美しさを追求する全ての人へ|総合情報メディア

Medical IT Link

【必読】ランニングはダイエットに効果が無い4つの理由

ダイエット(ボディケア) ボディケア

【必読】ランニングはダイエットに効果が無い4つの理由【科学的根拠もあり】

更新日:

こんにちは、白崎です。

つい先日、「ダイエットしていてランニングをしても全然痩せないけど理由はありますか?」という質問をいただきました。

その回答として、筆者は「ランニングはダイエットする視点から見ると、意味が無い」と必ず答えてますが、主に4つの理由があります。

今回は、上記を深掘りする記事となります。

白崎 璃緒
ライター:白崎 璃緒

美容アドバイザー歴6年のアラフォー女。化粧品検定1級取得、美容記事執筆、監修や美容指導など。趣味はカメラ。ダイエット指導歴2年。

ランニングはダイエットに効果が無い4つの理由

ランニングはダイエットに効果が無い4つの理由

以下の4つです。

  • 消費カロリーが異常に少ない
  • 脂肪の燃焼率が低い
  • モラルハザード
  • 食欲促進

以上の4つなんですが、ダイエットの視点から見るとランニングは最悪だったりします。

ランニングがダイエットに効果ない理由①:消費カロリーが異常に少ない

単純にカロリー計算でランニングの消費カロリーを計算すると以下の計算式になります。

体重kg × 距離km = 消費エネルギーkcal

例えば65kgの人が10km走れば、650Kcal消費される計算になります。

10km走って1kg痩せるか痩せないかくらいのカロリーしか消費されません。

あとは、実際に女性を対象にした実験もあるんですが、1kgの脂肪を減らすために必要な有酸素運動は平均で77時間という結果が出ています。

実験のデータはこちら

ということは、3kg痩せたいと考えるだけでも231時間もかかる計算になるんですよね。5kgなら385時間です。

1日1時間走っても5kg痩せるなら1年以上もかかる計算になると…。

それだったらよほどのことが無い限り、カロリー制限や筋トレをしたほうがマシってことですね。

ランニングがダイエットに効果ない理由②:脂肪の燃焼率が低い

実は、ランニングで消費されるのは脂肪より筋肉が優先されるので、走れば走るほど代謝が下がっていくことになります。

コルチゾールと呼ばれる副腎皮質(ふくじんひしつ)から分泌されるホルモンが原因なのですが、これはストレスを受けた時に分泌される「ストレスホルモン」です。

タンパク質の制御や脂肪の分解など、一見、ダイエットに効果的な感じもあるんですが、お腹に脂肪を貯め込む働きが強く、筋肉を分解する働きもあるので、ランニングでコルチゾールが分泌されると、筋肉がガンガン減って脂肪が残るという最悪な状態になります。

生命に必要なホルモンであっても、過剰分泌はNGなわけです。

ちなみにこの症状を制限するなら、十分なカロリーを摂取してランニングという方法がありますが、これはダイエット自体意味が無いって言ってるのと同じです。

ランニングがダイエットに効果ない理由③:モラルハザード

モラルハザードって例えば保険だと、保険に加入したことで安心して、注意を怠って故意に事故を起こしたりする危険などを言います。

ランニングの場合、走ったことの満足感みたいなものが出て、じゃあ焼き肉食べに行こうか!みたいなメンタルになりやすいことを指しています。

興味深い研究として、「ジムで運動しに行くと太る」という内容もあったりします。

興味ある方はこちらからどうぞ。

ランニングがダイエットに効果ない理由④:食欲促進

ランニングもとい有酸素運動をすると、その後に激しい空腹感が発生し、高いカロリーの食べ物が食べたくなるという研究もあったりします。

研究の詳細はこちら

じゃあ「走った後は食べなきゃ良いんだよね?」と思うかもしれませんが、走ること自体大変なのに、加えてカロリー制限もできるのか?って話ですよね。

そんな精神力があるなら元から太って無いと思いますし。

ランニングのリスクは高すぎるので止めたほうが良い

ダイエットに効果ないどころか、炎症のもとになったり怪我をしたりとランニングのリスクはかなり高いです。

あとは老化の原因になったりと…様々な問題も出てきますし、それなら走らないほうが良いんじゃない?という話ですね。

高強度の短時間の有酸素運動ならアンチエイジングの効果あり

ここまでランニングを否定的に話していましたが、実は短時間で心拍数を上げるような高強度な有酸素運動であれば、アンチエイジングの効果があったりします。

心拍数が上がって血行促進されるからですね。ただそれだけです。

確かにアンチエイジングの効果はあるものの、さほど強い効果ではないので、美容目的で走るのも効率が悪そうですね。

まとめ:ランニングは気分が良くなるくらいしかメリットが無い

以下、まとめです。

  • ランニングをしても痩せない
  • ランニングは脂肪より筋肉が減る
  • 食欲が増えるので意味が無い
  • モラルハザードが起きて多く食べてしまいがち
  • 高強度のランニングを短時間やるならアンチエイジング効果あり

ということで、是非ダイエットをするならランニングは避けるようにしましょう。

ハッキリ言ってダイエットの視点から見れば意味が無いので、痩せる目的で有酸素運動をせず、カロリー制限や筋トレを中心に地道に頑張っていきましょう。

以下の記事を参考にすると、効率的に痩せられるのでオススメです。

【痩せます】朝ごはんを抜くダイエットが体脂肪に効果的な3つの理由
【痩せます】朝ごはんを抜くダイエットが体脂肪に効果的な3つの理由

今回は「朝ごはんを抜くダイエット」というテーマで解説をしていきますが、結論を言うと「体脂肪の減少に効果的」であることが判 ...

続きを見る

【デブの原因】ダイエット中に危険な「太る食べ物」と「痩せる食べ物」を解説
【必読】ダイエット中に危険な「太る食べ物」と「痩せる食べ物」を解説【体脂肪を落とす方法も解説】

近年の研究では、「食べると太る食べ物」と「食べるだけで痩せる食べ物」が判明していますが、ご存知でしょうか? なぜこれを食 ...

続きを見る

-ダイエット(ボディケア), ボディケア
-

Copyright© Medical IT Link , 2019 All Rights Reserved.