美しさを追求する全ての人へ|総合情報メディア

Medical IT Link

【デブの原因】ダイエット中に危険な「太る食べ物」と「痩せる食べ物」を解説

ダイエット(ボディケア) ボディケア

【必読】ダイエット中に危険な「太る食べ物」と「痩せる食べ物」を解説【体脂肪を落とす方法も解説】

投稿日:

近年の研究では、「食べると太る食べ物」と「食べるだけで痩せる食べ物」が判明していますが、ご存知でしょうか?

なぜこれを食べると太るのか、これを食べると痩せるのかも科学的に説明されており、根拠もある内容ですので、ダイエッターの方は是非最後までお読みいただきたい内容になっています!

ダイエット中に危険な「太る食べ物」と「痩せる食べ物」を解説

ダイエット中に危険な「太る食べ物」と「痩せる食べ物」を解説

まずは太る食べ物の紹介ですが、全て科学的に研究された内容です。どのような研究かと言うと、、

シンガポール国立大学の研究で、イギリスに住む子供(7~13歳時点)のデータを4,646人調べて、体重や身長、活動量や食事などを分析し「どんな食品が子供のデブの原因になるのか」を調査した内容です。

その結果、以下が子供の肥満に影響を及ぼしていたことが判明しました。

  • ポテトチップス
  • フライドポテト
  • 加工肉
  • マーガリン、バター
  • お菓子
  • 牛乳
  • 砂糖入の清涼飲料水

最も太るのは「ポテトチップス」だという研究結果がでたわけです。まあ見る限りではいかにも太りそうなラインナップですが…。

一方で痩せる食べ物は以下の通り。

  • 食物繊維

これだけです。

ちなみに、「上の結果だと子供の内容だから大人は関係ないじゃないか!」という人もいると思いますが、実は2011年には成人のアメリカ人を対象にした実験も行われていて、結果は以下の画像のようになっています。

こちらも結果として、最も太る食べ物は「ポテトチップス」で、同様のラインナップで「フライドポテト」や「加工肉」が太るという結果になっています。

つまり先程紹介した「太る食べ物」の7つは私達の体でも同じことが言えると。

じゃあ何故、ポテトチップスやフライドポテトは太るのか?という疑問も出てきますが、これは実は「脂質」が原因では無いかという結論が最も濃厚になっています。

ということで詳しく解説していきますが、まずは「太る原因」について見ていきましょう。

結局の所、太る原因は「カロリーの過剰摂取」=「食べ過ぎ」

要はなんで太ったのかというのは、カロリーを多く取りすぎるからであって、それ以外には無いと言われています。

よく昔は「炭水化物カットダイエット」って流行りましたよね。ご飯やパンを抜くことで体重の減少を目指したダイエット方法ですが、これのせいで「ご飯は太る!」「お肉は大丈夫!」みたいな見られ方をするようになりました。

実はこれって意味が無くて、ご飯は大体300Kcalくらいなので、食べなければこの分だけカロリー制限になるので、この分だけ痩せるってだけです。

繰り返しになりますが、太る原因はカロリーの過剰摂取なので、ご飯を食べなくするとかパンを食べない…というよりは、そもそも「たくさん食べなきゃ太らないので痩せます」ということ。

あくまでも太る原因は「食べ過ぎ(カロリーの摂りすぎ)」にあると…。

ということを踏まえた上で、痩せるには以下のことが大切であると言えます。

  • 食欲を抑えること(自然に抑える)
  • 食欲促進させるものを食べない(重要)

上記2つです。

食欲を抑制するには「断食」が最も効果的であると言われていて、実際にメタ分析でも判明していることです。

断食については後ほど解説します。

そして痩せるために重要なポイントは「食欲を促進させる食べ物をできるだけ食べない」ということになります。

食欲を促進させるのは「ストレス」と「脂質」

一般的に食欲を促進させることとして「ストレス」と「脂質」の2つが大きな影響があると言われています。つまりこの2つを抑えることができれば「食欲の暴走」を抑えることに繋がるんです。

実際に、「脂分が多いものを摂るとすごく食欲が増える」という研究も行われていて、「炭水化物を摂った場合(ケーキとか)」「脂を摂った場合」でどちらが太るのかという内容なんですが、どっちも太るものの、食欲に関しては「脂を摂った場合の方が990kcalも食欲が増えた」という結果になったんです。

確かに脂っこいものってご飯と一緒に食べると食欲が増す感じってしますよね…。ラーメンとか。脂は食欲を暴走させるんですね。

ということで食欲を促進させるものとして「ストレス」「脂質」の2つある、そして食欲を抑えるには脂質の多い食べ物を摂らないようにすることが重要であると言えます。

最も太る食べ物という結果になった「ポテトチップス」は脂がヤバイ

最も太る食べ物という結果になった「ポテトチップス」は脂がヤバイ

つまり、ポテトチップスが「最も太る食べ物」と研究結果に出た理由は以下のようになります。

  • 脂がすごく付いているので食欲を暴走させる
  • 少ない割にカロリーが異常に高い
  • いくら食べても満腹感が得られにくいので、多く食べてしまう

ポテトチップスは食欲を暴走させる脂がものすごく付いています。ポテトチップスって平べったい形をしていて、表面積が非常に大きいんですよね。

そこに脂がたくさんついているので、摂る脂量が多い。100gとか食べると余裕で400Kcalを超えます。多いものだと600Kcalを超えたりするんですね。

加えて「いくら食べてもお腹に溜まりにくい」「脂で食欲が暴走」という最悪の条件がついてしまうので、最も太ると認定されてしまったということです。

ダイエットするなら、ポテトチップスだけは食わないほうが良い!これだけは事実ですので是非受け止めてほしいと思います。

フライドポテトや加工肉も同様に「脂」が多いのでOUT

ポテトチップスの次に太る食べ物と判明したものが「フライドポテト」と「加工肉(ソーセージやベーコンなど)」になっています。

この2つの理由も同様に「脂が多いから」です。

要は脂が多いものは「食欲を促進させる」「カロリーが高い」ので太ります。研究結果でもこのように出ていますので、これも事実。

この感じで行くと「天ぷら」もOUTになります。もう「脂が多い食べ物」は大体止めたほうが良いことになりますね。

砂糖が使われた飲料水やお菓子も、食欲が増える

冒頭で紹介した研究でも「砂糖が使われた清涼飲料水」は太るという結果になりました。お菓子も同様ですが、食欲が増えるから太るという結果になりました。

理由は単純で、「砂糖がエネルギーとして使われないので、脳がもっと欲するようになる」からです。

砂糖が入った飲み物とか飲むと「甘い」って感じるんですが、いくら摂取してもエネルギーとして使われません。そうすると脳が「もっと甘いものを摂らなきゃ」と思ってしまうわけです。いくら甘いと脳で感じてもエネルギーにならないからですね。

加えて甘いものは総じてカロリーが高い、そして甘いものを欲している時に食べるとついつい食べすぎてしまうので、砂糖が使われたものは飲料水やお菓子も同様に太る食べ物だという結果になったわけです。

ちなみに、「甘いもの食べると元気になるー!」「疲れが取れる-!」なんて言う女性もいますが、これも嘘だということが分かっています。

これについては以下の記事を是非読んでみてください。

【ヤバイです】疲れた時に甘いものを食べるのは、逆効果なので止めようという話
【ヤバイです】疲れた時に甘いものを食べるのは、逆効果なので止めようという話

「甘いもの食べると気分が良くなる~!」 「お菓子食べると元気になる!」 こう考える人は結構多いです。特に私達女性にとって ...

続きを見る

唯一「痩せる食べ物」と認定されたものが「食物繊維」

結論を言うと、食物繊維が最強であるということですね。

理由は以下の通り。

  • 満腹感の上昇
  • 脳に「食欲抑制」を直接働きかける(らしい)

内容を見ると、直接痩せるというよりは、満腹感が増えて食べる量が減るので、基礎代謝で脂肪が燃えてくれるようになるということです。つまり「食べるだけで痩せる食べ物」ということになります。

満腹感の上昇も痩せることに大きく影響しているんですが、一番の理由は「脳に食欲抑制を直接働きかけているから」で、効果が実験でも認められています。

といっても、まだマウス実験での段階なので確実なことは言えません。ですが上記が一番可能性があると言われていて、様々な研究で「食物繊維で痩せる」というこは事実ですので、かなり信憑性が高い内容となっています。

結論:脂を控えて食物繊維をたくさん食べる!

まとめです。

  • 最も太る食べ物は「ポテトチップス」
  • 脂の多い「フライドポテト」「加工肉」も同様に太る
  • 脂が多い食べ物は、食欲が増える&カロリーが高いので太る
  • 砂糖も同様に食欲を増やすので太る
  • 唯一、痩せる食べ物は「食物繊維」

上記の用になりました。

脂の多いものって美味しいんです、美味しいんですが…食べると太るのでダイエット中には摂らないほうが良いよね?ということが理解できたかと思います。

砂糖が使われた甘いものも駄目ですし、ダイエット中は食べたいものが食べられなくて辛くなりそうです…。

でもこれらの内容は事実なので、是非食べることを避けてダイエットを続けていきましょう!

ということでメインテーマは以上なんですが、途中で「断食」について触れたので、このことについてもう少し補足として説明をしていきます。

結論を言うと「食欲を抑制して体脂肪を減らしてくれる断食は最強のダイエット方法だ」という話になるので、興味がある方は以下から解説をするのでお読みください。

太る食べ物を食べなくなる方法は「断食」がオススメという話

太る食べ物を食べなくなる方法は「断食」がオススメという話

最強の食欲抑制法として「断食」をオススメしています。

先程太る食べ物を解説しまして、じゃあそれらを食べなくするのが一番いいんですが、無理やり食べないように我慢するとストレスが増えて逆に食欲が増すので意味がなくなります。

できるだけ「自然に食べる量を減らせる」方法が一番良いので、そのことを踏まえると「断食」が最強なんじゃないかなと個人的に思っています。

詳しい内容は以下の記事に書いてますが、こちらでも簡単に解説します。

体脂肪を落とす効率良い方法は「断食」です
【ダイエット】体脂肪を落とす効率良い方法は「断食」です【詳しく解説】

「お腹周りの脂肪がやばい!」と思い、夏に向けて慌ててダイエットを開始する人は多いと思います…。筆者もその1人です。 とい ...

続きを見る

断食は、筋力を落とさずに体脂肪を減らすことができる

断食をすると食欲が抑えられるというのは事実ですが、筋力を極力落とすこと無く体脂肪を減らすことができる唯一の方法だと言われるほど、ダイエットには大きく貢献してくれます。

といっても、行う断食は「何も食べない」というより「食べない時間を増やす」感じ。ようは「プチ断食」です。

上記で紹介した記事に詳しく書いてありますが、リーンゲインズやIPFといったプチ断食が効果的で、1日のうちに食べない時間を14時間~16時間設けることで、体が危機感を覚え、お腹周りの脂肪をエネルギーとして活用し始めるために、脂肪に大きく影響するのが「プチ断食」です。

実際の研究結果でも、筋力をほとんど落とさずに体脂肪を減らせることが分かっていて、一番体脂肪が落ちたのは「お腹周り」という結果にもなっています。

私達女性だけでなく、男性にも朗報なこの結果なので、筆者は「断食」をオススメしています。

ということで是非、太る食べ物をできるだけ控えて、食物繊維を豊富に取り、断食にも挑戦してみてダイエットを成功させてください!

以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-ダイエット(ボディケア), ボディケア
-

Copyright© Medical IT Link , 2019 All Rights Reserved.