美しさを追求する全ての人へ|総合情報メディア

Medical IT Link

ナイトブラ

ナイトブラ ボディケア

ナイトブラを付けないのは、女性を捨てていることと同じ

2019年3月3日

ナイトブラといえば、夜につけるブラジャーのことですが、皆様は夜寝る時にナイトブラを付けているでしょうか?

この記事ではナイトブラの重要性について解説していきます。

この記事の内容

  • ナイトブラを付けていないと、バストが死んでいく話
  • バストを綺麗に保つには、ブラジャー選びが大切

ナイトブラ自体の歴史が浅いので、詳しく記載している記事が非常に少ないです。

ですので、下着メーカーに10年勤務した私がナイトブラについて解説し、実体験を交えながら、適切なナイトブラの選び方をご紹介します。

ナイトブラを付けていないと、バストが死んでいく話

ブラジャー結論を言いますと、ナイトブラを付けていないとバストは死んでいきます。

バスト下垂になり、どこかの民族のようなバストに…。

何故ナイトブラを付けないとバストが死んでいくのか、具体的に解説していきます。

重力でクーパー靭帯が伸びてしまう

バストを支えているクーパー靭帯が、重力で伸びてしまい、結果バスト下垂となります。

クーパー靭帯(くーぱーじんたい)とは、バストの構造の全体性を維持するための結合組織のことです。胸を支える軸だと考えてください。

クーパー靭帯が伸びてしまうと、バストを支えている力が無くなってしまい、バストがどんどん下垂してしまうんです。

バストの垂れとクーパー靭帯の関係については、Wikipediaにも掲載されています。信憑性のある情報です。

多くの女性は、また、ブラジャーを付けることで後の人生での胸のたるみを防ぐことができ、胸は解剖学的に自分自身を支えることはできないと信じている

引用:Wikipedia

バストの脂肪が背中や脇に流れる可能性あり

バストが重力に負けて広がり、脇や背中の方へ脂肪が流れることもあります。

バストが小さくなるだけでなく、背中が太ってしまう原因になります。

背中は太ると部分痩せが最も難しい場所なので、できるだけ避けたいですよね。

バストを綺麗に保つには、ブラジャー選びが大切

ブラジャーいつまでもハリのある魅力的なバストを維持するなら、適切なブラジャー選びは大切です。

日中着けるブラもそうですが、ナイトブラも自分の体にあったものを選ばなくては駄目です。

サイズは適切なものを選ぶ

ブラを着けた感じではなく、しっかりサイズを数値で調べてから、それに適したサイズのブラを着けましょう。

トップバスト、アンダーバストの2箇所を計測し、トップバストからアンダーバストを引いた数値が、カップサイズになります。

ブラのサイズ表

約5cm AAAカップ 約20cm Eカップ
約7.5cm AAカップ 約22.5cm Fカップ
約10cm Aカップ 約25cm Gカップ
約12.5cm Bカップ 約27.5cm Hカップ
約15cm Cカップ 約30cm Iカップ
約17.5cm Dカップ

例:

トップバスト:90
アンダーバスト:70

90 ー 70 = 20

この場合は差が20cmなのでEカップになります。

ブラの素材は好みでOK

いろんな素材のブラがありますが、素材は好みで問題ありません。

肌が弱い人もいれば、強い人もいるので、どの素材がおすすめというのもここではお話できません。

実際に着用してみて、自分の肌にあった素材が一番良いです。

ナイトブラなら、フリーサイズで大丈夫

ナイトブラはフリーサイズのものでも問題ありません。

伸縮性が高い素材が使用されていることが多く、Sサイズ、Mサイズといったアバウトな設計をしています。

商品によってはフリーサイズのナイトブラもあり、どんなバストの形をしていても着用が簡単にできます。

大切なのは、実際に店舗で試着して確かめること

確かめるのはサイズと生地です。

そのサイズで適切なのか、また生地が肌にあっているかどうかを調べましょう。

一度確かめれば、後は店舗で購入する必要もなくなり、通販での購入もできます。

質の良いナイトブラを購入するなら通販がおすすめなので、まずはサイズと生地を選ぶことが大切です。

ということで今回は以上です。

ナイトブラを着けないで過ごす方は、かなり少ない印象を受けます。

着けないのは、女を捨てていることと同じ!非常に大切なことなので、是非ナイトブラの購入を検討してみてください。

-ナイトブラ, ボディケア
-,

Copyright© Medical IT Link , 2019 All Rights Reserved.