)を水に溶かして飲むと、33gのタンパク質が摂れます。

高タンパクで良いのですが、ダマになりやすい、付属のスプーンが埋まっていて使えない、甘すぎて飲めないなんてレビューもあるので、個人差が分かれそうな一品ですね…。個人的には好きで現在も愛用中。

アメリカで有名なプロテインの1つ

[amazonjs asin=”B01DOHWFGM” locale=”JP” title=”Muscle Pharm(マッスル ファーム)コンバット ホエイ プロテイン 2.2kg チョコレートミルク風味”]

こちらは筋トレ大国のアメリカで有名なプロテインの1つになります。スプーン1杯で25gのタンパク質が摂取できるので、凄く手軽です。

量の割に価格も安めなので、筋トレユーザーからは熱い支持を受けています。

弱点があるとすれば、日本人にとっては甘すぎるという点でしょうか…。

3.効率の良いプロテインの飲み方

3.効率の良いプロテインの飲み方

基本的に好きなタイミングで飲んで構わないですが、多少効果が増す!という意味では、次のようなタイミングがおすすめ。

  • 食間に飲む
  • トレーニングの前後1時間~2時間のタイミングで、体重1kgあたり0.5gのプロテインが効率的(2回飲むということ)

という感じです。ただ、繰り返しになりますが「基本的にいつ飲んでもOK」ですので、誤差の範囲でも多少効率よくしたいなら、上記タイミングが良いでしょう。

食間に飲むと筋肉が発達しやすくなる

こちらはメタ分析で判明したことで、過去30件のプロテインデータをまとめて調査した内容です。(※関連

内容は次の通り。

  • 2パターンに分けて分析
  • パターン1:食間にプロテインを飲む
  • パターン2:食中にプロテインを飲む
  • パターン1は1日3回のプロテイン、1日のプロテインは10~113g程度
  • パターン2は1日3回のプロテイン、1日のプロテイン料は10~75g程度
  • 実験期間は6~36週間、平均は12週間

という感じでした。メタ分析なので信頼性は抜群。この結果がプロテインの効率良いタイミングに直結するので、素晴らしいデータですね。

結果は次の通り。

  • 食間パターンの52%は、1.5kg以上の筋肉が付いた、ちなみに食中パターンは14%に該当する
  • 食間パターンの43%は、体脂肪が増えた、食中パターンは13%に該当
  • 食間パターンの73%は体重が上昇、食中パターンは53%に該当
  • 食間パターンの89%は筋肉量が増加、食中パターンは93%に該当

という感じ。確かに食間にプロテインを飲むことで約4倍の確立で筋肉が増えやすくなるんだとわかりましたが…。同時に体脂肪も増えやすくなると…。

まあこれだけ数値に差があると、食間にプロテインを飲むほうが筋肉増加のメリットはあることが言えるので、まあ良さそうな結果ではありますね。

こうなった理由は「タンパク質の食欲抑制効果が得られにくい」ことがありまして、どうしても食中パターンより摂取カロリーが増えてしまいがちになるので、体脂肪が増えてしまったのでは、という説が一番濃厚です。

トレーニング前後に飲んでもOK

こちらに関しては「減量期ならトレーニング前後にプロテインを飲むと効果がある」というものでして、カロリー制限も同時に行う必要があります。データもある内容なので、体験談よりは信頼性がありますね。(※関連

で、このデータによるとトレーニング前後のプロテインで、次のようなメリットがあると発表しています。

  • 体脂肪の減り方が大きくなった:約-2.5kg
  • 筋肉の減り方が小さくなった:約+0.8kg
  • スクワット筋力がアップ
  • ベンチプレス筋力がアップ

という感じ。確かに良い結果ですが、数値的にはそこまで大きな差は無いですね。しかも、減量期じゃないと特に差がない結果になるようなので、特別意識してトレーニング前後にプロテインを飲む必要もなさそう…。

とはいえ、気持ち程度に捉えて飲むのは良いと思います。プラセボ効果は侮れませんので。

という感じで、以上2パターンの効率良いプロテインの飲み方を紹介しましたが、何度も言いますが「基本的にいつ飲んでもOK」です。

4.まとめ

4.まとめ

ソイプロテイン、ホエイプロテインはどちらがダイエットに良いかという解説でした。また、おすすめのホエイプロテインや飲むタイミングなども紹介しました。プロテインのガイドラインとして活用できるかと思います。

長くなりましたので、以下まとめです。

  • ホエイプロテインのほうがダイエットには良い
  • ソイプロテインは「男性ホルモンが減る」恐れアリ
  • ホエイプロテインはメリットが非常に多い
  • ライスプロテインは、アレルギー体質の人が飲むには有効
  • ライスプロテインの場合、大量に摂る必要あり
  • 良いホエイプロテインは「タンパク質の量」と「価格」で選ぶ
  • 基本的に「いつ飲んでもOK」
  • 少しでも良い効能を得るなら「食間」「トレーニング前後」に飲むと良い

ということで、結局ホエイプロテインが良いんだということが分かりました。アレルギー体質でなければホエイプロテイン、アレルギー体質でホエイプロテインが無理なら、ライスプロテイン、大量に飲むのが嫌なら、ソイプロテインという選び方で良いと思います。

ダイエッターの方は、是非プロテイン飲んでみてね!

プチ断食はどれくらい痩せるかを解説【データあり】

2.結論:レコーディングを毎日3回やって、できれば運動をする

楽に続けられるダイエットでは「プチ断食」が優秀。では、プチ断食はどれくらい痩せられるのでしょうか?という疑問にお答えしていきます。

以前、次のようなツイートをしました。

https://twitter.com/link_medical/status/1214407493113139200

プチ断食でどれくらい痩せられるの?という質問は良く頂きますので、簡単に解説🥰

個人差もありますが、3ヶ月続けると、大体以下のようなダイエット効果が期待できます。

・体重3%~7%減少
・体脂肪3kg~5.5kg減少
・中性脂肪14%~42%減少

という感じ🎉

繰り返しですが、個人差はあります😅

プチ断食でどれくらい痩せるのかは、実際にデータもありまして、1つのダイエット指標になるかなと思いますので、上記ツイート内容を深堀りします。

ライター紹介

ライター:白崎 璃緒

美容アドバイザー歴6年のアラフォー女。化粧品検定1級取得、美容記事執筆、監修や美容指導など。趣味はカメラ。ダイエット指導歴2年。

1.プチ断食はどれくらい痩せるかを解説【データあり】

1.プチ断食はどれくらい痩せるかを解説【データあり】

冒頭のツイートで紹介した通りでして、ちゃんとした論文もありますので紹介します。

ここで紹介する「プチ断食」というのは、次のような断食を指します。

  • 日替わり断食
  • リーンゲインズ
  • IPF

実際のデータを紹介【日替わり断食が優秀か】

上記結果になったのは、2015年のレビュー論文に、プチ断食の効果を調査した内容を掲載していたからですね。(※関連

このデータではプチ断食の中でも「日替わり断食」「リーンゲインズ」などにフォーカスして研究されていまして、特に「日替わり断食」の結果は著しく良いということで、「ダイエットするなら日替わり断食をしろ!」と強くおすすめしていたりします。

リーンゲインズとは?

  • 食事する時間、断食する時間を定めてサイクルを繰り返す断食法
  • 男性なら8時間の間に食事を済ませて、残り16時間を断食にする
  • 女性なら10時間の間に食事、残り14時間を断食にするなど
  • 断食中は水かお茶しか飲まない(カロリーがあるものを摂取しない)

このレビュー論文の結論が、冒頭で紹介した数値になるわけです。以下にもう一度まとめます。

  • 体重:3%~7%減少
  • 体脂肪:3kg~5.5kg減少
  • 中性脂肪:14%~42%減少

という感じです。中でも中性脂肪の減少率は非常に優秀ですね。

体脂肪や体重も均等に減少していまして、上記のようにハッキリとした数値が出ていますので、プチ断食がどれくらい痩せるかの指標となるでしょう。

また、このレビュー論文ではコレステロール値も計測していまして、結果は10%~21%の減少。健康上でも良いことがわかります。

リーンゲインズは、まだまだデータ不足

リーンゲインズがどれくらい痩せるかの指標は、まだデータ不足でハッキリしていません。

様々な研究がありますが、リーンゲインズで体脂肪や内臓脂肪、体重はしっかりと落ちることがわかっていますので、ダイエット効果自体はあります。この点については安心してくださいな。
個人的な考えとしては、日替わり断食よりリーンゲインズは多少劣ると思っています。リーンゲインズのほうが断食時間が短いですからね。
といっても、断食時間が増えたからと言って痩せ具体が促進されるわけでも無いので、おそらくですが、日替わり断食と同程度の効果は得られるんじゃないかと思っています。

実体験:筆者が3年ほどリーンゲインズを継続した結果

筆者はリーンゲインズを強く勧めていまして、3年ほど継続した感想としては、次のようなメリットがあると感じています。

  • 空腹感に苦しまなくて済む
  • 自然と食欲が減る
  • 日替わり断食より、筋肉を落とさずに済む
  • 体重の減り方が緩やかなので、健康被害も少ない
  • 肌の調子が良くなった

プチ断食を繰り返したことにより、体重も減って食欲のコントロールも容易になりました。また、肌も調子がよくなりまして、アンチエイジング効果も得ることができたので万々歳…と。

また、体重の変動は14kgでした。66kg→52kgなので、3年続けた割にはダイエット効果が薄いと思いがちですが、リーンゲインズ開始から半年で9kg落として、その後は体重をキープしながら徐々に痩せたという感じなので、自己評価ながら中々順調に痩せたなと思っています。

ちなみに日替わり断食も挑戦しましたが、なにせ断食時間が長いので、食欲に苦しむことが多くなりまして、私には合わなかったです。ということもあり、個人的にはリーンゲインズをおすすめしています。

[st-card id=340 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

2.おすすめするプチ断食を紹介

2.おすすめするプチ断食を紹介

先程も説明したように、おすすめは「リーンゲインズ」です。

プチ断食は、好みのものを選ぶと吉

プチ断食のやり方はいくつかありまして、代表的なものは次の4つです。

  • リーンゲインズ
  • IPF
  • 日替わり断食
  • 週末断食

という感じです。

IPFとは?

  • 週に3日ほど、普段の摂取カロリーから3割程度引いた食事をする
  • 体重1kgに対し、タンパク質を1g摂取する

週末断食とは?

  • 土曜日、日曜日など、週に1日だけ断食をする方法
  • 週末に行いやすいので、週末断食と呼ばれる
  • 週末に拘る必要は無く、とにかく週1日だけ断食をするというのが、このプチ断食の方法。

という感じです。それぞれ断食ではありますが、最大でも24時間しか断食しませんので、プチ断食と呼んでいます。

IPFはプチ断食というより、食事制限に近い方法ですね。断食の詳しいやり方については以下の記事を参考にして下さいな。

[st-card id=1831 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

超簡単なリーンゲインズのやり方と効果

ズバリ「朝食を抜くだけ」「空腹時に軽いトレーニングをする」です。難しいことはありませんね。筆者の場合は起床して1時間後くらいに30分ほどのウォーキングをしていました。

これを3年続けたわけですが、これだけで少しずつダイエットができました。辛さも全然ありません。

ただ、最初のうちは朝食を食べないことで頭がボーッとしたり、空腹感が辛いと感じます。これに関しても「1週間すれば慣れる」で問題にはならないかと。
むしろ、一度朝食を抜くことに慣れれば朝食を食べないほうが集中力が増しますし、空腹時の運動でめちゃくちゃ元気になります。
[st-card id=2725 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]


箇条書きで、次のようにまとめました。

  • 2010年:20人の参加者にファステッドトレーニング(空腹時の運動)を行ってもらった。すると朝食を食べてからトレーニングしたグループより、インスリン感受性が大幅に改善した。また、実験中はカロリーを多めに摂取してもらっていたが、ファステッドトレーニングを行ったグループは、体脂肪の増加がほとんどなかった(※関連
  • 2011年:20人の参加者にファステッドトレーニングを実践、筋肉の成長が著しく改善した、活力も出やすくなる(※関連

というように、ファステッドトレーニングという空腹時の運動を行った研究になりますが、それぞれ「オーバーカロリーでも体脂肪の増加がほとんどなかった」や「筋肉の成長が良くなった」などになっていまして、なかなか良い結果かなと思います。

筆者のように、起床して1時間後くらいの30分ウォーキングをおすすめします。

補足:女性の場合はプチ断食でトラブルが出る可能性あり【対策法も紹介】

このトラブルというのは「ホルモンバランスが崩れる」ことを指します。

8割位の女性はプチ断食で良い結果が出るのですが、のこり2割の女性はプチ断食を行うことで、様々なトラブルが出てしまう恐れがあると。


考えられるトラブルは次の通り。

  • 生理不順
  • 冷え性が出る、または悪化
  • 気分の浮き沈みが激しくなる
  • 抜け毛が増えた
  • 便秘や下痢が起こる、または頻度が増える
  • 乾燥肌、肌荒れが起こる、または症状がひどくなった
  • 寝付きが悪くなった

などですね。上記は全てホルモンバランスが崩れることで起きる症状ですので、女性の方でプチ断食をして該当する症状が出てきた場合は、すぐにプチ断食を終了して様子を見ましょう。


プチ断食は体に適度なストレスを与えることで、痩せやすくするというテクニックでして、こういったトラブルが出るのは、ストレスが強すぎることが原因なわけです。

よって対策方法は次の通り。

  • カロリー制限をしない
  • 過度な運動を行わない、または運動しない
  • タンパク質の量を増やす
  • 睡眠時間を最低7時間確保する
  • 病気など、何らかの症状があるときは断食自体を避ける

という感じですね。とにかく体にストレスがかかる行為は避けるようにすることが重要。

私達女性の場合はホルモンの変化に敏感ですので、プチ断食の実践にも注意が必要になります。

3.まとめ

3.まとめ

以上、プチ断食でどれくらい痩せるかの解説と、オススメのプチ断食方法の紹介でした。

長くなりましたので、簡単にまとめてみましょう。

  • プチ断食をすると、3ヶ月ほどで体重:3%~7%減少、体脂肪:3kg~5.5kg減少、中性脂肪:14%~42%減少程度のダイエット効果が期待できる
  • 個人差もあるので、あくまで目安
  • 日替わり断食、リーンゲインズでも同等の効果が期待できる
  • 筆者個人としてもリーンゲインズがオススメ
  • リーンゲインズは、朝食を抜くだけでOK
  • 空腹時に運動をすると尚効果的
  • 女性の場合はプチ断食でトラブルが出るので、様子を見ながら継続すること

プチ断食は簡単でカロリー計算も不要、しかもダイエットにありがちな辛さもほとんどありません。

中でもリーンゲインズは朝食を抜くだけで実践可能ですので、是非ダイエッターの皆様は試してみてくださいね。

【解説】サラダを食前に食べるダイエットは効果的?

今回は「サラダを食前に食べるダイエット」というテーマで解説します。

以前、以下のようなツイートを行いました。

https://twitter.com/link_medical/status/1214048713443700736

食前にサラダを食べるダイエットって意外と効果的なんですよね🥰

このメリットは
・摂取カロリーが減る(データでは94kcal減少)
・食物繊維が食欲を抑える

という感じなので、自然とカロリー制限ができる理想のダイエットが可能🥰🥰

できるだけ素材に近い形で摂るのがコツ🎉

ということで、上記ツイート内容を深堀りしていく内容になります。

1.サラダを食前に食べるダイエットは効果的か

1.サラダを食前に食べるダイエットは効果的か

結論を言うと、効果的です。

以前は「食前にサラダ食べると痩せるぞ!」とか「食前に水を飲みまくれば食べる量が減らせるぞ!」みたいな感じで言われていましたが、科学的根拠がありませんでした。

なんとなく正しい意見に聞こえるものの、科学的視点では、結構疑問が多かったんですよね。
そこで調査された研究は「食前のサラダで食欲が収まるのか?」という疑問を追求した内容となります。

食前サラダで総摂取カロリーが減ることが判明【データあり】

イランで行われたメタ分析になります。

質が高いダイエット研究35件を選出して分析しています。

内容は次の通り。

  • 参加者は全部で1,273人
  • 2パターンに分けて実験
  • パターン1:食前にカロリーが低いものを摂取(主にサラダ、水)
  • パターン2:食前にカロリーが高いものを摂取(チーズ、脂肪分など)
  • どちらのパターンが、食欲が低下するのかを調査、比較

という感じで、ストレートにサラダの有効性を調べていますね。メタ分析でこれが調査されたのは非常に参考になりますね…!

メタ分析の結果

  • 食前に食物繊維を摂ると、総摂取カロリーが減少した
  • 食前に水分を摂ると、総摂取カロリーが減少した
  • 平均で94kcalが減少
  • 食前の脂肪分は、摂取カロリーに変化がなかった
  • 食前に糖質を減らしたら、摂取カロリーが増えた(平均で52kcal)
  • 水分、食物繊維の摂取カロリーが減少する効果は、すぐに消える

という感じになりました。重要なのは赤マーカーの部分でして、食前のサラダは有効なものの、効果はすぐ消えるということなので、あくまで食前に摂った時だけの効果ということもわかりました。

食前の脂肪分は意味がなく、食前に糖質を減らしたら摂取カロリーが増えるなど、中々面白い結果になっていますね。

食前に糖質を減らすと摂取カロリーが増える理由

  • 糖質をとると満腹ホルモン(インスリンなど)が出る
  • 糖質を減らすと、満腹ホルモンが出ないので、空腹感が強く出る
  • 結果、食べすぎてしまう

食前のサラダで摂取カロリーが減る効果は、すぐ消える

あくまで”食前”だけの効果という結論になっていますので、ここは注意ですね。

例えば、朝サラダを沢山食べても、摂取カロリーが減らせる効果が見込めるのは朝食だけで、昼食や夕食にも同じ効果が欲しい場合は、それぞれでサラダを食前に食べる必要があります。

まあ毎食の一番最初にサラダを食べる!って心がけるだけで、ダイエットにも貢献してくれるし、健康にもいいので良いことばかりですね!簡単に実践できるので試す価値はありそうです。

2.食前に食べるサラダは”何が有効”か

2.食前に食べるサラダは”何が有効”か

食前に食べるサラダは何が有効かを話していきます。結論を言うと「素材の原型に近い形で食べることが重要」となるので、何が良いのかというのはそこまで重要ではなかったりします。

リンゴで比較したデータでは、まるごとリンゴを食べたほうが良いことが判明

食前のサラダはダイエットに効くことが判明しましたが、先程も言ったように「素材の原型に近い」方が効果があるとのことです。

リンゴでの比較データがありますが、その時の内容は次の通り。

  1. アップルジュースを飲む
  2. アップルジュースに食物繊維を加える
  3. アップルソースでサラダを食べる
  4. リンゴをそのまままるごと食べる

上記4パターンで比較した場合、「リンゴをまるごと食べた」場合が最も摂取カロリーが減った結論となりまして、次が「アップルソースサラダ」、「アップルジュース+食物繊維」で、一番効果が薄いのは「アップルジュース」を飲んだ場合となりました。

しかも、アップルジュースのみの場合は摂取カロリーに変化がなかったとのことで、食欲を抑える効果が無いことも判明。

やはり食前サラダ効果は、「素材に近いものを食べるほど効果が高くなる」ということなので、面倒な調理はせず、そのままサラダとして食べたほうが無難です。

一番有効な素材は何か【データから選出】

先に結論を言うと、次の通りです。

  • 茹でじゃがいも
  • タラ
  • オレンジ
  • オートミール
  • リンゴ
  • ぶどう
  • 全粒粉パン
  • 全粒粉パスタ
  • ベイクドビーンズ

という感じ。茹でじゃがいもに至っては満腹感の数値がずば抜けて良かったということで、食前に食べるのは茹でじゃがいもがおすすめ。

実際のデータでの食品別満足度リスト

実際のデータはシドニー大学の研究で、食品満足度を数値化した内容です。(※関連

調査方法は、参加者に特定の食品を240kcalずつ摂取してもらい、「満腹感」「その後の食事量」を調査しています。基準は「食パン:100%」で、それぞれの食品の満足度を定めた形となります。

結果の一部を抜粋すると、次の通りになります。

クロワッサン 47% ケーキ 65%
ドーナッツ 68% クッキー 120%
クラッカー 127% 食パン 100%
フライドポテト 116% パスタ 119%
玄米 132% 白米 138%
黒パン 154% 全粒粉パン 157%
全粒粉パスタ 188% 茹でじゃがいも 323%
レンズ豆 133% チーズ 146%
150% ベイクドビーンズ 168%
牛肉 176% タラ 225%
オートミール 209% バナナ 119%
ぶどう 162% リンゴ 197%
オレンジ 202% ポップコーン 154%

という感じですね。

このデータから分かったこと

  • 食物繊維、タンパク質、水分が多い食品ほど、満足度は高くなる
  • 個々の食品で数値が段違いなので、数値が高い食品ほど、食欲抑制の効果が高まる
  • 高脂肪の食品は満足度が低い
  • 炭水化物は糖質なので、満腹感はアップする

ということで、茹でじゃがいもの満足度が最高であると。じゃがいもは食物繊維やタンパク質、茹でれば水分も多くなるので一番良い結果になっているわけですね。

炭水化物で満腹感が良くなるのは当然ですね。糖質制限ダイエットの世界で言うなら真逆の結論ですが、糖質を摂るとインスリンが上昇しますし、インスリンには空腹を抑える効果がありますからね。上記データの結果は納得です。

ということで、上記データを参考に食前に食べるサラダを決めてみてくださいな。

3.まとめ

3.まとめ

以上、サラダを食前に摂るダイエットに関しての解説になります。

具体的に食材もチョイスしてみましたが、かなり良いデータから選出していますので、信憑性も結構あるかなと。

まとめると次の通り。

  • 食前にサラダを食べることはダイエットに有意義な効果をもたらす
  • できるだけ「素材に近いもの」を食べること
  • 食物繊維、タンパク質、水分が多いものほど、満足度は高くなる
  • 最強は「茹でじゃがいも」

サラダを食前に食べるダイエットが有効なのは、個人的に驚きでしたが、まあよくよく考えるとその通りなんだなぁと。

茹でじゃがいもがずば抜けて優秀なのも驚き。

とにかく食前に茹でじゃがいもを1個くらい食べておけば、その食事の摂取カロリーを抑えられるので、ダイエット中にはオススメです。

お腹の調子も良くなるので、茹でじゃがいもはストックしておきましょう!

【解説】ベジタリアンにダイエットのメリットはあるのか?

今回は、「ベジタリアン」をテーマに、ダイエット視点から解説していきます。

以前、次のようなツイートをしました。

https://twitter.com/link_medical/status/1213653720086351877

ダイエットするなら #ベジタリアン になれ!って聞くことがあるんですけど、イマイチ納得が行かない…。

✅理由↓
・脳に必要な栄養素が足りなくなる(メンタルに影響が出る)
・DNAの合成に不可欠なビタミンB12が不足する
・カルシウムが不足しがち

ダイエット以前に健康に悪そう…なのでNGかも😅

文字数の関係で文章が少しおかしくなりましたが、要は「ベジタリアンになると健康的にあまり良くないよね?」ということで、ダイエットとかの問題より健康上の問題が出てきて、やめたほうが良さそう…。ということで、筆者はベジタリアンは否定的な考え方です。

そんな否定的な考え方を持つ筆者が、ベジタリアンのダイエットメリットを考え抜きました。

1.ベジタリアンにダイエットのメリットはあるのか?

1.ベジタリアンにダイエットのメリットはあるのか?

結論を言うと1つだけ。

まず、ベジタリアンのメリットを書いてみます。次の通り。

  • 健康意識が高くなる
  • 野菜中心なので、やっぱり健康にいいかも
  • 低カロリーな食事が続くので、最初は痩せそう

くらいでしょうか。ダイエット視点で見るならば、野菜中心の生活は摂取カロリーが低くなりがちなので、代謝が高いうちは体重がガンガン減りそうな感じ。

ただ、一旦代謝が下がれば体重も減らなくなるので、チートデイなどを設けて調節する必要はありそうです。

チートデイとは?

  • 定期的に普段のカロリーに20%を上乗せした食事をする
  • 2週間に1日程度行う
  • 下っていく代謝を阻止して代謝を上げるための処置

ベジタリアンになると健康的になる

野菜中心になるので、間違いなく健康的にはなります。

実際の実験データ(※関連)もあります。これはイタリアで行われた調査で、過去に調査されたベジタリアンの観察研究データ96件をレビューした内容となります。データ数から見ても、信頼性は抜群ですね。

で、その調査から導き出された結果は次の通り。

  • 心疾患のリスク25%減少
  • がんの発症リスク8%減少
  • コレステロール値が正常値
  • 体重は少なめ

他の食事法と比べるとベジタリアンは凄く健康的!という内容になっていまして、現代人の食事よりベジタリアンが体に良いのは間違いないことがわかります。

ベジタリアンが健康的なのは「意識の高さ」が理由か

上記データで「ベジタリアンは健康的」という結果になったのは、単純に「ベジタリアンは健康意識が高いからでは?」という説が濃厚なんですよね…。

これに関しても、しっかりとデータがあります。


1996年、オックスフォード大学の論文になります。(※関連

実験内容は次の通り。

  • 健康雑誌等で「健康意識が高い男女」を約11,000人ほどピックアップ
  • 2つのグループに分けて17年の追跡調査を行った
  • グループ1:ベジタリアン
  • グループ2:肉や魚を普通に食べる

という感じですね。早速ですが上記データから判明したことは次の通り。

  • 両グループとも、死亡率は同じだった
  • 両グループとも、病気発症率は同じだった
  • ダイエットに関しても、全く同じ
  • 健康意識が高ければ、ベジタリアンが有利というわけではなさそう

ということで、特にベジタリアンだから体が健康的になる!ということでも無く、肉や魚を食べていても、健康意識が高いなら問題ないってことがわかりました。しかもダイエットに関しても同じ結果だったようで…。

結論:ダイエット目的でベジタリアンになるメリットはなさそう

確かにベジタリアンになれば野菜メインになるので摂取カロリーが減って痩せるっぽいですが、それに合わせて基礎代謝が下がれば、あとは低代謝でキープしていく感じになるので、痩せなくなるわけです。

ダイエットの視点から見ても、ベジタリアンになるメリットはほとんど無いのでは…?と思ってしまいますね。

まあベジタリアンになる理由は人それぞれですし、あくまでダイエットする目的でベジタリアンになる必要は無いってことなので、ベジタリアンを全否定するわけではありませんので、それだけはご了承を。

2.お肉は太るのか?【解説】

2.お肉は太るのか?【解説】

ベジタリアンを散々否定してきましたが、お肉が体に良いのか?という話をしていきます。

結論を言うと「肉と肥満は関係性あり」と言えるので、体に良いとは言えないかもです。

先進国では、肉を食べる人の方が太っている

肉を食べるほど太り、野菜を食べる人ほど痩せている人が多い傾向が、日本を含む先進国では多いために、肉と肥満は関係性があるといえるわけです。肉好きには辛い結果ですね…。


2003年の研究になります。(※関連

内容は次の通り。

  • 38,000人分の健康データを分析
  • ベジタリアン、肉や魚を食べる人のBMIを調査

という感じ。早速ですが結果が次のようになりました。

  • 本当に野菜のみ食べるベジタリアン|BMI:22.4
  • 卵と乳製品は食べるベジタリアン|BMI:23.3
  • 魚を食べるベジタリアン(ペスクタリアン)|BMI:23.3
  • 肉を食べる|BMI:24.5

ということで、肉を食べる傾向にある人ほどBMIは大きく、太っているということがわかりました。逆に野菜を多く食べる人ほどスリムな人が多いんだと。

繰り返しになりますが、ベジタリアンは健康意識が高いケースがあるので、このデータも正確とは言えないかもしれません。ただ、数値に明確な差がある以上、肉と肥満の関係性はやっぱりあるのかなと考えるしか無いですよね…。

肉を食べたほうが痩せるというデータもあり

肉を食べるほど太る傾向にあるというデータは先程紹介しましたが、今度紹介するのは「肉を増やすと痩せる!」という恐ろしいデータです。

箇条書きで紹介します。

  • 2005年:19人の男女を対象にタンパク質摂取量を2倍に増やしたら、体重の減少を確認できた(※関連
  • 2005年:113人の男女にタンパク質摂取量を変化させて半年、肉の消費量が多い人は体重が減ったままだったことが確認された(※関連
  • 2012年:体重1kgに対し1.2gのタンパク質を肉で摂取したら、体型の改善につながった(※関連

という感じ。肉の摂取量が多い人ほど痩せられるor体重をキープできるんだってことがわかったわけです。

これには明確な理由がありまして、「タンパク質は満腹感を感じやすいので、食欲をコントロールしやすくなる」ということがあるからですね。

筋肉を生成するための必要なエネルギー源でもあるので、代謝が上がり痩せやすくなることも理由としてあげられています。

補足:加工肉は太るので、やめたほうが良い

加工肉は脂が多いので、食欲が暴走して食べすぎてしまうことが多くなります。よって加工肉は太るので、食べないほうが無難です。

先進国の食肉は加工レベルが高いんですよね。なので普通に食事しているつもりでも、実は多く食べすぎているということがありますので、注意しましょう。

対策としては、「新鮮で脂肪分の少ない赤身肉を選んで食べる」方法が有効。

[st-card id=508 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

結論:肉は食べ方次第で太る

肉を食べると太るデータがあったり、痩せるデータがあったりしましたが、結局は肉は食べ方次第で太ったり痩せたりすることが、これらのデータでわかったかと思います。

重要なのは、次の通り。

  • 加工肉は食欲が暴走するので極力食べない(ベーコンとか)
  • 新鮮で脂肪分が少ない赤身肉を選ぶ
  • 低温調理を行うと尚良し

3.まとめ

3.まとめ

以上、ベジタリアンのダイエットのメリットに関しての解説、および肉についての解説でした。

簡単に箇条書きでまとめてみましょう。

  • ベジタリアンになれば健康的になるのは間違いない
  • ただ、それは「健康意識が高まること」が理由の可能性大
  • ダイエット視点で見ても、最初以外特にメリットが無い
  • 野菜中心の生活になるので、摂取カロリーが減り、最初はガンガン痩せそう
  • ベジタリアン生活でダイエットするなら、チートデイは設けること
  • 肉は肥満との関連性あり
  • 食べ方次第で太る

というように、ダイエットするからベジタリアンになるというのは、あまり得策ではなさそう。

ただ、肉は肥満との関連性があるので、何事も”ほどほど”に食べるほうが良さそうです。

体脂肪を落とす簡単な方法を解説【ダイエットのテクニック】

おすすめダイエットサプリランキング

体脂肪を落とす、超簡単な方法がありまして、科学的にもデータがある内容ですので紹介します。

以前、以下のようなツイートを行いました。

https://twitter.com/link_medical/status/1213297192166813696

体脂肪を簡単に落とす方法として、私はプチ断食をオススメしていますが、応用として「✅90分テクニック」というものがあります😊

これは「朝食を90分遅くし、夕食を90分早める」という方法。

これだけで体脂肪が通常の2倍落ちるというデータがあるので、凄い有効なテクニックです🥰

ということで、このテクニックを主に解説しながら、簡単に体脂肪を落とす方法を紹介していきます。

1.体脂肪を落とす簡単な方法を解説

1.体脂肪を落とす簡単な方法を解説

次の通り。

  • 断食
  • レコーディングダイエット
  • 90分テクニック

上記3つです。

重要なのは「自然とカロリー制限」をすることにありまして、体脂肪を落とすなら運動よりも食事制限を優先したほうが効率が良いです。

ただ、無理やり食べる量を減らす行為はストレスが溜まり食欲が増幅することにつながるのでNG。そうなると、自然とカロリー制限ができる状況を作り上げる上記3つの方法が有効であると言えます。

体脂肪を落とす簡単な方法①:断食

行うのは「リーンゲインズ」と「IPF」という2つのプチ断食です。

それぞれ解説すると以下の通り。

リーンゲインズとは

  • 食事をする時間と、食事をしない時間のサイクルを繰り返す方法
  • 男性なら8時間以内に食事を済ませ、残りの16時間は一切食事をしない
  • 女性なら10時間以内に食事を済ませ、残りの14時間は一切食事しない
  • ただし、女性の場合は食事を断つ時間が増えることで「生理不順」になる恐れがあるので、体調と相談しながら調節すること

IPFとは

  • インターミッテント・パーシャル・ファスティングの略
  • 普段食べるカロリーから30%~40%をカットした食事をする
  • 行う日数は週3日のみ(1日置きとかでOK)
  • IPFをする日はタンパク質を体重1kgに対し1gを摂る

という感じですね。

性別上でおすすめするなら、男性の場合はリーンゲインズ、女性の場合はIPFになりますが、基本どちらでも体脂肪は落ちていきますので、自分にあった方法でOK。

とにかく簡単にダイエットするならリーンゲインズがおすすめで、理由は「カロリー計算が不要」という点があるからですね。また、科学的にもデータが山程あり、筋肉を落とさず体脂肪を落とす方法として非常に優秀であることもわかっています。
今からでもできますので、是非試してみてくださいな。まずは3ヶ月続けてみて様子を見ましょう!
[st-card id=340 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]


1日置きに断食する「日替わり断食」は、難易度が高いですが、通常のプチ断食より体脂肪が落ちやすいことが特徴。

ただ、最初の2週間くらいは空腹との戦いになるので、凄く大変です。効果は高いので、断食に慣れてきたら試してみてくださいな。

[st-card id=1831 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

体脂肪を落とす簡単な方法②:レコーディングダイエット

名前の通り「記録をするダイエット」のことで、「体重の変化」や「食事内容」などをひたすら毎日記録していくという方法になります。

[st-card id=352 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

この方法で重要なのは「記録する行為」でして、毎食記録をすることで自分が何をどれくらい食べたかを振り返りすることができますので、常にセルフモニタリングをしている状態となります。

これにより、不健康な食事をしても罪悪感が生まれて、常に健康的な食事をしようというモチベーションの向上につながるので、自然と食事制限をすることが可能です。なので、体脂肪を簡単に落とすことができます。

ダイエット期間は長くなるかもしれませんが、2週間も続ければ記録をすることが習慣化されて、記録することが生活の一部になりますので、非常に楽です。

体脂肪を落とす簡単な方法③:90分テクニック

この方法は至ってシンプルで、「朝食を90分遅くする、夕食を90分早くする」という方法になります。

例えば、「普段朝食を7時に摂り、夕食を20時に摂っていた」なら、「朝食を8時半に摂り、夕食を18時半に摂る」という食生活サイクルに変えます。

こうすることで、摂取カロリーが減ります。理由は、食事時間をずらすことで「食欲が暴走することを防げるから」ですね。


この90分テクニックは興味深い科学的データがありますので紹介します。サリー大学の実験になります。(※関連

実験内容は次の通り。

  • 11人の男女を2つのグループに分ける
  • グループ1:普段の食事を行う
  • グループ2:朝食を90分遅くさせ、夕食を90分早くさせる
  • 実験期間:10週間
  • 食べる内容、カロリーなどは一切制限なし
  • 食事記録は毎日つける
  • 採血は毎日行う

という感じ。この実験では、食事タイミングを90分ずらすだけでメリットがあるかも?という疑問から考えられた内容でして、徹底的に調べていますね。

結果、「グループ2はグループ1よりも2倍体脂肪が落ちていた」という結論になりまして、90分テクニックをするだけで体脂肪がかなり落ちやすくなることが判明しました。

で、どうしてこうなったのかという理由は「食欲の暴走がなくなり、摂取カロリーが減ったから」というシンプルな理由ですね。実際に参加者に聞いても、「食事量がいつもより減った」と回答していまして、かなり体脂肪を落とすことに役立つ模様です。

90分テクニックは楽だが、実践が意外と難しい

体脂肪を簡単に落とせるので楽なんですが、家族がいる人、職場での食事時間が決まっているなど、食事の時間をずらしにくい方は難しい内容ですので、実践するにはなんとか個別で対処する以外に無いのが現状。
普通の社会人であれば、実践が意外と難しいんですよね。
ともあれ、食事時間を90分ずらすだけなので、凄く簡単です。とりあえず2ヶ月ほどは挑戦してみて様子を見ると良いと思います。

2.体脂肪を落とす時に役立つアイテムを紹介

2.体脂肪を落とす時に役立つアイテムを紹介

体脂肪を落とすには「自然と食欲を減らす」ことが重要。ということで、それに役立つアイテムを紹介します。

食欲抑制に役立つサプリメント

[amazonjs asin=”B07P7ZNHW5″ locale=”JP” title=”California Gold Nutrition LactoBif プロバイオティクス 300億個 植物性カプセル60錠 【アメリカ直送】”]

食欲抑制に役立つサプリメント

ビセラ(BISERA)

[st-mybutton url=”https://medical-it-link.jp/bisera-link2″ title=”詳しくはコチラ” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”90″ fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on”]

[amazonjs asin=”B078JZTDSS” locale=”JP” title=”LOHAStyle レジスタントスターチ 天然型 不溶性食物繊維 (300g) 難消化性 食品グレード 非遺伝子組み換え”]

基本的に食欲抑制は「プロバイオティクス(善玉菌)」と「食物繊維」が科学的にも信頼度が高いので、上記3つあたりがおすすめ。

日本のサプリならダイエットサプリにプロバイオティクスが使われることがありますので、ビセラなどが食欲抑制ができて良いでしょう。体脂肪にも良い影響が出るかと思います。

レコーディングダイエットに役立つノート

[amazonjs asin=”4522429363″ locale=”JP” title=”Beauty diet note(ビューティー ダイエット ノート)”]

[amazonjs asin=”405800391X” locale=”JP” title=”FYTTEダイエットダイアリー365Days”]

レコーディングダイエットを行う場合はそれに合うノートを準備しておくと吉。ということでセンヨウのノートがありますので、上記2つあたりがおすすめ。

手軽にタンパク質を摂れるプロテイン

[amazonjs asin=”B06Y69FKT2″ locale=”JP” title=”エクスプロージョン ホエイプロテイン 3㎏(約100食分) ミルクチョコレート味 国産”]

タンパク質が中々食事から摂取しきれない場合はプロテインがオススメ。

筋トレユーザー向けという印象がありますが、実は体脂肪を落としたいときはプロテインは超おすすめ。

タンパク質は満腹感が得やすいことから、食欲抑制に役立つ上に筋肉を作り上げるには重要なエネルギー源となります。

上記製品はコスパの面から選択しました。おそらく最安値です。

3.まとめ

3.まとめ

以上、体脂肪を簡単に落とす方法の解説と、それに役立つアイテムの紹介でした。

ダイエットのテクニックとしては90分テクニックがおすすめですが、基本はプチ断食で体脂肪を少しずつ減らしながら、余裕が出れば週2回程度の運動が効率的になります。

それに加えてサプリ、プロテインなどで継続し、皮下脂肪や内臓脂肪までごっそりと体脂肪を落とし、理想の体型を目指してみて下さい!

【ヤバい】ニキビの時に食べてはダメな食べ物7種類を紹介

【ヤバい】ニキビの時に食べてはダメな食べ物7種類を紹介

ニキビの時にNGな食べ物が7種類判明したので、データを紹介しながら解説していきます。

以前、以下のツイートを行いました。

https://twitter.com/link_medical/status/1212910475186360320

ニキビ中には「これは食べないほうがいいんじゃね?」っていう食べ物がもちろん存在します🥰

✅ニキビ時にNGな食べ物
・乳製品
・お菓子類
・ホエイプロテイン

ダイエット中のタンパク質補給でプロテインNGはキツイですが…このときは鶏むね肉で代用するしか無さそう😅

という感じで、ざっくりニキビ時のNG食べ物を紹介しました。これらは筆者の持論というより、ちゃんとしたデータに基づく内容なので、信頼性も高いです。

早速紹介していきます。

1.ニキビの時に食べてはダメな食べ物7種類を紹介

1.ニキビの時に食べてはダメな食べ物7種類を紹介

次の7つです。

  1. 甘味類
  2. チョコレート
  3. 焼き菓子
  4. スナック類
  5. 加糖飲料
  6. 乳製品
  7. ホエイプロテイン

という感じ。ホエイプロテインがNGラインナップに上げられたのは個人的にショック…。重要なタンパク質補給源なので、できれば飲みたいですが、ニキビのときは控えたほうが良さそうですね。

ヨーロッパ皮膚科性病科学会議で判明【実際のデータ】

ニキビ時に食べてはダメな食べ物が判明したのは、ヨーロッパ皮膚科性病科学会議のデータからです。(※関連

参加者はアメリカやヨーロッパなどの6カ国で計6,700人の男女を調査。調査内容は次の通り。

  • 食生活の内容
  • 食事データとニキビの発生率の比較

という感じで、ストレートに「どんな食事をすればニキビが酷くなるか」を調べている内容ですね。

実は過去にも「ニキビが悪化するんじゃない?」という食べ物を調査したデータはあるのですが、今回は以前のデータより信憑性が高め。(参加者が1カ国に限られてないため)

調査内容に関しても過去にありそうでなかった感じなので、非常に参考になる研究内容でした。

[st-card id=1070 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

ニキビの人が「ニキビ時にNG食べ物を食べている」割合

ということで、今回の研究で判明した「ニキビ時に食べてはダメな食べ物7種類」ですが、その割合も紹介します。

  1. 甘味類
    … 29.7%:19.1%
  2. チョコレート
    … 37%:27.8%
  3. 焼き菓子
    … 39%:28%
  4. スナック類
    … 61.8%:43.2%
  5. 加糖飲料
    … 35.6%:31%
  6. 乳製品
    … 48.2%:38.8%
  7. ホエイプロテイン
    … 11%:7.3%

上記データの「%表示」について

ニキビがある人が定期的に摂取してる割合(%):ニキビが無い人が定期的に摂取している割合(%)

という感じになっています。

上記で紹介した「ニキビの時に食べてはダメな食べ物7種類」を、ニキビが酷い人は定期的に食べる傾向にあり、逆にニキビが無い人が定期的に食べることは少ないんだと、そういう結果ですね。
もっとざっくり説明するなら「ニキビの人はお菓子や乳製品を食べまくる傾向にある」という感じ。
ニキビのときは、ぜひ控えるようにしましょう。もちろん無理しない程度にですが…。

高糖質な食べ物が、ニキビと関係性がある可能性が大

上記で説明した「ニキビの時に食べてはダメな食べ物」が、ニキビに影響する理由は「高糖質だから」という理由で間違い無さそうです。

先行研究(※関連)でも、高糖質の食事はニキビとの関連性が非常に高いとの結論に至っていまして、ニキビがあるときは「お菓子」や「乳製品」を控えるようにと呼びかけています。
高糖質な食べ物の摂取量が多いほど、ホルモンバランスが変動してしまい、体内に炎症が起きてしまうことが原因だそう。ニキビは体内の炎症が主な原因ですので、理にかなってしますね。
ということで、結論としては「ニキビの時に食べてはダメな食べ物は『お菓子類』と『乳製品』」で、「高糖質な食べ物はホルモンバランスが変動し、体内炎症が起きてニキビができる」という事になります。

ニキビでお悩みの方は、ぜひ控えるように心がけましょう。

2.ニキビの発生と関連性があったもの3つ【食べ物以外】

2.ニキビの発生と関連性があったもの3つ【食べ物以外】

先程紹介したデータでは、食べ物以外でニキビの発生と関連性があったものが3つ判明しています。

次の通り。

  • ストレス
  • 大気汚染
  • アナボリックステロイド

上記3つです。まあ当然のラインナップですね。

という感じに、ニキビの原因は食べ物であることが多いですが、外的なダメージもニキビが発生する要因になるのだと、様々なことから注意する必要がありそうです。

[st-card id=1218 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

アナボリックステロイドの説明

アナボリックステロイドとは?

  • 蛋白同化作用を持つステロイドホルモンの総称のこと。筋肉増強剤として使われることが多い(ドーピング)
  • 肝障害や高血圧症、心筋梗塞などの副作用もある

という感じでして、一般人なら摂取することはまず無いものですが、アスリートやボディビルダー達がこっそり使うケースがあるものですね。

3.まとめ|筆者の経験談など

3.まとめ|筆者の経験談など

以上で、ニキビの時に食べてはダメな食べ物7つの紹介、またニキビの発生に関連がある内容などの解説を終えます。

今までも「チョコレートやスナック類のお菓子、乳製品はニキビがひどくなりやすいんじゃない?」と言われていましたが、これらが科学的に証明された形となりました。

どうしても食べたいと思う方もいると思いますが、本気で治したいと考えるなら是非控えましょう。

根本からニキビを治すには?

次のような方法を行いましょう。

  • 外的ケア
    …ニキビに効果的なクリーム(スキンケア)を行う
  • 内部ケア
    …主に腸内環境を整えるように心がける

という感じ。これらは以前にも記事としてまとめていますので、以下の記事を参照していただくようお願いします。

[st-card id=2294 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card id=711 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card id=2622 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

筆者の体験談

筆者も、大人になってからニキビが発生することが、一時的でしたが、とても多かったです。

今は落ち着いていてニキビが発生することは無いんですが、今振り返ってみると、この時って凄く「ケーキ」とか「ポテトチップス」、「チョコ」や「ソーセージ」とかの乳製品やお菓子類、また、加工肉をめちゃくちゃ食べていた時期でして、体重も増えがちだったんですよね。

で、ダイエットを決意して加工肉を控えてお菓子を断絶、乳製品もヨーグルト以外は食べないようにしていたのですが、体重に影響が出る前にニキビが治ってしまったわけです。

こんな経験がありますので、やはり乳製品を控えること、お菓子類を食べないことはニキビを治す重要なポイントになるのかなと考えている次第です。
繰り返しになりますが、ニキビに悩むなら「お菓子類」「乳製品」は是非控えましょう!

【お知らせ】1月1日~1月2日までの更新をお休みします

【お知らせ】1月1日~1月2日までの更新をお休みします

Medical IT Link編集部、管理人でございます。

今年も後わずかになりました。時の流れは非常に早く、気がつけば年越しを迎えようとしています。

年越しくらいは休ませろ!というライターや私の願いもありまして、明日1月1日~1月2日の2日間の更新をお休みいたします。

他にも、当サイトは管理人と5人のライターで運営をしておりますが、なんと私を含めた全員が体調不良で記事更新が困難というとんでもない状況にありまして、12月は長い間お休みしておりました。

3人が風邪、2人がインフルエンザ、そして残りの1人が肺炎という、まさに地獄のような環境でありました…。

療養を含めて、今回は無理をしないという選択をとり、2日間程度ではありますが、お休みをさせていただきます。

それでは良いお年を!

管理人より。

ダイエットに意志力は必要なのか?という話【正直、そこまで重要じゃない】

ダイエットに意志力は必要なのか?という話【正直、そこまで重要じゃない】

ダイエットに意志力は必要なのでしょうか。正直なところ、そこまで重要な要素では無いかなと思います。

以前、以下のようなツイートを行いました。

https://twitter.com/link_medical/status/1211812488821428224

ダイエットすることに「意志力」ってそこまで重要なのかなぁと日々思っている次第です。

意志力は簡単に途切れるので、最初だけ意志力を働かせて、「ダイエット中はこれを行う!」ということを決めて実行し、それを習慣化してしまうほうが楽だと思ってます
😅

一度習慣化したら、意志力は不要です。

引用:Medical IT Link@白崎 璃緒

今回は、ダイエットにおける「意志力」をテーマに解説します。

1.ダイエットに意志力は必要なのか

1.ダイエットに意志力は必要なのか

結論を言うと、「最初だけ必要」です。

意志力よりも、習慣化するほうが楽

ダイエットは長期継続が基本で、1ヶ月や2ヶ月程度の短期ダイエットは難しいしリバウンドしやすいので愚策です。

長く続けて少しずつ理想の体型を目指すわけなので、意志力で続けようとするならば、数年単位で意志力を持続させる必要があります。正直、無理な話ですね。
そこまでの意志力があり持続できるなら、元から太ってません。
ではどうするのか?というと、「ダイエット中はこれを行う!」ということをいくつか決めて、それを習慣化してしまう方が楽です。

それは「歯磨き」とか「お風呂に入る」といった行動と同じで、「やらないと落ち着かない」という状況を作り上げることを指します。ダイエットする項目で、やらないと落ち着かない状況を作れば、もはや勝ったも同然です。

習慣化するために、最初だけ「意志力」を使う

どうすれば習慣化できるのかと言うと、「決めたことを60日間続ける」ことが重要となります。

人間、毎日行うことはすぐ慣れる生き物なので、60日間くらい集中して同じことに取り組めば、すぐに習慣化できます。といっても、同じことを60日間続けるのは少々大変ですね。

ということで、習慣化を行うために意志力を使います。

ダイエットで言うならば↓

  • 毎日、通常の15%カロリーカットをした食事をする
  • 甘いものは極力食べない
  • タンパク質が豊富な食事を続ける
  • 脂が多いものは食べない
  • 野菜中心の生活を心がける

という感じ。上記は一例ですが、続けるにはある程度の意志力が必要ですね。ですので、ダイエットでの意志力は「最初だけ使う」ことが重要で、一度習慣化すれば不要ということです。

補足:意志力を使う場所を避けることも重要

この人は「意志力が強い!」という人が身の回りにいるとわかりますが、そういう人は大体「意志力を使う場所を避けていること」が多いです。

具体的に言うと、誘惑にさらされる可能性を消しているので、未来を確定させている感じ。

例えば、ダイエット中はケーキを食べないようにするならば、外出したときにケーキ屋の横を通らないようにしたり、視界に入れないようなことです。

常に自分の未来を、今の自分自身のみになって考えられることで、現在の”決定”が未来に及ぼす影響を実感できるようになってきます。これが「意志力を使う場所を避ける」ということですね。
意志力が強い=未来が近い というイメージ。
他にも、意志力が強い人には次のような特徴があります。

  • 意志力を使う場所を避ける
    …誘惑にさらされる可能性を削除する、未来が確定できる
  • 抽象的で客観的な思考が得意
    …今と未来の状況を、一歩引いた視点から確認できる
  • 共感力が高い
    …未来の自分の気持ちになって考えられる

上記は筆者の考えというより、様々な大学の実験で唱えている説でして、代表的なのは2009年にスタンフォード大学が行った実験になります。(※関連

この実験の結果も「今と未来が近い人ほど、目先の欲求を我慢できる!」となっていますので、意志力が強い=未来が近いというのはほぼ事実です。

ということでまとめると、「ダイエット時の意志力は最初だけ使う!」「習慣化させることが重要」「意志力はできるだけ避けるようにする」という感じになります。

2.「ダイエットが続かない」←打ち破る2つの方法

2.「ダイエットが続かない」←打ち破る2つの方法

たとえ意志力に自身があっても、「太るとわかっていても食べてしまった!」ということがあるかと思います。こういうことが、ダイエットの失敗に繋がります。

ということで、「ダイエットが続かない」を打ち破る方法2つを紹介します。

ざっくり結論を言うと、次の通り。

  • 理想的なゴールを目指すのではなく、厳しい現実を理解する
  • 自分に甘くする

方法①:理想的なゴールを目指さず、厳しい現実を理解する

ダイエット時に思い描く「理想像」を目指さずに、長期継続のダイエットの重要性と大変さを理解したほうが、ダイエットは続きやすいです。

こちらに関しても実際のデータがありますので紹介します。


2018年にドレクセル大学で行われた実験になります。(※関連

肥満体型の262人の男女を対象に、3パターンのダイエットプログラムを実践してもらった内容で、実験期間は3年となっています。ダイエットプログラムは次の通り。

  • 環境改善プログラム(HFE)
    …家にある食品を、より健康的なものに切り替えていく、定期的に「参加者の意志力を批判」する
  • 行動療法
    …定期的に体重を計測したり、ダイエッターグループを作成し、励まし合う、明確なゴールを決めるなど、日々の行動を細かく変えるようにする
  • 行動療法+置き換えダイエット
    …上記の「行動療法」に加えて、朝食や昼食などいずれかを「プロテインバー」や「ダイエットドリンク」で置き換える

という感じですね。この実験の特徴は「環境改善プログラム」で参加者の意志力を定期的にディスっていることでして、これは参加者のセルフコントロールをアップさせるテクニックとして使われています。

現実的なジレンマの感覚を思い起こさせるような感じですね。理想的なゴールを追うのではなく、厳しい現実を強調させたわけです。

ということで、この実験では「環境改善プログラムを受けたグループが、最も体重が減少していた」という結論に至っています。

このことでわかったことは次の通り。

  • 安易に励ますより、身が引き締まるような現実を知るほうがいい
  • 自分のセルフコントロールに疑問を持つ
  • 自分の家が「太りやすい環境」ではないかを確かめる

こうすることで、ダイエットが続きやすくなり、ダイエットの意志力もアップするんだと。個人的にも、環境の改善は大きく役立ちそうだなという印象を持ちました。

方法②:自分に甘くする

自分に甘くする=セルフコントロールが高い ということが判明しています。

ダイエットをするということは、「健康的な食生活を続ける」ことに繋がりますが、健康的な食生活って長続きしないことが多いですよね。

これはセルフコントロール能力が低いからと言われていまして、科学の世界でも度々疑問の対象となっていました。


実際のデータがありまして、これはベイラー大学の実験。540人の男女を対象にして「健康的なダイエットプランを立ててもらう」指示を出したという内容になります。

このときに、次の2パターンに分けています。

  • Aグループ:食べるべき健康的な食品のリストアップ
  • Bグループ:食べるのをやめるべき不健康食品のリストアップ

という感じ。このうえで全員のセルフコントロールを調査したのだとか。セルフコントロールが高いとダイエット成功率は高まりますが、具体的に「どんな行動の差があるのか?」と確かめた形ですね。

結果は、次の通り。

  • Aグループ
    …セルフコントロールが高い人は、いくら健康的な食品でも、好みに合わない場合は一切食べてなかった
    …セルフコントロールが低い人は、自分の好みに合わなくても健康的食品であれば、何でも食べようとした
  • Bグループ
    …セルフコントロールが高い人は、不健康でも自分な好きな食品はしっかり食べていた
    …セルフコントロールが低い人は、どんなに好きな食品でも、不健康なら食べなかった

という感じで、この結果でわかったのは「セルフコントロールが高い人ほど、自分に甘い傾向にある」ということ。無意識のうちに楽な道を選ぶことが多いことがわかったわけですね。

セルフコントロールが高い人ほど、意志力が強いわけでなく、ちゃんとゴールに到達できるように自然と目標を設定している…というわけでして、セルフコントロールに関しても意志力は重要では無いことがわかります。

逆に言えば、セルフコントロール能力が低い人ほど、「自分が一番好きな食品を避ける」作戦を選ぶ傾向にあるようです。

ということで、例えばポテトチップスが死ぬほど好きなら、我慢せず食べたいときに食べて、ダイエットを続けたほうが減量の成功率は上がるってことですね。

まあポテトチップスは最も太りやすい食べ物として認定されていますので、食べ過ぎはNGですが…。
無意識のうちにダイエットが長く続く方向へ自分を誘導しているということで、皆様も「自分に甘く」してみると、ダイエットが続きやすくなるかもしれませんね。

3.科学的に証明された意志力を上げる7つの方法を紹介

3.科学的に証明された意志力を上げる7つの方法を紹介

意志力についてのテーマですので、ここでは科学的に証明された意志力を上げる7つの方法を紹介します。

ざっくり解説すると次の通り。

  1. 10分の瞑想
  2. 姿勢を改善する
  3. 家計簿や食事日記をつける
  4. エクササイズを行う
  5. ハンドグリップを握る
  6. 片鼻呼吸をする
  7. 利き手ではない方の手を使ってみる

という感じ。

方法①:10分の瞑想

1日10分の瞑想を3日ほど続けるだけでも、集中力がアップして作業の先延ばしが無くなります。

筆者の個人的な感想としても、瞑想はとても重要だと感じています。1つの作業に没頭できるというより、少し集中力が乱れたときに咄嗟に「気がそれている」と感じることができて、すぐに元の作業に戻れる、という感じですね。

感じ方に個人差はあると思いますが、瞑想は凄く重要です。

方法②:姿勢を改善する

特にデスクワーカーの人たちは、自分の姿勢が悪いと気がついたときに改善するように心がけてみましょう。

「背中が曲がってる」と気がついたら、すぐに背筋を伸ばすような感じですね。これだけでも意志力は十分アップします。

方法③:会計簿、食事日記をつける

要はセルフモニタニングを行うことで、日々の意思力アップに貢献してくれるというものです。といっても、そこまで意志力が上がる内容では無いです。

というより、家計簿や食事日記のメリットは凄いので、意志力関係なしに広くおすすめしたいと思っていますので、今回、意志力をアップさせる方法としてラインナップに入れています。

方法④:エクササイズを行う

週1回でも良いのでエクササイズを行いましょう。できればストレス発散も兼ねて「自然の中」で行うほうが有効。グリーンエクササイズというやつですね。

行う内容は本当に何でもいいです。筋トレでも軽いストレッチでもOK。とにかく自分が決定したスケジュールを守って続けていくことが大切です。

方法⑤:ハンドグリップを握る

ちょっとした空き時間に握力トレーニングができるハンドグリップを使う方法で、これだけで意志力がアップするということが、科学的にも証明されています。(※関連

手の力が無くなるまでハンドグリップを握り続けるだけで、意志力が良くなるらしい…。データでは良い結果ですが、実際にはどうなんだろうと少し疑問には思ってます。

方法⑥:片鼻呼吸をする

片鼻呼吸法はヨガで使われるテクニックでして、心拍変動を抑えて意志力がアップする効能が認められています。

ただ、これを1日10分続けるだけでも結構大変。暇ができたときにやってみると良いかもしれないです。

方法⑦:利き手ではない方の手を使う

本当にこれだけで意志力がアップするのか?と疑問に思う方も多いと思いますが、ちゃんとした実験でも証明されていました。(※関連

人間の脳は不慣れなことに挑むほど意志力がアップする傾向にあるらしく、結構有効なんだとか。

利き手ではない手で文字を書いてみたり、箸を使うだけでも効果があるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

4.まとめ

4.まとめ

以上、意志力をテーマに解説してきました。

ダイエット時の意志力は「最初だけ」必要ということ、意志力を使う場面を極力避けることも重要であることも理解していただけたかと思います。
繰り返しになりますが、ダイエットは長期継続が基本。
ぜひ、ダイエット継続のコツや意志力をアップさせるテクニックなどを利用して、ダイエットを楽に長く継続されてみて下さいな。

【解説】乳酸菌のダイエット効果が凄い!【女性は摂るべき】

【解説】乳酸菌のダイエット効果が凄い!【女性は摂るべき】

ダイエットや健康、美容にも期待できるという「乳酸菌」。

腸内細菌のバランスを整えることで、様々なメリットがあるわけですが、近ごろのデータでは、「乳酸菌はダイエット効果が凄いぞ!」とのことです。

ということで、今回は「乳酸菌のダイエット効果」というテーマで解説します。

1.乳酸菌のダイエット効果が凄い

1.乳酸菌のダイエット効果が凄い

ダイエット効果が凄いといっても、「食べれば食べるほど痩せる!」というわけではなく、ダイエットスピードがアップする!という話になります。

24週間、乳酸菌サプリを飲んだら減量スピードが2倍に

実際のデータがありますので紹介します。


ケンブリッジ大学による論文で、肥満男女125人を対象に「24週間の間、乳酸菌サプリを1日2カプセル飲ませた」という内容になります。(※関連

具体的な内容はリンク先を参照していただくとして、結果は次のとおりになりました。

  • 乳酸菌を飲んだ男性、飲まなかった男性では体重の変化がなかった
  • 乳酸菌を飲んだ女性は体重が4.4kg減った
  • 乳酸菌を飲まなかった女性は体重が2.6kg減った

という感じで、男性は乳酸菌を飲んでも変化がなかったけど、女性が乳酸菌を飲んだら減量スピードが2倍になったよ!という結果になったわけです。


女性だけ効果があり、男性には効果が得られなかった理由に関しては、今も不明とのことでして、「服用量が少ない」ことや「実験期間が短すぎた?」などの原因があげられていますが、正確には判明していません。

タンパク質摂取に関しても、男性は筋肉を増やす作用があるのに対し、女性の場合はタンパク質を多くとっても筋肉を増やす作用は無いという結果になっていたこともありますので、男女で差があるのは仕方がないことなのかなと…。それにしても不思議な結果内容となりましたね。


先程の実験後も乳酸菌のダイエット効果は続いたみたいでして、次のようなことも判明しています。

  • 乳酸菌を飲んだ女性は、最終的に5.2kgの減量に成功した
  • 乳酸菌を飲まなかった女性は体重の変化がなかった

という感じ。

一度、腸内環境が改善されることでサプリを飲むのをやめても、良い効果は持続することが判明したわけですね。

乳酸菌でダイエット効果がブーストされた理由

結論を言うと、「体内の炎症が減るから」ではないかと言われています。あくまで仮説の段階ですので、確定的なことではありませんが…。

また、研究者たちは「リーキーガットが改善する作用がある」と話していまして、リーキーガットが治ることで体内の炎症が鎮まり、腸内環境が改善されるため、腸内で「酪酸(らくさん)」が生成されやすくなり食欲が収まるのでは無いかと言っておりました。

腸内細菌と食欲の関係性は過去のデータでも沢山説明されていることですが、腸内環境が良くなると食欲が収まってダイエットに効果的という話に繋がります。
乳酸菌でダイエット効果がブーストされるのは不思議なことでは無さそうですね…。
[st-card id=2415 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

今回の実験で使用された乳酸菌について

今回の実験では、「ラクトバチルス・ラムノサス」という乳酸菌を使用しています。かなり定番中の定番と言える乳酸菌ですね。

サプリではナウフーズのプロバイオティクス10というサプリに、この乳酸菌が使用されています。

[amazonjs asin=”B002S1U7RU” locale=”JP” title=”海外直送品 ナウフーズ 肘 Probiotic-10 25 Billion 50 Vcaps”]

ヨーグルトを食べるより豊富な乳酸菌が摂れますし、値段も安いので是非試してみてくださいな。

2.乳酸菌の効果が得られない人の特徴と対策

2.乳酸菌の効果が得られない人の特徴と対策

乳酸菌のダイエット効果は凄いことがわかりまして、特に女性の方には大いに効果が期待できそうな予感がします。

ただ、乳酸菌の効果が得られない人もいまして、これには特徴があります。

元々、腸内環境が良い人が飲んでも効果が無い

いくら腸内細菌が大事とはいえ、もとから腸内環境が良い人が乳酸菌サプリなどのプロバイオティクスを摂取したところで、あまり意味が無いんですよね。

これに関しても、実際のデータがあります。


コペンハーゲン大学の調査、過去7件のプロバイオティクス研究データを精査した統計的レビューとなっています。(※関連

データでは19歳~88歳の男女が参加しており、どのデータでも「市販の乳酸菌飲料」や「ヨーグルト」、「プロバイオティクスのサプリ」など、これらを20日~42日間ずっと服用していて、その上で参加者の便を分析し、腸内フローラの変化を調査したという内容となります。

プロバイオティクスとは

…腸内細菌そのもの。乳酸菌や酪酸菌などがこれに該当する。

その結果、以下のことが判明しました。

  • 健康体の人がプロバイオティクスを摂取しても、何も変化がなかった
  • プロバイオティクスで腸内フローラが変化したデータは、たったの1件だった
  • 腸内環境が良い人は、プレバイオティクスの方が良い

という感じになりました。
元々から腸内環境が良い人が乳酸菌などのプロバイオティクスを飲んだところで、何も変わらないんだと。すでに健康体の人は、プロバイオティクスよりプレバイオティクスの方が良いんだということが判明したわけですね。
プレバイオティクスとは

…腸内細菌のエサのこと。イヌリンやオリゴ糖、レジスタントスターチなどが該当する。

乳酸菌のダイエット効果を得るには、元から腸内環境が悪い人でなければならないと…。なんとも限られた人にしか該当しない話になりましたね。

体に異常がある場合は、乳酸菌が有効

腸内環境が良いから乳酸菌がムダかと言われると、そうでは無く、体に何らかの異常がある場合でも乳酸菌は非常に有効です。

例えば次のような統計的レビューがあります。

  • 2014年:高血圧の成人のデータを精査、プロバイオティクスには血圧を下げる効果が確認された(※関連
  • 2015年:肥満成人のデータを精査、プロバイオティクスには減量効果があることが判明(※関連
  • 2016年:糖尿病の成人のデータを精査、プロバイオティクスには糖代謝を改善する効果が確認された(※関連

というように、体に何らかの異常があるなら、乳酸菌などのプロバイオティクスは非常に効果的だ!ということもわかっているので、腸内環境が良くても肥満の人が飲んだり、糖尿病予備軍の人が乳酸菌を摂取したら、非常に効果が期待できそうな感じですね。

結論:闇雲に乳酸菌を摂らず、自己分析を行おう

ということで、乳酸菌の効果について簡単にまとめて見ましょう。

  • 免疫系、炎症系の異常がある場合、乳酸菌などのプロバイオティクス(腸内細菌そのもの)は非常に有効
  • 腸内環境が悪い場合、乳酸菌などのプロバイオティクスは有効
  • 腸内環境が良い場合、乳酸菌よりプレバイオティクス(腸内細菌のエサ)が有効
  • 乳酸菌を摂りつつプレバイオティクスを摂取する方法が基本

以上を踏まえた上で、オススメの乳酸菌サプリなどを紹介していきますね。

3.おすすめの乳酸菌サプリなどの紹介

3.おすすめの乳酸菌サプリなどの紹介

乳酸菌サプリの他、「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の紹介となります。

国産で大手メーカーが開発した乳酸菌サプリ

久光製薬の乳酸菌EC-12

久光製薬の乳酸菌(EC-12)チュアブルタイプ

[st-mybutton url=”https://medical-it-link.jp/ec-12-link” title=”詳しくはコチラ” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”90″ fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on”]

総合評価
費用
効果
口コミ・評判

こちらは大手メーカー「久光製薬」が開発、販売している乳酸菌サプリです。

1日分で1兆個の乳酸菌を摂取できる上に、チュアブルタイプなのでラムネ感覚で食べられるのが特徴。

[st-card id=2622 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

実験データでも有効性が認められたサプリ

[amazonjs asin=”B002S1U7RU” locale=”JP” title=”海外直送品 ナウフーズ 肘 Probiotic-10 25 Billion 50 Vcaps”]

先程も紹介しましたが、ナウフーズのProbaiotic-10は1カプセルに250億のプロバイオティクスが含有しています。乳酸菌も使われていますので、腸内環境を改善し、ダイエット効果をブーストさせるにはピッタリでしょう。

豊富なプロバイオティクスと胃に優しいカプセル構造の1つ

[amazonjs asin=”B07P7ZNHW5″ locale=”JP” title=”California Gold Nutrition LactoBif プロバイオティクス 300億個 植物性カプセル60錠 【アメリカ直送】”]

こちらはアメリカ産のプロバイオティクスとなります。豊富な乳酸菌も使われていて、植物性カプセルのために腸内まで菌が届けられやすいことが特徴。

おすすめのプレバイオティクス

[amazonjs asin=”B005P00R80″ locale=”JP” title=”トクホ日本オリゴの フラクトオリゴ糖 2480g”]

[amazonjs asin=”B0047TFSJ8″ locale=”JP” title=”イヌリン(水溶性食物繊維)400g ヘルシーカンパニー”]

[amazonjs asin=”B078JZTDSS” locale=”JP” title=”LOHAStyle レジスタントスターチ 天然型 不溶性食物繊維 (300g) 難消化性 食品グレード 非遺伝子組み換え”]

[amazonjs asin=”B01GTO91WI” locale=”JP” title=”Let’s Do Organic グリーンバナナ小麦粉、14オンス”]

上記4つがおすすめのプレバイオティクスです。

主に食物繊維になりますが、オリゴ糖なども腸内細菌のエサ(プレバイオティクス)となりますので、腸内環境が良い人ほど摂るべきものとなります。

4.まとめ

4.まとめ

以上、乳酸菌のダイエット効果などを解説しました。

男性への効果はそこまで期待できないものの、女性の方であれば乳酸菌のダイエット効果は大いに期待できます。

腸内環境が悪い人や体に何らかの異常がある人は乳酸菌を摂取、腸内環境が良い人や健康体の人ならプレバイオティクスを摂るようにしましょう。
食欲が抑制されて、ダイエット効果が期待できます。
是非、乳酸菌のちからに頼ってダイエットを行ってみてくださいな。