2019年 12月 の投稿一覧

【お知らせ】1月1日~1月2日までの更新をお休みします

【お知らせ】1月1日~1月2日までの更新をお休みします

Medical IT Link編集部、管理人でございます。

今年も後わずかになりました。時の流れは非常に早く、気がつけば年越しを迎えようとしています。

年越しくらいは休ませろ!というライターや私の願いもありまして、明日1月1日~1月2日の2日間の更新をお休みいたします。

他にも、当サイトは管理人と5人のライターで運営をしておりますが、なんと私を含めた全員が体調不良で記事更新が困難というとんでもない状況にありまして、12月は長い間お休みしておりました。

3人が風邪、2人がインフルエンザ、そして残りの1人が肺炎という、まさに地獄のような環境でありました…。

療養を含めて、今回は無理をしないという選択をとり、2日間程度ではありますが、お休みをさせていただきます。

それでは良いお年を!

管理人より。

ダイエットに意志力は必要なのか?という話【正直、そこまで重要じゃない】

ダイエットに意志力は必要なのか?という話【正直、そこまで重要じゃない】

ダイエットに意志力は必要なのでしょうか。正直なところ、そこまで重要な要素では無いかなと思います。

以前、以下のようなツイートを行いました。

https://twitter.com/link_medical/status/1211812488821428224

ダイエットすることに「意志力」ってそこまで重要なのかなぁと日々思っている次第です。

意志力は簡単に途切れるので、最初だけ意志力を働かせて、「ダイエット中はこれを行う!」ということを決めて実行し、それを習慣化してしまうほうが楽だと思ってます
😅

一度習慣化したら、意志力は不要です。

引用:Medical IT Link@白崎 璃緒

今回は、ダイエットにおける「意志力」をテーマに解説します。

1.ダイエットに意志力は必要なのか

1.ダイエットに意志力は必要なのか

結論を言うと、「最初だけ必要」です。

意志力よりも、習慣化するほうが楽

ダイエットは長期継続が基本で、1ヶ月や2ヶ月程度の短期ダイエットは難しいしリバウンドしやすいので愚策です。

長く続けて少しずつ理想の体型を目指すわけなので、意志力で続けようとするならば、数年単位で意志力を持続させる必要があります。正直、無理な話ですね。
そこまでの意志力があり持続できるなら、元から太ってません。
ではどうするのか?というと、「ダイエット中はこれを行う!」ということをいくつか決めて、それを習慣化してしまう方が楽です。

それは「歯磨き」とか「お風呂に入る」といった行動と同じで、「やらないと落ち着かない」という状況を作り上げることを指します。ダイエットする項目で、やらないと落ち着かない状況を作れば、もはや勝ったも同然です。

習慣化するために、最初だけ「意志力」を使う

どうすれば習慣化できるのかと言うと、「決めたことを60日間続ける」ことが重要となります。

人間、毎日行うことはすぐ慣れる生き物なので、60日間くらい集中して同じことに取り組めば、すぐに習慣化できます。といっても、同じことを60日間続けるのは少々大変ですね。

ということで、習慣化を行うために意志力を使います。

ダイエットで言うならば↓

  • 毎日、通常の15%カロリーカットをした食事をする
  • 甘いものは極力食べない
  • タンパク質が豊富な食事を続ける
  • 脂が多いものは食べない
  • 野菜中心の生活を心がける

という感じ。上記は一例ですが、続けるにはある程度の意志力が必要ですね。ですので、ダイエットでの意志力は「最初だけ使う」ことが重要で、一度習慣化すれば不要ということです。

補足:意志力を使う場所を避けることも重要

この人は「意志力が強い!」という人が身の回りにいるとわかりますが、そういう人は大体「意志力を使う場所を避けていること」が多いです。

具体的に言うと、誘惑にさらされる可能性を消しているので、未来を確定させている感じ。

例えば、ダイエット中はケーキを食べないようにするならば、外出したときにケーキ屋の横を通らないようにしたり、視界に入れないようなことです。

常に自分の未来を、今の自分自身のみになって考えられることで、現在の”決定”が未来に及ぼす影響を実感できるようになってきます。これが「意志力を使う場所を避ける」ということですね。
意志力が強い=未来が近い というイメージ。
他にも、意志力が強い人には次のような特徴があります。

  • 意志力を使う場所を避ける
    …誘惑にさらされる可能性を削除する、未来が確定できる
  • 抽象的で客観的な思考が得意
    …今と未来の状況を、一歩引いた視点から確認できる
  • 共感力が高い
    …未来の自分の気持ちになって考えられる

上記は筆者の考えというより、様々な大学の実験で唱えている説でして、代表的なのは2009年にスタンフォード大学が行った実験になります。(※関連

この実験の結果も「今と未来が近い人ほど、目先の欲求を我慢できる!」となっていますので、意志力が強い=未来が近いというのはほぼ事実です。

ということでまとめると、「ダイエット時の意志力は最初だけ使う!」「習慣化させることが重要」「意志力はできるだけ避けるようにする」という感じになります。

2.「ダイエットが続かない」←打ち破る2つの方法

2.「ダイエットが続かない」←打ち破る2つの方法

たとえ意志力に自身があっても、「太るとわかっていても食べてしまった!」ということがあるかと思います。こういうことが、ダイエットの失敗に繋がります。

ということで、「ダイエットが続かない」を打ち破る方法2つを紹介します。

ざっくり結論を言うと、次の通り。

  • 理想的なゴールを目指すのではなく、厳しい現実を理解する
  • 自分に甘くする

方法①:理想的なゴールを目指さず、厳しい現実を理解する

ダイエット時に思い描く「理想像」を目指さずに、長期継続のダイエットの重要性と大変さを理解したほうが、ダイエットは続きやすいです。

こちらに関しても実際のデータがありますので紹介します。


2018年にドレクセル大学で行われた実験になります。(※関連

肥満体型の262人の男女を対象に、3パターンのダイエットプログラムを実践してもらった内容で、実験期間は3年となっています。ダイエットプログラムは次の通り。

  • 環境改善プログラム(HFE)
    …家にある食品を、より健康的なものに切り替えていく、定期的に「参加者の意志力を批判」する
  • 行動療法
    …定期的に体重を計測したり、ダイエッターグループを作成し、励まし合う、明確なゴールを決めるなど、日々の行動を細かく変えるようにする
  • 行動療法+置き換えダイエット
    …上記の「行動療法」に加えて、朝食や昼食などいずれかを「プロテインバー」や「ダイエットドリンク」で置き換える

という感じですね。この実験の特徴は「環境改善プログラム」で参加者の意志力を定期的にディスっていることでして、これは参加者のセルフコントロールをアップさせるテクニックとして使われています。

現実的なジレンマの感覚を思い起こさせるような感じですね。理想的なゴールを追うのではなく、厳しい現実を強調させたわけです。

ということで、この実験では「環境改善プログラムを受けたグループが、最も体重が減少していた」という結論に至っています。

このことでわかったことは次の通り。

  • 安易に励ますより、身が引き締まるような現実を知るほうがいい
  • 自分のセルフコントロールに疑問を持つ
  • 自分の家が「太りやすい環境」ではないかを確かめる

こうすることで、ダイエットが続きやすくなり、ダイエットの意志力もアップするんだと。個人的にも、環境の改善は大きく役立ちそうだなという印象を持ちました。

方法②:自分に甘くする

自分に甘くする=セルフコントロールが高い ということが判明しています。

ダイエットをするということは、「健康的な食生活を続ける」ことに繋がりますが、健康的な食生活って長続きしないことが多いですよね。

これはセルフコントロール能力が低いからと言われていまして、科学の世界でも度々疑問の対象となっていました。


実際のデータがありまして、これはベイラー大学の実験。540人の男女を対象にして「健康的なダイエットプランを立ててもらう」指示を出したという内容になります。

このときに、次の2パターンに分けています。

  • Aグループ:食べるべき健康的な食品のリストアップ
  • Bグループ:食べるのをやめるべき不健康食品のリストアップ

という感じ。このうえで全員のセルフコントロールを調査したのだとか。セルフコントロールが高いとダイエット成功率は高まりますが、具体的に「どんな行動の差があるのか?」と確かめた形ですね。

結果は、次の通り。

  • Aグループ
    …セルフコントロールが高い人は、いくら健康的な食品でも、好みに合わない場合は一切食べてなかった
    …セルフコントロールが低い人は、自分の好みに合わなくても健康的食品であれば、何でも食べようとした
  • Bグループ
    …セルフコントロールが高い人は、不健康でも自分な好きな食品はしっかり食べていた
    …セルフコントロールが低い人は、どんなに好きな食品でも、不健康なら食べなかった

という感じで、この結果でわかったのは「セルフコントロールが高い人ほど、自分に甘い傾向にある」ということ。無意識のうちに楽な道を選ぶことが多いことがわかったわけですね。

セルフコントロールが高い人ほど、意志力が強いわけでなく、ちゃんとゴールに到達できるように自然と目標を設定している…というわけでして、セルフコントロールに関しても意志力は重要では無いことがわかります。

逆に言えば、セルフコントロール能力が低い人ほど、「自分が一番好きな食品を避ける」作戦を選ぶ傾向にあるようです。

ということで、例えばポテトチップスが死ぬほど好きなら、我慢せず食べたいときに食べて、ダイエットを続けたほうが減量の成功率は上がるってことですね。

まあポテトチップスは最も太りやすい食べ物として認定されていますので、食べ過ぎはNGですが…。
無意識のうちにダイエットが長く続く方向へ自分を誘導しているということで、皆様も「自分に甘く」してみると、ダイエットが続きやすくなるかもしれませんね。

3.科学的に証明された意志力を上げる7つの方法を紹介

3.科学的に証明された意志力を上げる7つの方法を紹介

意志力についてのテーマですので、ここでは科学的に証明された意志力を上げる7つの方法を紹介します。

ざっくり解説すると次の通り。

  1. 10分の瞑想
  2. 姿勢を改善する
  3. 家計簿や食事日記をつける
  4. エクササイズを行う
  5. ハンドグリップを握る
  6. 片鼻呼吸をする
  7. 利き手ではない方の手を使ってみる

という感じ。

方法①:10分の瞑想

1日10分の瞑想を3日ほど続けるだけでも、集中力がアップして作業の先延ばしが無くなります。

筆者の個人的な感想としても、瞑想はとても重要だと感じています。1つの作業に没頭できるというより、少し集中力が乱れたときに咄嗟に「気がそれている」と感じることができて、すぐに元の作業に戻れる、という感じですね。

感じ方に個人差はあると思いますが、瞑想は凄く重要です。

方法②:姿勢を改善する

特にデスクワーカーの人たちは、自分の姿勢が悪いと気がついたときに改善するように心がけてみましょう。

「背中が曲がってる」と気がついたら、すぐに背筋を伸ばすような感じですね。これだけでも意志力は十分アップします。

方法③:会計簿、食事日記をつける

要はセルフモニタニングを行うことで、日々の意思力アップに貢献してくれるというものです。といっても、そこまで意志力が上がる内容では無いです。

というより、家計簿や食事日記のメリットは凄いので、意志力関係なしに広くおすすめしたいと思っていますので、今回、意志力をアップさせる方法としてラインナップに入れています。

方法④:エクササイズを行う

週1回でも良いのでエクササイズを行いましょう。できればストレス発散も兼ねて「自然の中」で行うほうが有効。グリーンエクササイズというやつですね。

行う内容は本当に何でもいいです。筋トレでも軽いストレッチでもOK。とにかく自分が決定したスケジュールを守って続けていくことが大切です。

方法⑤:ハンドグリップを握る

ちょっとした空き時間に握力トレーニングができるハンドグリップを使う方法で、これだけで意志力がアップするということが、科学的にも証明されています。(※関連

手の力が無くなるまでハンドグリップを握り続けるだけで、意志力が良くなるらしい…。データでは良い結果ですが、実際にはどうなんだろうと少し疑問には思ってます。

方法⑥:片鼻呼吸をする

片鼻呼吸法はヨガで使われるテクニックでして、心拍変動を抑えて意志力がアップする効能が認められています。

ただ、これを1日10分続けるだけでも結構大変。暇ができたときにやってみると良いかもしれないです。

方法⑦:利き手ではない方の手を使う

本当にこれだけで意志力がアップするのか?と疑問に思う方も多いと思いますが、ちゃんとした実験でも証明されていました。(※関連

人間の脳は不慣れなことに挑むほど意志力がアップする傾向にあるらしく、結構有効なんだとか。

利き手ではない手で文字を書いてみたり、箸を使うだけでも効果があるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

4.まとめ

4.まとめ

以上、意志力をテーマに解説してきました。

ダイエット時の意志力は「最初だけ」必要ということ、意志力を使う場面を極力避けることも重要であることも理解していただけたかと思います。
繰り返しになりますが、ダイエットは長期継続が基本。
ぜひ、ダイエット継続のコツや意志力をアップさせるテクニックなどを利用して、ダイエットを楽に長く継続されてみて下さいな。

【解説】乳酸菌のダイエット効果が凄い!【女性は摂るべき】

【解説】乳酸菌のダイエット効果が凄い!【女性は摂るべき】

ダイエットや健康、美容にも期待できるという「乳酸菌」。

腸内細菌のバランスを整えることで、様々なメリットがあるわけですが、近ごろのデータでは、「乳酸菌はダイエット効果が凄いぞ!」とのことです。

ということで、今回は「乳酸菌のダイエット効果」というテーマで解説します。

1.乳酸菌のダイエット効果が凄い

1.乳酸菌のダイエット効果が凄い

ダイエット効果が凄いといっても、「食べれば食べるほど痩せる!」というわけではなく、ダイエットスピードがアップする!という話になります。

24週間、乳酸菌サプリを飲んだら減量スピードが2倍に

実際のデータがありますので紹介します。


ケンブリッジ大学による論文で、肥満男女125人を対象に「24週間の間、乳酸菌サプリを1日2カプセル飲ませた」という内容になります。(※関連

具体的な内容はリンク先を参照していただくとして、結果は次のとおりになりました。

  • 乳酸菌を飲んだ男性、飲まなかった男性では体重の変化がなかった
  • 乳酸菌を飲んだ女性は体重が4.4kg減った
  • 乳酸菌を飲まなかった女性は体重が2.6kg減った

という感じで、男性は乳酸菌を飲んでも変化がなかったけど、女性が乳酸菌を飲んだら減量スピードが2倍になったよ!という結果になったわけです。


女性だけ効果があり、男性には効果が得られなかった理由に関しては、今も不明とのことでして、「服用量が少ない」ことや「実験期間が短すぎた?」などの原因があげられていますが、正確には判明していません。

タンパク質摂取に関しても、男性は筋肉を増やす作用があるのに対し、女性の場合はタンパク質を多くとっても筋肉を増やす作用は無いという結果になっていたこともありますので、男女で差があるのは仕方がないことなのかなと…。それにしても不思議な結果内容となりましたね。


先程の実験後も乳酸菌のダイエット効果は続いたみたいでして、次のようなことも判明しています。

  • 乳酸菌を飲んだ女性は、最終的に5.2kgの減量に成功した
  • 乳酸菌を飲まなかった女性は体重の変化がなかった

という感じ。

一度、腸内環境が改善されることでサプリを飲むのをやめても、良い効果は持続することが判明したわけですね。

乳酸菌でダイエット効果がブーストされた理由

結論を言うと、「体内の炎症が減るから」ではないかと言われています。あくまで仮説の段階ですので、確定的なことではありませんが…。

また、研究者たちは「リーキーガットが改善する作用がある」と話していまして、リーキーガットが治ることで体内の炎症が鎮まり、腸内環境が改善されるため、腸内で「酪酸(らくさん)」が生成されやすくなり食欲が収まるのでは無いかと言っておりました。

腸内細菌と食欲の関係性は過去のデータでも沢山説明されていることですが、腸内環境が良くなると食欲が収まってダイエットに効果的という話に繋がります。
乳酸菌でダイエット効果がブーストされるのは不思議なことでは無さそうですね…。
[st-card id=2415 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

今回の実験で使用された乳酸菌について

今回の実験では、「ラクトバチルス・ラムノサス」という乳酸菌を使用しています。かなり定番中の定番と言える乳酸菌ですね。

サプリではナウフーズのプロバイオティクス10というサプリに、この乳酸菌が使用されています。

[amazonjs asin=”B002S1U7RU” locale=”JP” title=”海外直送品 ナウフーズ 肘 Probiotic-10 25 Billion 50 Vcaps”]

ヨーグルトを食べるより豊富な乳酸菌が摂れますし、値段も安いので是非試してみてくださいな。

2.乳酸菌の効果が得られない人の特徴と対策

2.乳酸菌の効果が得られない人の特徴と対策

乳酸菌のダイエット効果は凄いことがわかりまして、特に女性の方には大いに効果が期待できそうな予感がします。

ただ、乳酸菌の効果が得られない人もいまして、これには特徴があります。

元々、腸内環境が良い人が飲んでも効果が無い

いくら腸内細菌が大事とはいえ、もとから腸内環境が良い人が乳酸菌サプリなどのプロバイオティクスを摂取したところで、あまり意味が無いんですよね。

これに関しても、実際のデータがあります。


コペンハーゲン大学の調査、過去7件のプロバイオティクス研究データを精査した統計的レビューとなっています。(※関連

データでは19歳~88歳の男女が参加しており、どのデータでも「市販の乳酸菌飲料」や「ヨーグルト」、「プロバイオティクスのサプリ」など、これらを20日~42日間ずっと服用していて、その上で参加者の便を分析し、腸内フローラの変化を調査したという内容となります。

プロバイオティクスとは

…腸内細菌そのもの。乳酸菌や酪酸菌などがこれに該当する。

その結果、以下のことが判明しました。

  • 健康体の人がプロバイオティクスを摂取しても、何も変化がなかった
  • プロバイオティクスで腸内フローラが変化したデータは、たったの1件だった
  • 腸内環境が良い人は、プレバイオティクスの方が良い

という感じになりました。
元々から腸内環境が良い人が乳酸菌などのプロバイオティクスを飲んだところで、何も変わらないんだと。すでに健康体の人は、プロバイオティクスよりプレバイオティクスの方が良いんだということが判明したわけですね。
プレバイオティクスとは

…腸内細菌のエサのこと。イヌリンやオリゴ糖、レジスタントスターチなどが該当する。

乳酸菌のダイエット効果を得るには、元から腸内環境が悪い人でなければならないと…。なんとも限られた人にしか該当しない話になりましたね。

体に異常がある場合は、乳酸菌が有効

腸内環境が良いから乳酸菌がムダかと言われると、そうでは無く、体に何らかの異常がある場合でも乳酸菌は非常に有効です。

例えば次のような統計的レビューがあります。

  • 2014年:高血圧の成人のデータを精査、プロバイオティクスには血圧を下げる効果が確認された(※関連
  • 2015年:肥満成人のデータを精査、プロバイオティクスには減量効果があることが判明(※関連
  • 2016年:糖尿病の成人のデータを精査、プロバイオティクスには糖代謝を改善する効果が確認された(※関連

というように、体に何らかの異常があるなら、乳酸菌などのプロバイオティクスは非常に効果的だ!ということもわかっているので、腸内環境が良くても肥満の人が飲んだり、糖尿病予備軍の人が乳酸菌を摂取したら、非常に効果が期待できそうな感じですね。

結論:闇雲に乳酸菌を摂らず、自己分析を行おう

ということで、乳酸菌の効果について簡単にまとめて見ましょう。

  • 免疫系、炎症系の異常がある場合、乳酸菌などのプロバイオティクス(腸内細菌そのもの)は非常に有効
  • 腸内環境が悪い場合、乳酸菌などのプロバイオティクスは有効
  • 腸内環境が良い場合、乳酸菌よりプレバイオティクス(腸内細菌のエサ)が有効
  • 乳酸菌を摂りつつプレバイオティクスを摂取する方法が基本

以上を踏まえた上で、オススメの乳酸菌サプリなどを紹介していきますね。

3.おすすめの乳酸菌サプリなどの紹介

3.おすすめの乳酸菌サプリなどの紹介

乳酸菌サプリの他、「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の紹介となります。

国産で大手メーカーが開発した乳酸菌サプリ

久光製薬の乳酸菌EC-12

久光製薬の乳酸菌(EC-12)チュアブルタイプ

[st-mybutton url=”https://medical-it-link.jp/ec-12-link” title=”詳しくはコチラ” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”90″ fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on”]

総合評価
費用
効果
口コミ・評判

こちらは大手メーカー「久光製薬」が開発、販売している乳酸菌サプリです。

1日分で1兆個の乳酸菌を摂取できる上に、チュアブルタイプなのでラムネ感覚で食べられるのが特徴。

[st-card id=2622 label=”関連記事” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

実験データでも有効性が認められたサプリ

[amazonjs asin=”B002S1U7RU” locale=”JP” title=”海外直送品 ナウフーズ 肘 Probiotic-10 25 Billion 50 Vcaps”]

先程も紹介しましたが、ナウフーズのProbaiotic-10は1カプセルに250億のプロバイオティクスが含有しています。乳酸菌も使われていますので、腸内環境を改善し、ダイエット効果をブーストさせるにはピッタリでしょう。

豊富なプロバイオティクスと胃に優しいカプセル構造の1つ

[amazonjs asin=”B07P7ZNHW5″ locale=”JP” title=”California Gold Nutrition LactoBif プロバイオティクス 300億個 植物性カプセル60錠 【アメリカ直送】”]

こちらはアメリカ産のプロバイオティクスとなります。豊富な乳酸菌も使われていて、植物性カプセルのために腸内まで菌が届けられやすいことが特徴。

おすすめのプレバイオティクス

[amazonjs asin=”B005P00R80″ locale=”JP” title=”トクホ日本オリゴの フラクトオリゴ糖 2480g”]

[amazonjs asin=”B0047TFSJ8″ locale=”JP” title=”イヌリン(水溶性食物繊維)400g ヘルシーカンパニー”]

[amazonjs asin=”B078JZTDSS” locale=”JP” title=”LOHAStyle レジスタントスターチ 天然型 不溶性食物繊維 (300g) 難消化性 食品グレード 非遺伝子組み換え”]

[amazonjs asin=”B01GTO91WI” locale=”JP” title=”Let’s Do Organic グリーンバナナ小麦粉、14オンス”]

上記4つがおすすめのプレバイオティクスです。

主に食物繊維になりますが、オリゴ糖なども腸内細菌のエサ(プレバイオティクス)となりますので、腸内環境が良い人ほど摂るべきものとなります。

4.まとめ

4.まとめ

以上、乳酸菌のダイエット効果などを解説しました。

男性への効果はそこまで期待できないものの、女性の方であれば乳酸菌のダイエット効果は大いに期待できます。

腸内環境が悪い人や体に何らかの異常がある人は乳酸菌を摂取、腸内環境が良い人や健康体の人ならプレバイオティクスを摂るようにしましょう。
食欲が抑制されて、ダイエット効果が期待できます。
是非、乳酸菌のちからに頼ってダイエットを行ってみてくださいな。

【公開】久光製薬の乳酸菌(EC-12) の口コミ・評判

【公開】久光製薬の乳酸菌(EC-12) の口コミ・評判

今回は「久光製薬の乳酸菌(EC-12)の口コミ紹介」というテーマです。

当サイトに送られた口コミを紹介しながら、どのような効果が期待できるのかを解説します。

 

 

公式サイトへのアクセスは以下から。

久光製薬の乳酸菌EC-12 – 公式サイト

 

1.久光製薬の乳酸菌(EC-12)|口コミ・評判

1.久光製薬の乳酸菌(EC-12)|口コミ・評判

口コミ・評判は全部で40件、平均評価は4.6という結果に。

 

口コミ数から見ても平均評価は大変素晴らしく、高評価と言える結果になっているのではないかと思います。

年代別に口コミを紹介していきます。

 

口コミ・評判①:20代

21才男性
もともとお腹のハリがきになっていました。日頃からヨーグルトを飲んだりサプリを飲んだりと頑張っていまして、ついこの前、久光製薬の乳酸菌というサプリに出会いました。チュアブルタイプで食べやすく、味も悪くありません。それからというもの、お腹のハリが気にならなくなりました。乳酸菌にも種類があるみたいで、個人差も激しいらしいので、僕にピッタリなサプリで良かったです。

29才男性
乳酸菌サプリにしては価格は高めですが、乳酸菌含有量が半端ないので、1ヶ月続けると毎日のすっきりを実感するようになりました。とにかく毎日快調で、すごく調子がいいので続けていく予定です。

26才女性
腸内環境が悪くなってきていたのでこちらを購入してみました。ヨーグルトより続けやすいし、豊富な乳酸菌なのでお腹に良いと思います。ラムネ感覚で食べられるのも評価します。

 

口コミ・評判②:30代男性

32才男性
上司が飲んでいた乳酸菌サプリで、気になり自分も買いました。飲むというより噛み砕いて食べる感じで、味はラムネに近い感じ。これだけで乳酸菌が1日1兆個取れるのは驚きです。そのおかげか、食べるようになってからお腹の調子が凄く良くて、お腹のハリに悩むことがなくなりました。ヨーグルトよりも続けやすいし価格も安定しているので、おすすめします。

35才男性
話題の「久光製薬の乳酸菌EC-12」を買いました。手軽に乳酸菌が取れるサプリで、価格もまあまあ。メーカーも大手なので安心でした。オリゴ糖も使われているので、本当に腸内フローラを整えるためのサプリという感じ。摂取し始めてから毎日スッキリするようになり、常に健康的。僕は以前海外製のプロバイオティクスを飲んでいましたが、僕にとってはこちらの方が良かったみたいです。

36才男性
ラムネ感覚で続けられ、豊富な乳酸菌をサッと摂れるのが、このサプリのメリットだと思います。値段も高すぎず安すぎずという感じで、凄く信頼できます。お腹の調子も良くなったので、買ってよかったと感じました。

 

口コミ・評判③:30代女性

32才女性
サロンパスでお馴染みのメーカーが作成した乳酸菌サプリということで試しに購入。EC-12という久光製薬の乳酸菌で、なんと噛み砕いて食べるチュアブルタイプ!ヨーグルト味で普通に美味しいので続けやすいと思います。また、善玉菌の餌となるオリゴ糖も使われていて良い感じ。しばらく続けてみたいと思います。

34才女性
おやつ感覚で食べています。今までお腹のハリが頻繁に出て悩んでいましたが、このEC-12を食べるようになってからほぼ毎日スッキリしています。感謝です…。

39才女性
試しに1袋食べてみましたが、めちゃくちゃお腹の調子がいい…。乳酸菌サプリは今までもたくさんありましたが、ここまで実感したのははじめて。今後もリピートするべく、3ヶ月に1回届く定期購入に申込み。価格も安くなるのでおすすめです。

 

口コミ・評判④:40代男性

44才男性
日頃からお腹が溜まりがち、お腹に良い食べ物は片っ端から食べてきましたが改善が見られず、今回はじめてサプリメントを買いました。てっきり飲み込むものかと思っていましたが、このサプリは噛んで食べるようで、ヨーグルト風味のラムネという印象でした。本当に良いのか不安でしたが、毎日すっきりを実感するようになりました。現在半年ほど継続していますが、味に飽きてきました。ただ、効果は凄くあるので頑張って続けてみたいと思います。

47才男性
とにかく続けやすいというのがこのサプリのメリットかなぁと。乳酸菌が豊富なのはわかりますが、それだけに値段もそこそこするし、効果も多少弱いかな?という感じ。期待半分で続けたほうが良いと思います。

 

口コミ・評判⑤:40代女性

40才女性
今のところ良い感じです。ぽっこりお腹に悩んでましたが、毎日スッキリするようになり、ぽっこりお腹も気にならなくなってきました。乳酸菌は個人差があり心配しておりましたが、私にはピッタリでしたので良かったです。

45才女性
お腹の調子が悪くポッコリお腹になっていきて、体重も増えてきたような…そこでこのサプリを買って続けてみたところ、凄くいいです。1日でヨーグルト100個分の乳酸菌が摂れる!大変素晴らしいと思います。普通にヨーグルト食べるより手軽なので、今後もリピート予定です。

 

口コミ・評判⑥:50代男性

51才男性
すごい効果!乳酸菌サプリははじめて飲みますが、ここまでお腹の調子が良くなるとは思いもしませんでした。気まぐれで購入したサプリでしたが、しばらく続けたいと思います。

52才男性
すこぶるお腹の調子がいいです。溜まりがちな体質ですが、最近は全然気にならなくなりました。これをきっかけに健康思考になりそうです(笑)

56才男性
久光製薬の乳酸菌EC-12というサプリを購入。1ヶ月試しました。感じたのは毎日のすっきり感。乳酸菌は種類が豊富でどれがいいか迷うものの、私にはこちらのEC-12があっていたようです。気になる方は試してみることをおすすめ。価格はもう少し安いほうが買いやすい。

59才男性
非常に食べやすいです。直径1cmほどのタブレットで、1日90円程度で続けられるので手軽さはとても良い。しつこく溜まったお腹のハリも良くなりました。デメリットを上げるとするならば、ラムネのような感覚で食べられるので、つい食べすぎてしまうことでしょうか。1日4粒と目安があるので、守って続けるのが少し大変そう。

 

口コミ・評判⑦:50代女性

54才女性
腸内環境を整えるのは大切!善玉菌を摂ると腸内環境が良くなるということで、1日に1兆個の乳酸菌が摂れる久光製薬の乳酸菌は素晴らしいと思います。食べやすいので、続けることに抵抗も無く、効果が期待できると思います。

56才女性
手軽さや乳酸菌の豊富さは確かにすごいですが、気になるのは味。実際に食べてみるとヨーグルト風味のラムネという感じで、正直、私はそこまで美味しいと感じませんでした。まあ食べられるので続けてみます。お腹のハリにも良さそうですね。

 

以上、久光製薬の乳酸菌EC-12の口コミ・評判を年代別に紹介しました。

 

繰り返しになりますが、口コミは全部で40件あり、平均評価は4.6。非常に高評価が多くて良いですねー。

 

2.久光製薬の乳酸菌(EC-12)|価格について

3.久光製薬の乳酸菌(EC-12)|価格について

価格について解説しますが、購入は公式サイトを推奨していますので、公式サイトの価格説明となります。

 

購入は2つのプランあり

次の通り。

単品購入 3,000円(税別)

送料別

定期購入 2,700円(税別)

お届け周期は「1ヶ月」「2ヶ月」「3ヶ月」から選択可能

送料無料

毎回10%OFF

継続回数の縛り無し、いつでも休止可能

 

という感じです。

 
おすすめは「定期購入」ですね。継続回数の縛りも無いのでいつでも休止可能ですし、続けるにも毎回10%OFFなので、コスパ最強です。
 

3.まとめ

4.まとめ

以上、久光製薬の乳酸菌EC-12について口コミの紹介、効果の解説、価格紹介などを行ってきました。

評価が高く、続けやすさという点ではかなり良いサプリでは無いでしょうか。

 

補足:個人的に思ったメリット・デメリット

それぞれ解説します。

 


全部で6つあります。

  • チュアブルタイプで食べやすい
  • 1日分(4粒)で1兆個の乳酸菌が摂れる
  • より効果が期待できるEC-12株を使用
  • メーカーが大手で安心
  • 善玉菌の餌となるオリゴ糖を使用
  • 乳酸菌含有量に対し、価格が安い(コスパが良い)

 

という感じ。

かなり多いメリットが期待できます。

 


以下の2つです。

  • 食べすぎてしまうかも
  • 味に飽きそう

 

このメリットとデメリットは筆者も体験して個人的に感じたことなので、参考適度に捉えて下さい。

 

結論:つらいお腹のハリに悩むなら試してみるべき

久光製薬の乳酸菌EC-12は、乳酸菌の中でもより「お腹のスッキリ」に貢献してくれるタイプでして、是非試してみてほしい製品です。

 
市販のヨーグルトでは効果がわからないという場合、こちらのサプリで効果が出るということは珍しくありません。
 

筆者も市販のヨーグルトでは特に実感なかったものの、EC-12で毎日健康的になりました…!

ということで個人的にもおすすめしています。

 

興味ある方はチェックしてみてくださいな。

久光製薬の乳酸菌EC-12 – 公式サイト

【ガイドライン】ダイエットの取り組み方【オリジナル】

【ガイドライン】ダイエットの取り組み方【オリジナル】

このページでは、当サイト(Medical IT Link編集部)が「実践スべきであるダイエットの取り組み方」というテーマで、”過去の記事”をまとめている記事です。まとめページという感じですね。

世間的に知られている方法ではなく、当サイト(Medical IT Link編集部)が実験データ、メタ分析、論文等をリサーチして作成した内容になりますので、オリジナルです。

ダイエットの基礎|ガイドライン

ダイエットの基礎|ガイドライン

次のステップが基本的な方法です。

  1. TDEEで活動代謝を調査(自己把握)
  2. 食べたら良いもの、食べないほうが良いものを知る
  3. プチ断食
  4. チートデイを決める

という感じ。

手順①:TDEE計算

TDEEというのは総消費カロリーのこと。ダイエットする上で推奨されます。

以下の計算ページで計算しましょう。

関連:TDEE(総消費カロリー)計算ページ

手順②:食べ物

続いて食べ物の把握です。つまり「どんなものを主に食べるべきなのか」ということですね。

以下の記事になります。

[st-card id=508 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card id=1477 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

手順③:プチ断食

ダイエットの基本は、食べる量を減らす事。

極端に食事量を減らしたり無闇に食べなくするのは、代謝を低下させるだけ。一時的に痩せることができても、代謝は一度下がったら食事量を増やさない限りはほとんど増えません。もちろん食べる量が増えたら、代謝が減っているために簡単にカロリーオーバーとなるため、リバウンドします。
そこで結論として導き出されたのが「断食」です。
カロリー計算不要、運動もいらないかも?という感じで中々に良いデータが揃っていますので、是非取り入れてみて下さい。

[st-card id=340 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

手順4:チートデイ

チートデイというのは「ドカ食いする日」という感じですね。手順③でプチ断食を行っていると、体重も少しずつ減りますが代謝も減っていきます。

下がり過ぎたら「ダイエット停滞期」に入ってしまうので、それを阻止する形でチートデイを設けます。
原則として、2週間に1日のみとなります。

【おしらせ】:サイトを管理する人全員風邪になりました

本当に余談中の余談なのですが、当サイトは管理人が1人、ライターが2人で運営していますが、その3人共風邪でダウン中でございます。

明日の更新は難しいかもしれません。

申し訳ないですが、ご了承お願いいたします。

このお知らせ項目は、3人が復活次第削除します。

【解説】ビタミンCは風邪に効く?【研究データあり】

【解説】ビタミンCは風邪に効く?【研究データあり】

ビタミンCは風に効くのか、これを科学的データを使って解説していきます。

風邪を引いていてビタミンCを摂りまくっているという方は、是非最後までお読み下さい。

[st-kaiwa6]ライター:倉田 善和

男性向けコスメの企画、開発や男性向け美容アドバイザーとして6年、IT分野の記事執筆、監修も務める。ダイエット指導歴3年。[/st-kaiwa6]

1.ビタミンCは風邪に効く?

1.ビタミンCは風邪に効く?

結論を言うと、そこそこ効きます。ただし予防はできないという感じです。

ビタミンCで風邪が治りやすくなる【データ】

ビタミンCで風邪の予防は難しいものの、風邪を引いているときに摂ることで風邪が治るのが早くなることが、データでも判明しています。


2013年の論文で、毎日継続的にビタミンCをサプリメントとして摂取した場合、風邪の発症や治療に役立つかどうかを調べた内容です。(※関連

過去に行われたビタミンCと風邪に関する研究データをリサーチしたもの。主に「風邪の発症率」や、「平均病気日数」を調査しているようです。

データの選定基準としては「1日0.2g未満のビタミンC実験は除外」また「プラシーボ効果と比較してない実験も除外」という感じで、全体で11,306人のデータが分析されました。信頼性が非常に高い内容ですね。

判明した内容は次の通り。

  • 1日1g~2gのビタミンCで、風邪の期間が18%減少した
  • 風邪の重症度もビタミンCを定期的に投与することで軽減された
  • 成人の場合「3~12%短縮」(風邪期間)
  • 子供の場合「7~21%短縮」(風邪期間)

という感じになりまして、中々良い数字になっています。

普段から風邪にかかる頻度が多いという方は、試してみる価値ありかと。

風邪の予防として、ビタミンCは意味が無い

こちらもデータがありますが、これに関しては「ホンマでっかTV」でも話題として話されたみたいですね。

筆者はチェックしてないんですが、「風邪の予防にはビタミンCは意味がない」というのは事実かなと。


番組で紹介されたというデータは2005年の論文になります。(※関連

1940年~2004年までのビタミンC論文をリサーチして分析した内容で、データの規模としては過去最大ですね。

結論は次の通り。

  • 1日200mg~2,000mgのビタミンCを飲んでも、風邪は予防できない

という感じです。番組でも同じ結論が出たかと思います。


続いてのデータは「ビタミンCを大量摂取したら予防できるのか?」という疑問に着目したもの。(※関連

先程のデータで投与されたビタミンCは2,000mgですが、それでもそこそこ多めな量。じゃあその2倍ならどうなるの?ということで、データ内では1日4,000mgのビタミンCを被験者に投与しています。
結果、「風邪の発症率に関係なし!」とのこと。シンプルでわかりやすいですね(笑)

まとめ

上記までの内容をまとめてみましょう。

  • ビタミンCを飲んでも風邪の予防はできない
  • 風邪を発症したときに、ビタミンCを飲めば治りが早くなるかも

ビタミンCサプリは科学的に作れるんで大量生産が可能で比較的安価で入手できます。安全面も高いです。日本でも簡単に買うことができるのも良し。

ただ、治るのが早くなると行っても特効薬ではありませんので、過剰な期待をして大量投与しても、効果は増えない印象がありますね…。

風邪に効く5つの方法を解説する【改善・予防法など】

風邪に効く5つの方法を解説する【改善・予防法など】

風邪に効く5つの方法を解説します。今、風邪を引いている方が対処できる方法ではなく、事前に準備が必要になります。そのことを踏まえた上でお読み下さい。

また、風邪に関しては「特効薬」が無いうえに、1週間~2週間程度の時間があれば自然治癒で治ってしまう症状なので、今回紹介するのは「治りが早くなる」という意味での風邪改善・予防方法となります。

風邪に効く5つの方法を解説する

風邪に効く5つの方法を解説する

次の通り。

  • 亜鉛トローチを摂る
  • ビタミンDを摂る
  • ハグをする
  • サプリを飲む
  • 薬を飲む

風邪に効く方法①:亜鉛トローチを摂る

もっともおすすめで、風邪にも一番有効なのは「亜鉛トローチ」です。

というのは、亜鉛トローチで風邪やアレルギー症状の治りが確実に早くなるからですね。これについてはちゃんとしたデータもあります。


ヘルシンキ大学の研究にて、亜鉛トローチと風邪、アレルギー症状のデータ3件をメタ分析した内容です。(※関連

参加者は全部で199人、年齢は20歳~50歳ほど。

メタ分析ながらデータ数が少ないんですが、質の高いデータが少ない中、唯一信頼できるデータでした。

そして、メタ分析の結論は次のようになりました。

  • 亜鉛トローチで風邪やアレルギー症状の緩和を確認
  • 4日~1週間程度で症状がやわらぐ
  • 風邪の症状期間は平均42%減少
  • 鼻詰まりが37%減少
  • 咳が46%減少
  • 喉の痛みが33%減少
  • 熱による筋肉の痛みが54%減少
  • 1日80mg~100mg飲むのが理想、これより少ないと効果が出にくい
  • 風邪を自覚してから24時間以内に摂取すること

という感じ。
亜鉛サプリでは無く、亜鉛トローチが良い理由としては「トローチ錠だから」でして、舌の上で亜鉛が溶けて、喉や鼻に直接吸収されることがポイントらしいです。
上記データの数値がかなり良いので、筆者も購入して使用を続けております。

季節の変わり目に必ずといっていいほど風邪になる筆者ですが、亜鉛トローチのおかげで3日程度で風邪が治るようになりました。ということで個人的にもイチオシ。

[amazonjs asin=”B00J11M098″ locale=”JP” title=”Zinc/Echinacea&Vitamin C Lozenges-Berry Flavor Nature’s Way 60 Lozenge by Nature’s Way 並行輸入品”]

風邪に効く方法②:ビタミンDを摂る

ビタミンDは風邪の改善というよりは、予防効果が強い感じです。

不足するとタバコと同じくらい体に悪く、脳の働きにも影響が出ることが分かっていますので、風邪予防ではなく、日頃から摂取するサプリとしてもおすすめ。

通常、ビタミンDは日光を浴びることで生成されまして、全体の約80%を占めると言われています。現代人は日光を敵視する傾向にあるため(特に女性の方は)積極的に摂りましょう。

もちろん、普段から太陽の光を浴びる方は、サプリで摂取する必要はありません。


ロンドン大学のメタ分析で、質の高いデータ25件(11321人分)を取り扱っています。大規模でありながら、データも質が高いものばかりなので、信頼度はかなり高いです。(※関連

結論は、次のとおりです。

  • ビタミンDサプリで風邪発症リスクが12%減少する
  • 毎日飲み続けるor最低でも週1で飲む必要あり、それ以下は効果が期待できない、まとめて飲むのも意味無し
  • 血中のビタミンD濃度が高い人ほど、サプリでの風邪発症リスクは50%低下する(常にビタミンDが足りていても効果がある)

という感じ。とにかく風邪対策にはビタミンDが良いんだと。

しかもビタミンD不足の人がサプリを飲んでもメリットが得られるため、なんとも素晴らしい結果ですね。


1日3000IU~5000IUがベストですね。

IUというのは含有量の単位ですが、大体サプリの容器に表記されていますので、それをチェックして試してみてくださいな。

[amazonjs asin=”B00BP2ZF6G” locale=”JP” title=”海外直送品 ナウフーズ 【バリュー2本セット】  ビタミンD-3 5000IU 120粒 Vitamin D-3 5000IU 120sof…”]


ビタミンKとマグネシウムは、ビタミンDとの相乗効果が期待できるため、より血中に入りやすくなりますので、ビタミンDサプリを摂取するときはビタミンK、マグネシウムサプリもお忘れなく。

マグネシウムは「クエン酸マグネシウム」が、より吸収率が高まるのでおすすめ。容器に「citrate」と記載されているものがそうです。

[amazonjs asin=”B076Y6WRKH” locale=”JP” title=”MK-7 ビタミン K-2 100 mcg 120ベジカプセル 海外直送品”]

[amazonjs asin=”B07VXR8PCY” locale=”JP” title=”Now Foods, マグネシウムキレート、植物性カプセル 120粒 並行輸入品”]

風邪に効く方法③:ハグをする

ハグで効果があるのか?と疑問に思うかもしれませんが、これは「ハグによるストレス発散効果」または「人間関係が良い」ことが鍵を握っています。

過去の風邪に関するデータでは、心理的なストレスで風邪を引きやすくなることが分かっていまして、ハグをすることでストレス発散ができ、風邪の対策ができる…というもの。
嘘みたいな内容ですが、ちゃんとしたデータがあります。


こちらはカーネギーメロン大学の実験。400人の健康体男女を対象に次のように実験を行いました。(※関連

  • 14日間連続で電話インタビュー
  • インタビュー内容は、「他人とのコミュニケーション」とか「他人と喧嘩した?」みたいに、主に人間関係について聞く
  • 全員の日常を把握後、ホテルの一室に監禁して、ウイルスが入った点鼻薬を使わせる
  • 5日~6日の経過観察

という感じ。すごい内容ですね。

上記実験の結論として、次のことが判明しました。

  • 普段からハグの量が多い人は、風邪の症状が軽い
  • 人間関係が良く、友達が多い人は、風邪の症状が軽い
  • ハグをすればストレスが軽減されて症状も緩和する

とのこと。やはり人間関係は大切ということですね。
よほどの理由が無い限りは孤独を好むのをやめましょう…。

風邪に効く方法④:サプリを飲む

サプリも風邪の症状を緩和させることが可能。

効果が期待できるのは次の通り。

  • アンドログラフィス
    …風邪の初期症状を緩和させる、1回400mgを1日3回がベスト(※関連
  • ガーリックオイル
    …風邪の予防、改善に役立つ。にんにくには強い免疫力アップの作用あり。風邪を引いたときは1日2,500mgほど摂取するとベスト(※関連
  • エゾウコギ
    …免疫力を強化する作用あり。1回150mgを飲むだけで風邪に効果あり(※関連

という感じで、サプリによる症状緩和も期待できるので、色々試してダメそうならこちらも試してみて下さい。

アンドログラフィスエキス

Now Foods, アンドログラフィスエキス、400mg、90ベジキャップ

[st-mybutton url=”https://iherb.co/cVCkwGVi” title=”詳しくはコチラ” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”90″ fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on”]

[amazonjs asin=”B000BY6B3A” locale=”JP” title=”海外直送品 ナウフーズ スーパーオドレスガーリック 180カプセル “]

[amazonjs asin=”B000FQS28Q” locale=”JP” title=”オリヒロ エゾウコギ 粒100g”]

風邪に効く方法⑤:薬を飲む

薬に関しては最終手段ですね。病院へ行って薬を処方してもらっても大抵の場合、渡されるのは「抗菌薬」なので、風邪が治るかと言われたら正直微妙です。

また、最近の薬はムダに抗生物質を使いすぎなので、使い続けることでの副作用リスクのほうが心配です。
ということで、薬は最終手段です。
冒頭でもお伝えしましたが、風邪は1週間~2週間程度で自然治癒されますので、風邪程度で病院に行く必要も無いかと思います。

どうしても薬が欲しいという場合は、市販薬に頼ってみましょう。

個人的には「パブロンゴールド」か「新ルルA錠」が、症状の緩和という意味では良いかなと。

[amazonjs asin=”B010CRU0T6″ locale=”JP” title=”【指定第2類医薬品】パブロンゴールドA<微粒> 44包”]

[amazonjs asin=”B015BXYUEM” locale=”JP” title=”【指定第2類医薬品】新ルル-A錠s 150錠”]

以上、風邪に効く5つの方法となります。

薬を飲む方法以外なら、自信を持っておすすめできますし、科学的信頼性もあり高い効果も期待できるかと思います。

一番は「風邪を引かぬよう日頃から注意すること」なので、手洗いだけはしっかり行ってくださいな。

【違い】タンパク質「植物性」と「動物性」はどちらが良いのか

【違い】タンパク質「植物性」と「動物性」はどちらが良いのか

ダイエットには「タンパク質が重要である」という話は以前の記事でも話したとおり。

では、「植物性タンパク質」と「動物性タンパク質」ではどちらが良いのか?という問題について、この記事では深堀りしていきます。

1.植物性タンパク質と動物性タンパク質の違い

1.植物性タンパク質と動物性タンパク質の違い

次の通り。

  • 植物性タンパク質
    …植物由来のタンパク質。大豆や野菜、小麦などに含まれる
  • 動物性タンパク質
    …動物由来のタンパク質。肉類や魚介類、卵、乳製品などに含まれる

という感じです。そのままですね。

それぞれのタンパク質の”中身”にも違いがありまして、最大の違いはアミノ酸です。

アミノ酸含有量のバランスに差がある

一番の違いは「アミノ酸スコア」です。

簡単に次の通りまとめます。

  • 植物性タンパク質
    …セリン、フェニールアラニン、ロイシン、メチオニンが豊富。リジンがほとんど含まれていない。吸収率約85%
  • 動物性タンパク質
    …ほとんどのアミノ酸が含有。タンパク質含有量が豊富。吸収率約95%

という感じで、上記を見る限りでは「動物性タンパク質」のほうが優秀かも?と思えますね。

2.データ上では「植物性」「動物性」はどちらが優秀か

2.データ上では「植物性」「動物性」はどちらが優秀か

結論を言うと、「植物性タンパク質」のほうが優秀です。

過去のデータで比較【実際のデータ】

有効なデータは2つあります。


2016年のメタ分析になります。(※関連

21,523人分のデータで、約11年ほどの経過観察という感じですね。データ量や観察期間を見る限りでは現状で一番期待できそうな内容です。

結果は、次の通り。

  • 植物性タンパク質の悪影響はほぼなし
  • 動物性タンパク質は「糖尿病」が悪化する恐れがあった

という感じ。

タンパク質含有量で言えば動物性タンパク質のほうが優秀なものの、悪影響が出るかも?ということで、安全性面を考慮するなら「植物性タンパク質」を選択したほうが良さげ。


では、日本人ではどうなの?ということで、日本で調査された内容もありました。

こちらは国立がん研究センターが1995年から収集していたデータを使った研究でして、参加者は70,696人分。年齢は45~74歳くらい。日本内の研究規模としては過去最大のデータになります。(※関連

調査したのは「日常で食べている内容」と、「癌や心疾患などで亡くなった方とのデータを比較」というもの。

要するに、「海外では動物性タンパク質はヤバいけど、日本人だとどうなの?」というシンプルな疑問を追求した研究内容ですね。

結果は、次のとおりになりました。

  • 植物性タンパク質を頻繁に食べる人は、摂らない人と比較すると心疾患で亡くなる確立が16%減少、また、早期死亡率が13%低いことが判明。
  • 動物性タンパク質を多く消費する人の総死亡率の変化はハッキリ関係性がなかった。
  • 普段食べる牛肉、豚肉を、植物性タンパク質や魚に置き換えるだけで、早期死亡率は46%減少、癌での死亡率も50%減少。

という感じになりました。

要は「日本人の場合は動物性タンパク質を日頃からたくさん摂取しても、健康上は問題ないのでは?」ということが言えるわけです。

ただ、普段食べる動物性タンパク質の一部を植物性タンパク質に変えたら、もっと健康的に良いってことも判明。

「動物性」か「植物性」かで比較するなら、「植物性」の方が良いよ!ってことですね。

補足:食べたほうが良い植物性タンパク質

次の通り。

  • ほうれん草
  • ジャガイモ
  • ナッツ系
  • ブロッコリー

という感じで、上記のものを日頃から食べると良いでしょう。

ただし、植物だけで必要タンパク質を満たすのは難しいです。冒頭でも説明した通り、「動物性タンパク質」の方がタンパク質含有量が多く、「植物性タンパク質」はタンパク質含有量が比較的少ないからですね。

3.タンパク質の摂取ガイドライン

3.タンパク質の摂取ガイドライン

ざっくりと解説すると、次の通り。

  • 主に摂取するタンパク質を「鶏肉」また「魚」に置き換える
  • 植物性タンパク質も少量でも良いので摂取
  • 牛肉、豚肉は極力控える
  • 加工肉はNG(過去のデータでボロクソに批判されているため)

上記のような方法が良いでしょう。

鶏肉は海外でも国内でも「総死亡率の上昇に相関しない」ため、鶏肉は積極的に食べ、あとは魚にする。そして、そこへ少量の植物性タンパク質を摂るような感じ。

このような方向がベストですね。

[st-card id=508 label=”関連” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

4.まとめ

4.まとめ

以上、「植物性タンパク質」と「動物性タンパク質」の違いと、オススメのタンパク質食品になります。

ダイエットするにもタンパク質は必須ですし、40代を超えた辺りから必要タンパク質はガンガン増えていきますので、積極的に取り入れていきましょう。

ホエイプロテインはメタボ対策に良い【おすすめも紹介】

ホエイプロテインはメタボ対策に良い【おすすめも紹介】

ホエイプロテインについての話ですが、メタボリックシンドロームとの関連性を中心に解説します。

ダイエットには効果的なものの、メタボ対策としてはどうなんだろうと。

上記を深堀りします。

[st-card id=906 label=”関連” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

1.ホエイプロテインはメタボ対策に良いことが判明

1.ホエイプロテインはメタボ対策に良いことが判明

実際にデータがありますので、そちらを紹介します。先に結論を言うと、主に改善するのは次の通り。

  • 中性脂肪
  • ウエストサイズ
  • 血糖値
  • 血圧

という感じ。

ホエイプロテインとメタボの関係【データ内容】

2000年~2009年までの37件のデータを抽出して調査したメタ分析になります。(※関連

全てRCTのデータとなりますので、信頼性は抜群でして、そのメタ分析なので「ほぼ確実」と言える内容になっています。

実験デザインは次の通り。

  1. 参加者の年齢は18歳以上
  2. 過体重or肥満体である
  3. ホエイプロテインアイソレート、コンセントレート、エクストラクト、たんぱく加水分解物のどれかを使用
  4. 最低実験期間は2週間
  5. 血糖値、血圧、コレステロール、ウエストサイズなどのメタボ指標をチェックしている

上記の通り。最終的に2344人分のデータを元にメタボリックシンドロームについて、ホエイプロテインとの関連性を重点的に調べていることがわかります。

結果:メタボ改善に役立つことが判明

上記データの結論は、次のとおりになります。

  • ウエストサイズが改善した(-3.83 ~ -1.69 平均-2.76)
  • 空腹時の血糖値が改善した(-1.52 ~ -1.31 平均 -1.42)
  • 中性脂肪が改善した(-22.49 ~ -15.30 平均 -18.19)
  • 最高血圧が改善した(-9.39 ~ -6.13 平均 -7.46)
  • 最低血圧が改善した(-6.69 ~ -4.67 平均 -5.68)

という感じでした。

個人差もありましたが、全体的にホエイプロテインはメタボ改善に大きく役立つことが、これで判明したわけですね。

ホエイプロテインは個人差があるかも

データによっては「ホエイプロテインは駄目!」みたいに言われる内容もあります。

これらは研究デザインがそこまで良くないので紹介しませんが、やはり個人差があるということでしょうか。
ただ、必要なタンパク質を摂るのは重要ですので、毎日飲むのは有意なことであると思います。

補足:飲む量に関してはバラバラで定まっていない

データをいくつも比較しましたが、ホエイプロテインがメタボ改善に役立つ「量」というのがハッキリ分かっていません。

ですので、「これくらい飲みましょう!」という目安を出しづらいんですよね。
今のところ、「1回20g~30gくらいのホエイプロテインが良いのでは?」という説が濃厚で、期間は12週間ほど試してみて様子を見るのが良さそう。(※関連

ということで、ホエイプロテインはメタボに役立ちます。加えて、1回20g~30gくらい摂取できるホエイプロテインが望ましいので、これらを踏まえた上で「おすすめのホエイプロテイン」を紹介していきます。

2.おすすめのホエイプロテインを紹介する

2.おすすめのホエイプロテインを紹介する

コスパ重視、タンパク質含有量重視のものなどをチョイスしました。

コスパ重視で最高の安全性である1つ

[amazonjs asin=”B06Y69FKT2″ locale=”JP” title=”エクスプロージョン ホエイプロテイン 3㎏(約100食分) ミルクチョコレート味 国産”]

当サイト(Medical IT Link編集部)では何度も紹介しているプロテインですが、1回辺り23gほどのタンパク質が含有していまして、3kgで約6,000円という最強のコスパです。

日本製でアンチドーピングのマークも付いております。アスリートの方も愛用しているらしいですね。

味も豊富なのでAmazon等で検索してみてくださいな。

タンパク質含有量が良い1つ

[amazonjs asin=”B000T1E6V4″ locale=”JP” title=”ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン風味 1kg”]

こちらのホエイプロテインは100gあたり約90gのタンパク質を含有していまして、アミノ酸スコアも良い一品となっています。

ただ、以前より品質が落ちたという声もあり、どうなんだろう…という感じです。個人的にはオススメなんですが。

以上2つです。

あとは海外製のものがコスパが良いことが多いんですが、なにせ人工甘味料が大量に入っているので「日本人にとって甘すぎる」というレビューがかなり多いので、今回は日本製のものを紹介しました。

イチオシは「エクスプロージョン プロテイン」で、甘いのが嫌という人はプレーンもあるので、万人受けするかと思います。

3.まとめ

3.まとめ

以上、ホエイプロテインとメタボリックシンドロームとの関連性でした。
ホエイプロテインはメタボ改善に役立つということ、タンパク質が1回あたり20g~30g含有したものが良いということがわかりました。
特に年齢を重ねてくると(40代くらいから)タンパク質の必要量は上がっていきます。目安量としては「1kg辺り1.6gのタンパク質」という感じなので、食事から摂取しきれないときはホエイプロテインにお世話になってくださいな。