「腸内細菌」と「食欲」の関係を解説【ダイエッターは必須】

「腸内細菌」と「食欲」の関係を解説【ダイエッターは必須】

腸内細菌のバランスが悪いと、食欲が増すというのは科学的なデータがあります。

以前、以下のようなツイートをしました。

ということで、上記を深堀りします。

「食欲が減らなくて困っている」「痩せたいのに食べたい欲求が収まらない!」といった悩みをお持ちの方に、解説していきます。

1.「腸内細菌」と「食欲」の関係を解説

1.「腸内細菌」と「食欲」の関係を解説

冒頭でもお伝えしましたが、腸内細菌のバランスが悪化していると、食欲が増えるというのは科学的にも証明されています。

腸内細菌によって食欲はコントロールされている

こちらは科学的根拠がありまして、腸内細菌が減ると食欲が増すという研究がいくつもデータや論文として残されています。


箇条書きにて紹介します。

  • 2014年:食べすぎるのは意志の弱さではなく、腸内細菌が人間の食欲をコントロールしている(※関連
  • 2007年:毎日チョコを食べる人は、チョコの誘惑に強い人とは異なる腸内細菌を持っている(※関連
  • 2013年:腸内細菌のバランスが悪い患者は、大半が「食べ過ぎ」「不健康な食事」をやめられずに悩みを抱えていた(※関連

代表的なデータが上記3つ。


どうやら腸内細菌が脳に命令を出している部分があるとのことで、砂糖や脂肪を食べさせたくなるように働きかける仕組みをしているらしいです。

腸内フローラが悪化している人ほど暴飲暴食をしやすい、甘いものへの欲求に弱いと言えることが現状の科学では判明していますので、腸内細菌のバランスを整えるだけで食欲を調節し、ダイエットできたという人は結構いるんですよね。

ということで、腸内細菌によって食欲がコントロールされているので、ダイエットするなら腸内フローラを改善するのは必然的に必要になることがわかります。

腸内細菌がチョコへの欲求を増やす

先程紹介したデータの2つ目で、「毎日チョコを食べる人は、チョコの誘惑に強い人とは異なる腸内細菌を持っている」と紹介しましたが、実はこれだけでなく様々なデータで支持されている内容です。


箇条書きにて紹介します。

  • 2013年:普段の食事によって腸内細菌は簡単に変化する。迷走神経を通じて脳にアプローチし、食欲を大きく変化させる(※関連
  • 腸内細菌のバランスが悪い患者を調査、ほとんどの人が食べすぎ、不健康な食事を止められずに悩みを抱えていた(※関連

といった感じ。

腸内細菌はすぐに変化するということ、食べるもので変化して食欲にも影響していることが、これで判明しました。

2.腸内細菌は美容にも影響するという話

2.腸内細菌は美容にも影響するという話

よく言われるのが「ニキビが増える」とか「皮脂量が増える」といった症状ですね。

皮膚の炎症が起きやすい人は腸内環境も悪化しがち

皮膚の炎症が起きやすい人は腸内フローラが悪化傾向にあることがわかっていまして、こちらもデータが存在していて多数の「腸内環境と皮膚の関係」が判明しています。(※関連


以下の3つです。

  • リーキーガット(腸漏れ)が悪化するほどニキビも悪化する
  • ロシアではニキビ患者の54%が腸内フローラ異常を抱えていた
  • 西洋スタイルの食事は腸内の善玉菌が減りやすい(食物繊維が少ないため)

と言った感じ。

ほとんどニキビに関しての話題ですが、大人ニキビは体の老化サインとも言われるほど体の健康状態を表す指標なので、大人になってからのニキビがヤバいのは科学的にも認められています。

体内炎症がニキビとなって出るため、腸内フローラを改善することでニキビ防止や老化防止にも繋がるわけですね。

皮膚の炎症が起きやすくて様々なコスメを試してきた女性も多いと思いますが、いくらコスメを変えても改善しなかったという人は、腸内環境を見直してみてはいかがでしょうか。

ニキビの原因はコーヒー説←嘘です

調べると「ニキビはコーヒーが原因である!」と唱えるサイトが多くあったりしますが、実は科学的根拠が無いのがオチです。

このあたりは別の記事にまとめてありますので、以下をチェックしてみて下さい。

[st-card id=2406 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

3.腸内細菌のバランスを整える6つの方法【食欲を抑える】

3.腸内細菌のバランスを整える6つの方法【食欲を抑える】

ざっくり紹介すると以下の6つです。

  1. 食事内容を変える
  2. 室内の換気
  3. 自然の中で過ごす時間を作る
  4. 適度な運動
  5. ストレス対策
  6. プロバイオティクスを飲む

という感じです。

食事内容を変えることを最優先

腸内細菌が食欲に関係していますので、食生活にメスを入れるのが基本です。

具体的には以下のことを試してみて下さい。

  • カロリーの質が良い炭水化物を摂取
  • 食物繊維を豊富に摂る(1日30gほど)
  • 発酵食品を食べる(納豆やチーズ)

といった感じ。


いちばん重要なのは食物繊維の量でして、今の日本人は狩猟採集民族にも到達しないレベルの摂取量の低さでして、食物繊維が足りている人が少ないのが現状。

葉物野菜や質が良い炭水化物、場合によってはサプリによる摂取も考慮して、1日30gの食物繊維はキープしておきたいところです。

サプリに関しては「イヌリン」がオススメ。粉末なのでコーヒーとかに溶かして飲むと良いと思います。

[amazonjs asin=”B00NEBU4CG” locale=”JP” title=”イヌリン 1700g 水溶性食物繊維 新製法高品質1.7kg キクイモやチコリに多く含まれています 02 いぬりん 1.7kg NICHIGA(ニチガ)”]

自然の中で過ごすことも重要

腸内フローラの改善は「自然を有効活用する」ことも重要で、定期的に自然の中で過ごすようにしたいですね。

なにせ自然の大気には超大量の微生物が含まれていまして、空気中で代謝と増殖を行っていますので、肌に付いてくれると、呼吸器から体内に入って腸へ向かって、免疫システムの働きを正常にしてくれます。

同様に「室内の換気」も同じ理由で、外の空気を積極的に取り込み、微生物と触れ合うというのが良い方法になります。

部屋に観葉植物を置いても良いと思います。

プロバイオティクスも毎日飲もう

プロバイオティクスというのは「善玉菌の塊」でして、基本的にサプリで摂取しますが、善玉菌そのものが足りていない場合に最適なサプリです。

以下のようなサプリですね。

プロバイオティクス

Advanced Orthomolecular Research AOR, プロバイオティック-3、90カプセル

1日2カプセルを食間に分けて(1カプセルずつ)、または有資格医療従事者の指示に従って服用してください。抗生物質の摂取中は、少なくとも前後2〜3時間空けて本製品を服用してください。

[st-mybutton url=”https://medical-it-link.jp/probiotic-link” title=”詳しくはコチラ” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”100″ fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on”]

iHerbで比較的安く入手できますのでおすすめ。

プロバイオティクスに関しては以下の記事を参考に。

関連:【断言】肌荒れを治すには「コスメ」より「プロバイオティクス」がオススメ

4.まとめ

4.まとめ

以上、腸内細菌と食欲の関係についてと、腸内細菌のバランスを整える方法の解説となります。

現代人にとって「腸内細菌と向き合う」のは必須レベルで重要なことです。

特にダイエッターの方は「食欲」に苦しんでいる人が多いので、そのときは腸内細菌のバランスが崩壊していることを疑って、上記までで説明したことを試してみてくださいな。

SNSでもご購読できます。