ダイエット(ボディケア)

【断言】食べる順番ダイエットは効果が薄い【無理してやる必要無し】

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5022147/

こんにちは、倉田です。

食べる順番を変えるだけでダイエットできるとか、痩せやすい体になるとか色々言われて、結構実践している人が多いイメージなんですが、皆様はどうでしょうか?

ということで、食べる順番ダイエットに関する解説を行いますので、興味ある方は必見です。

食べる順番ダイエットに関する本がたくさん出ているので、効果があると思いきや、結構微妙だったりします。

[amazonjs asin=”4405092109″ locale=”JP” title=”食べる順番変えるだけダイエット―お医者さんがすすめる”]

[amazonjs asin=”4259564080″ locale=”JP” title=”浜内式 食べる順番ダイエット”]

[amazonjs asin=”B01MZZYYDF” locale=”JP” title=”食べる順番ダイエット”]

探してみると結構あります。
暇つぶしに読むと面白いですよ。

そして、僕も本の内容を鵜呑みにして、以前は「野菜」→「タンパク質系」→「炭水化物系」といった順番で食事をし続けていた過去があるんですが、あまり効果が出た感じがしないんですよね。

食事が不味くなりそうなので、数ヶ月程度でやめちゃいました。

効果も薄いので、無理してやる必要は無いかなと。

【断言】食べる順番ダイエットは効果が薄い【無理してやる必要無し】

【断言】食べる順番ダイエットは効果が薄い【無理してやる必要無し】

僕の体験談でもあるし、実際に「食べる順番ダイエット」に関する研究データもあり、結論をみてもあまり効果がなさそうだな…ということで、無理してやる必要はなさそうな感じです。

サラダを最初に食べると、総摂取カロリーは減る

大体60kcalくらいの総摂取カロリー制限となるようです。すっごい微妙…。

これは2012年の実験による結果で、46人の20歳~45歳の女性の参加者に対して、パスタを食べる20分前にサラダを食べさせたって内容を行ったようです。(※関連

そして、サラダの後は好きな量のパスタを食べてもらったとのこと。

ちなみにサラダは100kcal程度で、人参やセロリ、きゅうり、トマトといったごく一般的なサラダメニューとなっています。

1週間に1回程度の経過チェックを行って、最終的には「1日の総摂取カロリーが約60kcal減る計算」になることが分かったのだとか。

60kcalが多いのか少ないのかは個人の判断によりますが、少なくとも僕はすごい微妙だなと思っています。

ただ、サラダを最初に食べると総摂取カロリーは減るので、一応ダイエットには効果があるんじゃないかという話になりますね。

タンパク質を先に食べても総摂取カロリーはそこまで変化なし

高タンパクな食事をしたらダイエット効果は期待できるけど、順番はあまり意味がないってことですね。

こちらは以前紹介したことがあるので、詳しい内容は省きますが、高タンパクな食事を朝食べてもらったところ、1日の食欲が抑えられたほか、トータルの代謝量が多くなったという結果になったことがあります。

以下の記事を参照してくださいな。

[st-card id=825 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

また、糖尿病患者17人に「肉・魚→炭水化物」と「炭水化物とタンパク質を同時接種」の2つのグループに分けて、カロリーや血糖値などを調査した実験もあります(※関連

その結果が以下のようになります。

  • 体重の減り方は同じ
  • タンパク質を先に食べると、食後の血糖値が低下しやすくなっていた

ということで、タンパク質を先に食べようが後に食べようがダイエットには影響が無いことがわかります。

そして、重要になるのは「順番」ではなく「量」ですね。

タンパク質は多く摂ると食欲を抑えられるので、ダイエットにも効果があると言えます。

まあ血糖値が気になる方なら食べる順番は考慮したほうが良さそうですね。

まとめ:食べる順番ダイエットは痩せにくいので、普通にカロリー制限しよう

まとめ:食べる順番ダイエットは痩せにくいので、普通にカロリー制限しよう

ということで、食べる順番を気にするより、食べる量を気にしたほうが効果的なダイエットは行えそうです。

両方できるならしても良いと思いますが、そこまで効果が増えるわけではないので、血糖値が気になる方なら食べる順番を意識しても良いかもしれませんね。

以下、まとめです。

  • 野菜を最初に食べると、総摂取カロリーは減少するけど微々たるもの
  • タンパク質を先に食べてもカロリーは変わらないが、血糖値が低下しやすくなる
  • 糖尿病の人なら、血糖コントロールという意味で有効になりそう
  • ダイエットするならカロリー制限

こんな感じですね。

カロリー制限しつつ、適度な運動がダイエットの最適解

ただカロリー制限するのではなく、紹介するのはリーンゲインズのようなプチ断食ですね。

当サイトが紹介するダイエット法ならではおなじみの手法で、科学的根拠もある方法で、なおかつ楽。

以下に記事を貼っておきます。

関連:【ダイエット】体脂肪を落とす効率良い方法は「断食」です【詳しく解説】

僕も数十キロ痩せた方法でもあるので、試してみてくださいな。

また、炭水化物やタンパク質に関しての内容も、今回の記事と関連してるので、お時間ある時にチェックしてみてくださいな。

[st-card id=923 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

[st-card id=934 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

[st-card id=906 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

【体脂肪コントロール】この方法なら部分痩せが可能かもしれないという話【ダイエット】

【体脂肪コントロール】この方法なら部分痩せが可能かもしれないという話【ダイエット】

こんにちは、倉田です。

今までのダイエット界といえば「部分的に痩せるのは無理!」というのが当たり前だったんですが、それが覆りそうなデータがありまして、この方法なら部分痩せができるのでは?ということで紹介します。

二の腕とか、部分痩せをしたいと考えているなら必見です。

といっても、今回ご紹介する方法は可能性のことであって、確実に痩せる方法ではありませんのでご了承を。

[st-kaiwa6]ライター:倉田 善和

男性向けコスメの企画、開発や男性向け美容アドバイザーとして6年、IT分野の記事執筆、監修も務める。ダイエット指導歴3年。[/st-kaiwa6]

【体脂肪コントロール】この方法なら部分痩せが可能かもしれないという話【ダイエット】

【体脂肪コントロール】この方法なら部分痩せが可能かもしれないという話【ダイエット】

結論を言うと、筋トレしてから有酸素運動をすることで、体脂肪を部分的に落とせるかも?ということですね。

正直なところ、ぱっとしない感じではあるので、あくまで「可能性」ってことです。

実際の実験で部分痩せが確認された

データはローマ大学による実験。

参加者は普段運動を全くしない女性16人、年齢は27歳~35歳でBMIは25.4~29.6という範囲で、ぽっちゃりアラサー女子を選んだって感じですね。(※関連

実験は2週間行い、以下のグループに分けて行ったそうな。

  • 上半身の筋トレをしてアームサイクリング(上半身の有酸素運動)を行う
  • 下半身の筋トレをしてレッグサイクリング(下半身の有酸素運動)を行う

まあざっくりと言えば、上半身と下半身のトレーニングをそれぞれやって、どんな結果になるのか?というのを調査した内容になるわけですね。

トレーニングは週3回のペースで行い、筋トレメニューは以下の通り行ったとのこと。

  • 上半身…チェストプレス、ダンベルロウ、アームカール、トライセップマシーン
  • 下半身…レッグカール、アブダクターマシン、レッグエクステンション

要はジムで行える筋トレをやっている感じですね。僕もジムで筋トレするときはほとんどやってます。

で、有酸素運動は30分程度行って、カロリー制限は特に行わない方針で続けてもらったとのこと。

結果、以下の通りになったようです。

  • 両グループとも、同じくらい体脂肪が減少していた
  • 上半身トレーニンググループは、腕の体脂肪が最も減少した
    …腕:-12%、足:-4%
  • 下半身トレーニンググループは、太ももの体脂肪が最も減少した
    …腕:-2%、足:-11%

というように、上半身トレーニングなら腕、下半身グループなら足の体脂肪が一番減ったという結果になってました。

部分痩せできるんじゃね?って話なわけです。

ということで、実際の実験でも部分痩せは確認されているので、やってみたら行けそうですね。

血流が悪い部分なら、部分痩せができるかも?

ここは僕の仮説でもあるんですが、部分痩せしたいところって「二の腕」とか「足」、「お腹」とかだと思いますが、この3箇所は血流が他の部分と比べると悪いので、痩せにくいんですよね。

実際筋トレを行って体脂肪が動き始めたとしても、血流が悪いのでエネルギー消費されずに元の場所に戻るってことが多いので、なかなか痩せにくいわけです。

で、今回の実験みたいに、痩せたい部分を集中的に筋トレして有酸素運動することで、脂肪が上手く運ばれるのでエネルギー消費されるようになるのかな?と考えた次第です。

個人的に有酸素運動自体はダイエット視点から見ると否定的な立場なんですが、「お腹は出てるけど他は痩せてる!」「腕だけ妙に太い!」「ダイエットしたのに太ももが細くならない!」って人なら、この方法を試しても良いかもしれないですね。

有酸素関連の内容は以下の記事にて。

関連:【必読】ランニングはダイエットに効果が無い4つの理由【科学的根拠もあり】

ということで、血流が悪くて脂肪が付きやすい部位なら、筋トレ→有酸素運動の方法で部分痩せできるかもですね。

まとめ:気になる部分を徹底的にイジメるようにトレーニング!

まとめ:気になる部分を徹底的にイジメるみたいにトレーニング!

もし今回の方法で部位痩せするなら、以下のような手順が良いかと思います。

  • 痩せたい部位を適切な筋トレで鍛える(10回を3セットとか)
  • その後、その部位を動かすような有酸素運動を行う(30分程度)
  • 週2回~4回くらいのペースで

頑固な体脂肪はちょっと動かしたくらいで痩せるのは難しいかもなので、こんな感じに徹底的にイジメるようにトレーニングすれば、その部分も痩せてくれるかもしれないですね。

この方法は部分痩せしたい人限定の話

当然ながら、全身を程よく痩せたいって人には不向きな方法なので、部分痩せしたい人以外は、素直にカロリー制限を行いましょう。

以下のような記事もチェックしてみてね。

関連:【痩せます】朝ごはんを抜くダイエットが体脂肪に効果的な3つの理由

関連:【ダイエット】体脂肪を落とす効率良い方法は「断食」です【詳しく解説】

まあカロリー制限といっても、僕が勧めているのはリーンゲインズのようなプチ断食ですけれども。

カロリー計算とか難しいこともないので、続けやすいし体脂肪を効率良く落とせる方法でもあるので、メリットが多い方法でもあります。

また、単純に食事制限しても痩せにくくなる場合や、リバウンドしちゃうってときも多いので、そのあたりは以下の記事を参考に。

関連:【必読】カロリー制限ダイエットが失敗する理由を解説します

痩せる野菜や果物の中で一番最強なのは「ベリー類」です【太っている人ほど痩せる】

痩せる野菜や果物の中で一番最強なのは「ベリー類」です【太っている人ほど痩せる】

こんにちは、倉田です。

野菜や果物は健康によくダイエットにも効果的だと言われていますが、実際どの野菜や果物が痩せると言えるのか、という疑問に対して答えを出していこうと思います。

痩せる野菜や果物を知りたいという方は必見です。

まあ結論がタイトルに出ていますが、ベリー類が最強という結果になっています。

個人的にはブルーベリーをオススメしていて、ダイエットだけでなく腸内フローラの改善や、アンチエイジング効果など様々な効果が期待できるので、1日カップ1杯程度は食べていきたいところ。

[st-kaiwa6]ライター:倉田 善和

男性向けコスメの企画、開発や男性向け美容アドバイザーとして6年、IT分野の記事執筆、監修も務める。ダイエット指導歴3年。[/st-kaiwa6]

痩せる野菜や果物の中で一番最強なのは「ベリー類」です【太っている人ほど痩せる】

痩せる野菜や果物の中で一番最強なのは「ベリー類」です【太っている人ほど痩せる】

ということで結論は「ベリー類」ということです。

ちなみに言いますが、ベリー類が最強というだけで、他の野菜や果物でも痩せると言えるものはあります。

ベリー類を増やしただけで500g痩せた

過去に膨大な量のメタ分析がありまして、内容は24年分の133,468人の健康データを精査した研究となっています。(※関連

調査対象の野菜や果物は全部で70種類ありまして、それぞれの摂取量を変えて体重がどんな変化をしていくのかを調べた内容となります。

その結果、以下のことが分かったわけです。

  • すべての野菜、果物を増やすと、体重が減少傾向になった
  • 野菜の中では、アブラナ科野菜が最も痩せる結果となった(約400g)
  • 果物はベリー類が最も痩せる(約500g)
  • 豆類やコーン類は逆に体重が増える傾向に

他にも細かく見られていますが、野菜よりも果物の方が体重の減少傾向を確認しており、中でもベリー類が一番良かったという結論になっています。

減量できる数値自体は微妙なんですが、特に運動やカロリー制限をして無くても体重が減少傾向にあるというので、結構いい話かなと。

食物繊維が豊富で、グリセミックロードが低いと良いらしい

グリセミックロードは血糖値の上がりやすさの指標という感じなんですが、どうやら食物繊維が豊富でグリセミックロードが低い食品が良いらしく、ベリー類はこれに当てはまるとのこと。

また、以下のようなことが言えることになりました。

  • 野菜は、食物繊維と体重の変化に多少関係あり
  • グリセミックロードが低い野菜ほど体重は減少傾向にあるが、差はわずか
  • 果物は、食物繊維の量とグリセミックロードの関係はそこまで無い
  • 食物繊維が豊富、グリセミックロードが低い野菜だと、体重の減少の相関が見られた
  • 肥満な人ほど影響が大きい

という感じ。

ということで、太っている人ほど野菜や果物の食べる量を増やしていくと、体重が減りやすくなる、痩せやすくなるって結果になっているわけです。

で、野菜や果物なら何でも良いわけではなく、食物繊維が豊富でグリセミックロードが低いものが良いと。

野菜だとブロッコリーやキャベツ、大根、小松菜あたりが良さげ。果物はベリー類一択ですね。

まとめ:こまめにベリーやブロッコリーを食べよう!

まとめ:こまめにベリーやブロッコリーを食べよう!

たくさん食べればいいってことでも無く、カップ1杯程度増やす感じでOKかと。

ダイエットする時にカロリー制限や運動はできる限り避けたい!という方はこんな感じの方法からはじめて見ると良いかもしれないですね。

ブルーベリーはポリフェノールが豊富なのでアンチエイジングに最適

中でもブルーベリーは美味しいし健康にも良いし美容にも良い、ダイエットにも良いという、まさしくスーパーフードと言える食材です。

お店に行けば冷凍食品として売っていますし、コストコとかで安く手に入るのも魅力的。

ということで個人的にはブルーベリー推し。

  • 低カロリー
  • 食物繊維が豊富
  • グリセミックロードが低い
  • ポリフェノールが豊富
  • 抗酸化作用が強い
  • 心疾患リスクが低下

まあもちろん食べ過ぎはよくないものの、カップ1杯程度なら毎日食べていて損はなさそう。というよりメリットしかなさそうですね。

【ゆるいダイエット】食事で痩せるための「食べ物」を16種類紹介

【ゆるいダイエット】食事で痩せるための「食べ物」を16種類紹介

「どれを食べれば太らなくて良いの?」
「太りにくい食べ物って何?」

という疑問にお答えします。

ということで、今回のテーマは「食事で痩せるための食べ物を16種類」です。

どんな食事をすれば良いのかも解説していきますので、ダイエット中の食事内容を知りたい方、痩せるための食事を知りたい方は必見です。

ライター紹介

ライター:倉田 善和
男性向けコスメの企画、開発や男性向け美容アドバイザーとして6年、IT分野の記事執筆、監修も務める。ダイエット指導歴3年。

1.食事で痩せるための「食べ物」を16種類紹介

【ゆるいダイエット】食事で痩せるための「食べ物」を16種類紹介

ということで、ざっくりと紹介していきますね。

以下の通り。

たくさん食べたほうが良いもの野菜

フルーツ、豆類、ナッツ系、種子類、イモ類、穀物、ハーブ、スパイス、魚介類、エクストラヴァージンオリーブオイル

適度に食べたほうが良いもの

鶏肉、チーズ、卵、ヨーグルト

たまに食べたほうが良いもの

牛肉、羊肉、豚肉などの赤肉全般

上記の16種類になりますね。

ようは「地中海式ダイエット」で食べる食材達ですね。

痩せる食事なら、地中海式ダイエットが一番良い

地中海食といえば、地中海に隣接してる国に根付いている食事法になるんですが、要は野菜やフルーツ中心の生活で、ヘルシーな脂質やナッツ系も好んで食べるスタイル。

先程紹介した「食事で痩せるための食べ物」は以下の画像に基づいております。

まあ難しいことは無く、野菜やフルーツ系をたくさん食べて、オリーブオイルでお肉や魚を食べる!って食事内容が多いですね。

痩せる食事に必要な「定番食材」

ざっくり紹介します。

  • 野菜
    …ブロッコリー、ほうれん草、玉ねぎ、きゅうり、人参、トマト など
  • フルーツ
    …オレンジ、いちご、ぶどう、りんご、いちじく など
  • ナッツ
    …くるみ、アーモンド、カシューナッツ、マカダミアナッツ など
  • 根菜類
    …じゃがいも、さつまいも、ヤマイモ など
  • 豆類
    …大豆、いんげん豆、ひよこ豆、レンティス など
  • 魚介類
    …サーモン、イワシ、たら、カキ、エビ、ツナ、はまぐり など

  • …チキンやアヒルなどの鶏肉、赤み肉 など
  • 乳製品
    …チーズ、ヨーグルト など
  • ハーブ類
    …にんにく、ミント、ローズマリー、ナツメグ、バジル、シナモン など
  • 脂質
    …エクストラヴァージンオリーブオイル、アボカドオイル など
  • 飲み物
    …水、コーヒー、ワイン など

上記のような感じ。

特にこれだけ食べてればいい!ということではなく、幅広く美味しく食べるのがコツ。

基本的に調理はエクストラヴァージンオリーブオイルで行って、肉や魚を食べたり、野菜はサラダでも茹でても大丈夫かなと。

ちなみにワインは1日1杯がベスト。

科学的にも「ダイエットに効果的」と証明されている

ズバリ、減量効果についてのデータになります。

こちらは2016年の統計的レビューで、998件のデータをまとめたもの。

関連:Systematic Review of the Mediterranean Diet for Long-Term Weight Loss.

統計的レビューの結果

  • 地中海式の食事を続けると、1年で平均4.1~10.1kgのダイエット効果が期待できる
  • 1年以上継続すると、低脂肪ダイエットより効果が大きくなる
  • 糖質制限ダイエットより、誤差の範囲内だが、地中海式の方が優秀

ということが分かったようです。

どんなダイエットでも、長期継続できれば効果が同じってデータもあるので、地中海式の食事を続けても同じくダイエットできると。

関連:Comparison of weight loss among named diet programs in overweight and obese adults: a meta-analysis.

地中海式ダイエットは、アンチエイジングにも良い

アンチエイジングにも効果があるというデータもあり、「食事の採点表」を作成したデータが面白かったので紹介します。

これはエモリー大学での研究で、646人の男女を対象にして、地中海式ダイエットをしてもらい参加者たちの状態を調査したもの。

関連:Paleolithic and Mediterranean Diet Pattern Scores Are Inversely Associated with Biomarkers of Inflammation and Oxidative Balance in Adults

以下のことが分かったようです。

  • 地中海式に近い食事をすると、人間の炎症レベル、酸化レベルが激減する

ざっくりした結果ですが、本当は細かく採点されてます。まあどう見ても結果は上記になるので、簡単にまとめてます。

ということで、科学的にもダイエット効果は期待できる上にアンチエイジング効果もあると。これは続けるべきですね。

地中海式の食事は「痩せる食事」と言えるので、オススメです。

2.逆に食べては駄目な食べ物【食べると太る】

逆に食べては駄目な食べ物【食べると太る】

以下のとおりです。

  • 加工食品
  • 精製穀物(パン、パスタなど)
  • サラダオイル
  • マーガリン、バター

上記のような感じ。

加工食品やバターなどが太りやすくなるのは以前書いた記事のとおり。

関連:【必読】ダイエット中に危険な「太る食べ物」と「痩せる食べ物」を解説【体脂肪を落とす方法も解説】

簡単に言えば、食べ過ぎちゃうからできれば摂らないようにってことですね。

まとめ:痩せる食事をするなら野菜やフルーツ食べて、オリーブオイルで魚を食べる!

要は地中海式の食事が良いんですが、見出しの通り、野菜やフルーツを中心に食べて、オリーブオイルで魚を食べれば良いってことですね。

ざっくりしていて分かりやすい。複雑なことも無いので続けやすい。

最近のダイエット法は本当に複雑なんで、結局はやめちゃう人が多い気がする。

それなら簡単な方法で、辛くない方法が良いんじゃないかと思ってます。

その流れで紹介するなら、プチ断食も効果的なので以下の記事もチェックしてみてくださいな。

関連:【ダイエット】体脂肪を落とす効率良い方法は「断食」です【詳しく解説】

糖質制限しても、ダイエットにはあまり意味がない話

ダイエット中に糖質制限するのは、あまり意味がない話

こんにちは、倉田です。

ダイエット中の糖質制限って本当に効果があるんでしょうかね?って話をしていきますが、結論を言うと、そこまで効果があるわけじゃないんですよね。

ということを深堀りしていく記事になりますので、ダイエット中の糖質制限に疑問を持っている方は必見です。

ライター紹介

ライター:倉田 善和
男性向けコスメの企画、開発や男性向け美容アドバイザーとして6年、IT分野の記事執筆、監修も務める。ダイエット指導歴3年。

糖質制限しても、ダイエットにはあまり意味がない話

ダイエット中に糖質制限するのは、あまり意味がない話

糖質を増やしても制限しても、ダイエットに関連する項目で影響がほとんどないみたいで、ダイエット中に無理して糖質制限しても意味ないんじゃね?って結果になっています。

実際の研究でも、糖質制限がダイエットに影響なしという結果に

肥満成人91人の対象としたデータになりますが、要はカロリー制限中に糖質の量を変えたらどうなるのか?って実験を行ったわけですね。(※関連

この実験では、以下の4フェーズで行われ、それぞれ4パターンの食事も与えられています。

  1. 5週間、体型維持のためのカロリーを摂取
  2. 12週間、摂取カロリーを33%減らす(このときに4つのパターンで食事をしてもらう)
  3. 5週間、体型維持のためのカロリー摂取
  4. 好きな食事をしてもらう、12ヶ月の経過観察

で、フェーズ2のときの食事内容は以下の通り。

  1. 高GI値、中糖質
    糖質54%|脂肪29%|タンパク質16%|GI値80
  2. 低GI値、中糖質
    糖質54%|脂肪31%|タンパク質16%|GI値51
  3. 高GI値、高糖質
    糖質70%|脂肪14%|タンパク質16%|GI値86
  4. 低GI値、高糖質
    糖質68%|脂肪16%|タンパク質15%|GI値59

という感じ。

要は「高GI値と低GI値の食事をしたときに、糖質量によって差が出るのか?」って内容ですね。

ちなみにGI値は「食後の血糖値の指標」のことなので、食後にどこまで血糖値が上がるのかって内容も調査しております。

そして、その結果、ざっくりしたデータとなりますが、糖質制限とダイエットの関係性は以下の通りになるようです。

  • 体脂肪の燃えやすさに変化なし
  • 糖質を増やしても痩せ方は一緒
  • GI値が高くても低くても同じように痩せた
  • ダイエットの質に影響なし
  • リバウンドの影響も変わらず

という感じになっていまして、糖質制限をしたところでダイエットに影響が出ないことが判明。

いくら糖質制限をしたところで、痩せやすくなるわけでも太りやすくなるわけでもないんですな。

糖質制限は寿命を減らす可能性もあり【どれくらい糖質を摂れば良いのか問題】

糖質制限しても意味がないなら、どれくらい糖質を摂取しても大丈夫なの?って話になりますが、もちろんながら糖質を摂りすぎても駄目なわけですね。

こちらもデータがありまして、15,428人の食生活を25年間調査した観察研究で、食事内容や炭水化物の摂取量を調査して、総死亡率をチェックした内容となっています。(※関連

以下が調べた内容。

  • 食事内容
  • 炭水化物の摂取量と総死亡率の相関

そして、それに関しての内容と結論が以下のようになりました。

  • 糖質50%前後が死亡率が最も低い
  • 糖質が少なすぎる、多すぎても死亡率が上がる
  • 50歳くらいの人が50%の糖質を摂取し続けると、低糖質より寿命が4年上昇、高糖質と比べても1年長くなる

という感じになっていますので、糖質を摂取するにも50%を目指せば良いと。制限し過ぎもよくないってことが分かっています。

何事もバランスが大事なわけですね。

話題:104歳になっても、1日3回はドクターペッパーを飲む女性もいる

糖質制限しても過剰摂取しても寿命が縮まるって結果になったわけですが、アメリカにはドクターペッパーという炭酸飲料を毎日3回飲み続けても104歳まで生きている女性がいるということで、以前ニュースで話題になったことがあります。(※関連

こちらの女性はテキサス州に住むエリザベス・サリヴァンさんという方で、「最高のドクター(医者)はドクターペッパーだ」ということを話しています。

医者はみんなドクターペッパーではなくコーヒーを飲めと言っていたらしいですが、忠告してきた医者の方が先に亡くなって…という若干ブラックジョークのような会話も行っているほど、かなり元気に過ごされているようです。

1日3本のドクターペッパーが長寿の秘訣かと言われたらそれはわからないんですが、無理に制限する必要はないんですな。

まあこれがダイエットに結びつくわけでもないんですけども、面白い話題なので紹介しました…。

結論:無理に糖質制限せず、自然と食欲を減らすようなカロリー制限ダイエットが良い

当サイト(Medical IT Link編集部)では繰り返し言っていますが、ダイエットするならカロリー制限!加えて「自然と食欲を減らす」ということを目標に言っているわけであります。

無理やり食べる量を減らすとストレスが溜まって、そのストレスで暴飲暴食になるって悪循環もありますので、自然と食べる量が減らせたらそれが良いわけです。

その方法として「朝にタンパク質を摂る」とか「プチ断食をする」など様々な方法がありますので、以下の記事もチェックしてみてくださいな。

関連:【女性向け】プロテインを朝飲むとダイエットに効果的という話【いつ飲むか】

関連:【必読】タンパク質を多く摂るダイエットは最強です【必要摂取量も紹介】

関連:【痩せます】朝ごはんを抜くダイエットが体脂肪に効果的な3つの理由

また、カロリー制限はやり方を間違えるとリバウンドのリスクが急上昇します。それを回避する手段も以下の記事にあります。

関連:【必読】カロリー制限ダイエットが失敗する理由を解説します

【ダイエット】早食いが太るのは本当だった話【ゆっくり食べよう】

【ダイエット】早食いが太るのは本当だった話【ゆっくり食べよう】

こんにちは、倉田です。

今回は「早食い」についてのテーマでお話をしていきますが、結論を言うと、早食いをすると太りやすくなります。

科学的証拠もあり信頼性が高い内容となりますので、ダイエッターの方は必見です。

僕も昔は早食いで、体重も一時は90kgでしたが、日々のダイエットや食事スピードに気を使って続けていくうちに、数年で66kgまで落とすことに成功しています。

体験談になりますが、ゆっくり食べたほうが食べすぎなくて済むので、ダイエット中はゆっくり食べたほうが良いかなって思っていたりします。

[st-kaiwa6]ライター:倉田 善和

男性向けコスメの企画、開発や男性向け美容アドバイザーとして6年、IT分野の記事執筆、監修も務める。ダイエット指導歴3年。[/st-kaiwa6]

早食いが太るのは本当だった話【ゆっくり食べよう】

早食いが太るのは本当だった話【ゆっくり食べよう】

要は、ゆっくり食べたほうが満腹感が得やすいので太りにくい、早食いをすると脳の満腹シグナルが効かなくなるので太るってことですね。

昔から「早食いは太るぞ!」みたいな言われ方をしていましたが、これが事実ってことです。

早食いの人は、低速で食べる人と比較すると2.15倍も太りやすいことが判明

この結果は、九州大学の研究科が行った統計的なレビューとメタ分析による結果になりまして、「食事する速さと肥満の関係性」を調査した内容となっています。(※関連

観察研究なので、精密性については若干弱いデータではあるんですが、概ね正しい内容かと思います。

その結果が「早食いをすると、ゆっくり食べる人と比べるとオッズ比は2.15」になったと。つまり2.15倍太りやすくなるってことですね。

他にも様々な研究データがありましたので、ざっと以下にまとめてみました。

  • 肥満体型な人のうち44.8%が「早食い」をしていた(※関連
  • 肥満体型な人のうち29.6%が「普通のスピード」で食べていた(※関連
  • ゆっくり食べる人ほど、肥満になりにくい(42%)
  • 食習慣は肥満、BMI、ウエストサイズに影響を与えるので、食事スピードを遅くすれば肥満の解消に役立つ(※関連
  • 早食いをしていると7年以内に4.5kgほど太る
  • 早食いの人は、ゆっくり食べる人と比較すると、1.1kg太りやすい結果になった

というように、食事スピードと肥満の関係性については様々な研究データがありますが、どれも「早食いは太る」って結果になっているわけですね。

早食いで太るのは「噛む回数が少ないから」かもしれない

早食いでなぜ太るのかって話になるんですが、要は噛む回数が減るから太るんじゃね?って説が一番濃厚な様子です。

が、正確に言えば、早食いで太る理由はハッキリしてないのが現状ですが、仮説ならいくつかありまして、それらを紹介します。

以下の4つです。

  • 噛まずに食べることでヒスタミンが働かなくなり脂肪燃焼が低下する
  • 早食いのせいで総摂取カロリーの認識が追いつかず、食べすぎてしまう
  • 脳の満腹シグナルが効かなくなる、満腹感を実感する前に食べまくってしまうため
  • 空腹感を減らすホルモンの分泌量が減る

上記のように、今までも言われていた内容もありますが、つまり満腹感とか空腹感に関係していたり、脂肪燃焼率が低下するのでは?と言われているわけです。

繰り返しになりますが、どれも仮説の話です。

また、早食いと実験の参加者の食事量を見ても、そこまで関係性があるのか?って疑問も出ていまして、早食いだから摂取カロリーが増えるとは限らないという結論も出ています。

ということで、早食いでなぜ太るのかは「噛む回数が少なくなってヒスタミンが働かなくなり、脂肪燃焼が低下する」って説が一番濃厚かなと言われております。

結論:早食いで太るのは間違いないので、よく噛んで食え!

もうこれに限りますね。よく噛んで食べましょう。それが一番良い方法です。

早食いをするから摂取カロリーが増えるわけじゃないし、むしろ早食いで太るのは噛む回数が減って脂肪燃焼率が下がるからという説が濃厚だからですね。

じゃあどれくらい噛むと良いの?と言われていますが、これも明確な数値は出ていません。

僕の個人的な見解だと、口の中の食べ物が完全にペースト状になってから飲み込むのが良いのかなと思っていますので、口に含んで約30回くらいは噛み砕いた方が良いかなと思っていたりします。

痩せている人が続けている習慣に「食事スピード」が関係していた件

痩せている人が続けている習慣に「食事スピード」が関係していた件

これも「早食いは太る」って話に直結するんですが、ずっと痩せ続けている人が意識してない状態でもずっと続けている習慣として「ゆっくり食べていた」なんて研究結果もあったりします。

痩せ続けている人は3つの習慣があった

以下の3つです。

  • 痩せ体型の人は、食事スピードが非常にゆっくりだった
  • 夕食後に間食をしていなかった
  • 寝る前の食事を行っていなかった(2時間前)

上記も九州大学の研究になるんですが、これは59,717人の日本人を6年間観察研究し、参加者は40歳以上の糖尿病診断を受けた人となっております。

ということで日本人のデータなので、凄く参考になりますね。

調査した内容は「食べるスピード」「寝る何時間前に食事を終わらせていたか」「夕食後の間食を行っているか」「朝食を食べているか」といったことのようで、あとはBMIとかウエストサイズを比較してみたらしい。

ということで、ここでも早食いは太るって結論になっているようで、もし太っている人で早食いの自覚があるなら、今からゆっくり食べてみることをオススメいたします。

朝食を抜くと摂取カロリーが減って体脂肪が減ることも判明

まあこれは以前の記事にも書いた通りの内容になりますが、要は朝食を抜くとプチ断食状態(リーンゲインズ)となるので、筋肉量を落とさずに体脂肪だけを落とすことができるので、ダイエットにはオススメですよってことです。

それらの解説は、以下の記事たちを見ていただくとわかるので、是非チェックしてみてくださいな。

関連:【ダイエット】体脂肪を落とす効率良い方法は「断食」です【詳しく解説】

[st-card id=800 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

関連:【痩せます】朝ごはんを抜くダイエットが体脂肪に効果的な3つの理由

ということで以上になります。

早食いは太るというのは間違いなく事実なことなので、ダイエッターの方もそうですが、標準体型の人も同じく、ゆっくり食べるように心がけて、食事を楽しんでみてはどうでしょうか?

【必読】シナモンでダイエットを行うと痩せる可能性あり【血糖値にも影響有り】

【必読】シナモンでダイエットを行うと痩せる可能性あり【具体的に解説】

こんにちは、倉田です。

最近になってシナモンがダイエットに効果があるんじゃないかという説が浮上していまして、科学的にも分析されて証明されてきています。

ということで、今回は「シナモンがダイエットに効果的」というテーマで解説を行います。

お菓子とかによく使われるスパイスというイメージが強いので、どうにもシナモンがダイエットに効果があるとは思えないというのが正直なところですが、実際、科学的なデータもあり証明されているので、結構優秀なスパイスなんですね。

ただ、シナモンでダイエットすることは注意点もあるので、それを含めてこの記事では詳しく解説していきますね。

[st-kaiwa6]ライター:倉田 善和

男性向けコスメの企画、開発や男性向け美容アドバイザーとして6年、IT分野の記事執筆、監修も務める。ダイエット指導歴3年。[/st-kaiwa6]

【必読】シナモンでダイエットをすると体脂肪が燃える可能性が出た話

【必読】シナモンでダイエットをすると体脂肪が燃える可能性が出た話

まだ可能性の話ですが、実際の研究では「体脂肪が燃える」という証拠がいくつも出てきているのが現状です。

ダイエットの決め手となるサプリが無い中、脂肪が燃える可能性がある食品というのはありがたいですね。

シナモンにある「シンナムアルデヒド」が影響している

シンナムアルデヒドというのは「シナモンの香りがする原因の物質」のことで、シナモン樹皮から得られた精油だと、訳50%のシンナムアルデヒドが含まれていると言われています。(※関連

このシンナムアルデヒドに関する研究データもいくつかありまして、以下のようなことが判明しています。

  • 2017年、シンナムアルデヒドは脂肪細胞に働きかけ、熱生産を向上させる作用が確認された(※関連
  • 2019年、シナモンのダイエット効果をメタ分析にて調査、体脂肪の減りやすさが向上(※関連

というように、シナモンが体脂肪に影響して、減量サプリメントとして活用できるってことが分かってしまったということで…。

じゃあシナモンは積極的に取り入れたほうが良さそう?というのが筆者の感想であります。

肥満体型じゃないとシナモンの効果は薄いかも

先程の2019年に行われたメタ分析では、1日に1.5gのシナモンを摂取して実験が行われているようですが、その結果として以下のことが判明しています。

  • BMI30以上の人ほど、シナモンで体重が減少傾向になりやすい
  • 50歳以下の方が、シナモンで体脂肪が減りやすい

ちなみにメタ分析で行われたトータルの参加者は786人で、全員がBMI27.6~33.6と肥満体型の方、実験期間は最大で16週間になりますので信頼性も高い内容です。

細かい結果を言いますと、シナモンを飲むことで平均1.02kgのマイナス、BMIは0.51の減少、ウエストは2.4cmのマイナス、体脂肪は1.02%のマイナスという内容です。

数値だけ見ると微妙かもしれませんが、シナモンを摂ってるだけで減少傾向になっているので、割と良い結果なのかも?と思っております。

ただ、メタ分析では肥満体型の人しか対象になっていないので、標準体重の人が飲んだところで肥満に影響が出るのかという疑問は出てきますね…。

結論:シナモンダイエットは「1日2gを摂取して約3ヶ月継続」で様子見

今回のデータに基づいた結論は、1日2gのシナモンを3ヶ月位は継続して様子を見ましょうってことになります。

シナモンがダイエットに効果があるということは科学的なデータもありますし、多少影響が出るんじゃないかと。

ただし、半年以上の長期的なダイエットには向かない方法だということもお伝えしておきます。

なぜかと言うと、シナモンに含まれているクマリンという成分は肝臓に悪影響を及ぼすことが過去に判明しているからですね。

ですので、シナモンでダイエットをするならとりあえず3ヶ月!ダイエットに成功しても失敗しても3ヶ月で区切りを付けておきましょう。

シナモンには血糖値のコントロールに最適【ダイエット効果を間接的に生み出す】

シナモンには血糖値のコントロールに最適【ダイエット効果を間接的に生み出す】

シナモンには糖尿病の原因である「インスリン」の感受性を改善する効果が確認されていまして、血糖値のコントロールに最適という事実もあります。

血糖値はダイエットに深く関わりがありますので、血糖値を急激に上げないという目的で摂取しても良さそうですね。

動物実験では評価が高い成果が出ている様子

活力アップという視点で見ると、シナモンは動物実験では良い結果が出ています。

例えば以下の通り。

  • 2013年、マウスに体重1kgに対し75mgのシナモンを与えたら、30日でテストステロンが134%向上(※関連
  • 2010年、マウスに体重1kgに対し500mgのシナモンを与えたら、65日でテストステロンの上昇、高血糖が改善(※関連

よくあるマウス実験というやつですが、どれもホルモン関係の成果が出ております。

高血糖とインスリン抵抗性は「テストステロン」が低下する作用がありまして、テストステロンは人間の活力に影響するホルモンなので、低下するとメンタルレベルの低下や不安感の上昇など、様々な悪影響が出ます。

上記の実験が人間でも影響が出るのであれば、シナモンを摂取するだけで血糖の調節が行われ、テストステロンの分泌もサポートしてくれるということになります。

血糖値がコントロールできれば、脂肪の蓄積を予防することに繋がる

血糖値が急激に上がると脂肪の蓄積が始まるので、言わばダイエットの天敵です。

また、血糖値が急激に上がっても良いことは殆どないので、できれば適切にコントロールしておきたいところ。

そんなときにシナモンが有効ではないか、ということで、今回の記事は終わります。

あくまで高血糖の予防策として使用する方がよく、繰り返しになりますが、ダイエット目的なら3ヶ月を目処に挑戦してみてくださいな。

[amazonjs asin=”B0019LRY8U” locale=”JP” title=”シナモン樹皮 (600mg) 240カプセル(海外直送品)”]

【ダイエット】最強の酪酸菌サプリを紹介します【科学的根拠あり】

【ダイエット】最強の酪酸菌サプリを紹介します【科学的根拠あり】

こんにちは、倉田です。

今回は「最強の酪酸菌サプリ」というテーマでお話していきますが、あくまで僕が最強だと思っている酪酸菌の紹介となります。

ダイエット時には腸内環境の改善が最も効果的と言われていますので、もし酪酸菌のサプリを試したいとお考えの方は必見です!

腸内細菌についての重要性は、以前書いた記事だと美容関係のものばかりだったのですが、実は腸内フローラを改善することはダイエットにも大きく繋がるわけでして、むしろ痩せないと悩んでいる人は腸内環境を見直すべきでは?とも言えるんですよね。

関連:【断言】肌荒れを治すには「コスメ」より「プロバイオティクス」がオススメ

ちなみに、酪酸菌サプリだけを飲んでいるだけで良いわけでは無いので、ダイエットを続けていくならそれなりに食べるものやサプリを気遣うのは当然でして、以下に紹介しているサプリも一緒に飲んでいると良いかなと。

関連:【必読】毎日飲むサプリ超おすすめ7選を紹介します

ということで酪酸菌サプリを紹介していきますが、何故酪酸菌が良いのかも説明を行っていきます。

[st-kaiwa6]ライター:倉田 善和

男性向けコスメの企画、開発や男性向け美容アドバイザーとして6年、IT分野の記事執筆、監修も務める。ダイエット指導歴3年。[/st-kaiwa6]

【ダイエット】最強の酪酸菌サプリを紹介します【科学的根拠あり】

【ダイエット】最強の酪酸菌サプリを紹介します【科学的根拠あり】

個人的に最強だと思っているのはラクビ(lakubi)です。

ラクビ

LAKUBI (ラクビ) 31粒

1700万個の酪酸菌、オリゴ糖やビフィズス菌、植物性キトサン、サラシアエキスなどが使用されたダイエットサプリ。

[st-mybutton url=”https://medical-it-link.jp/lakubi-link2″ title=”詳しくはコチラ” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”90″ fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on”]

意外にも僕が選んだのは日本のサプリだったりします。

まあこのサプリも「飲むだけで痩せる」とは言い切れないのも事実なのですが、このサプリのいいところは「酪酸菌が1700万個使われていること」です。

他にも植物性の食物繊維であるキトサンや、善玉菌を増やす役割があるビフィズス菌やオリゴ糖など、腸内環境を整えるための成分が豊富に使われているので、腸内フローラを改善するという視点から見ると最高のサプリだったりします。

食物繊維がダイエットに重要なのも以前書いた記事の通りですが、なんでラクビが良いのかというと、要は酪酸菌サプリって「食欲抑制」に大きく貢献してくれるので、ダイエット効果が高いと言われているわけですね。

関連:【必読】ダイエット中に危険な「太る食べ物」と「痩せる食べ物」を解説【体脂肪を落とす方法も解説】

腸内細菌が減ると食欲が増幅する

近年では、腸内細菌が減ってしまうと食欲が増えるって研究も実際にありまして、要は「人の食欲は腸内細菌によってコントロールされている」ことが判明しているわけです。

例えば2014年にニューメキシコ州にて行われた研究だと、「食欲の問題はセルフコントロールや意志力ではなく、腸内細菌が問題となっている可能性がある」としていて、腸内細菌は人間の食生活を操っていて、人間の健康と何ら関係が無いとしています。(※関連

また他にも、以下のような実験があります。

  • 2007年 毎日のようにチョコが食べたくなる人の腸内細菌は、チョコの誘惑に強い人とは全く異なった腸内細菌を持っている(※関連
  • 2013年 普段の食事内容で腸内細菌は簡単に変化する(※関連

と言った感じで、腸内細菌と食欲には大きな関わりがあるってことが分かっています。

腸内細菌は脳に直接命令を出して、脂肪とか砂糖などを食べたくさせるように働きかけるんだとか。

酪酸菌も腸内細菌の1つで、人間の食欲とは大きな関わりがあります。

食物繊維は腸内細菌のエサになったり、食欲抑制を働きかける役割がある

ラクビには食物繊維も使われていますが、食物繊維は以下のような役割があります。

  • 食物繊維が腸内細菌の量を増やす(食物繊維をエサとして、最近が繁殖する
  • 腸内の最近が食物繊維を分解し、腸を守るための脂肪酸を作る
  • 腸の働きそのものを刺激する(※関連

腸内環境を整えるなら食物繊維も重要だということが分かったかと思います。

本当なら普段の食事で補うのが一番良いのですが、野菜を食べまくる生活って思った以上に辛いのが現実…。(僕はそう思ってます)

食物繊維ならサプリとかで手軽に取れるので、普段の食事に加えてサプリを飲んだほうが効率が良いと考えております。

オリゴ糖は他の食物繊維よりも腸内細菌を増やす作用がある

ラクビにもオリゴ糖は使用されていますが、腸内細菌が増えやすい食物繊維を調べたらオリゴ糖がすごいってことが判明している実験もあります。(※関連

この実験はロンドン大学の内容で信頼度が高い64件の論文をメタ分析した内容となっていますので、信頼度は非常に高い。

ということで、食物繊維の他にオリゴ糖も摂取したほうが腸内環境を整えることに繋がるからよくね?ってことですな。

まとめ:腸内環境を効率よく整えるラクビは最強!

まとめ:腸内環境を効率よく整えるラクビは最強!

つまり僕がラクビを勧めているのは以下の要因があるからです。

  • ラクビには腸内環境を整えるための成分が豊富に使われている
  • 酪酸菌が1700万個など、細菌自体も使われている
  • 細菌のエサとなる食物繊維、オリゴ糖が使用されている。
  • 腸内環境が整えられると、食欲抑制効果が働き、食べる量が減る(重要)

食欲抑制に働きかけるため、最高のダイエットサポートサプリ

効率よく体脂肪を燃焼して痩せていくには、食欲抑制は必ず必要になります。

その重要性は以前の記事に書いた通りになりますが、無理やり食欲を抑えようとすると、そのストレスで逆に食欲が出てくるという現象が起きますので、自然と食欲が減る状況を作り出す必要があるわけです。

そのためには腸内環境を整えることが必須。
腸内環境が悪いと肌にも影響が出ますし、あらゆる病気の原因になったりと、まさに「万病の元」。
ということで、腸内環境の問題が一気に解決できるラクビは最強ということで、僕はダイエットサプリの中ならオススメしているサプリです。

…まあ飲むだけで痩せると勘違いしてるユーザーが多くてレビューは最悪なんですが、、

あくまで「ダイエットサポートサプリ」なので、是非日頃のダイエットに取り入れてみることをオススメします。

ラクビ

LAKUBI (ラクビ) 31粒

1700万個の酪酸菌、オリゴ糖やビフィズス菌、植物性キトサン、サラシアエキスなどが使用されたダイエットサプリ。

[st-mybutton url=”https://medical-it-link.jp/lakubi-link2″ title=”詳しくはコチラ” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”90″ fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on”]

【必読】カロリー制限ダイエットが失敗する理由を解説します

【必読】カロリー制限ダイエットが失敗する理由を解説します

倉田です。こんにちは。

ダイエットするならカロリー制限は基本中の基本なのですが、いざカロリー制限を続けていると突然痩せなくなることってありますよね?

これが主に「カロリー制限の闇」なわけでして、ダイエットが失敗する理由でもあります。

ということで今回は、カロリー制限ダイエットが失敗する理由を解説していきますので、ダイエッターの方は必見です。

ライター紹介

ライター:倉田 善和
男性向けコスメの企画、開発や男性向け美容アドバイザーとして6年、IT分野の記事執筆、監修も務める。ダイエット指導歴3年。

【必読】カロリー制限ダイエットが失敗する理由を解説します

【必読】カロリー制限ダイエットが失敗する理由を解説します

体質や環境によって失敗する理由は様々ありますが、一番の理由は「基礎代謝が低下すること」にあります。

正確に言うなら安静時の代謝が下がってしまうので、基礎代謝で体脂肪が燃えなくなるってことです。

2週間サイクルダイエットが効果的【近年の研究で明らかに】

ずっとカロリー制限をするより、途中休みながらダイエットしたほうが効果的だということが明らかになったわけです。

これは実際の研究で明らかになったことで、オーストラリアにあるタスマニアという大学などで実験された内容で、肥満男性47人の参加者に対し、以下の2つのグループに分けて実験を行いました。(※関連

  • 維持カロリーから30%減らした食事を16週間継続
    …通常のダイエット
  • 維持カロリーから30%減らした食事を2週間→維持カロリーの食事を2週間というサイクルを30週間繰り返す
    …断続ダイエット

上記のようにダイエットを行ったそうです。

つまり一方は通常のダイエットで、もう一方は2週間サイクルでダイエットを行っているということですね。

結果は以下の通りに。

  • 断続ダイエットでは通常のダイエットよりも8kgも多く体重が減っていた(平均)
  • どちらのグループも筋肉量の減り具合は同じ

ということで、普通に毎日カロリー制限を長期的に続けるよりも、「カロリー制限の休止期間」を設けたほうがダイエット効率が高いということが判明したわけですね。

また、今回の実験で「カロリー制限をすると安静時代謝が低下する」ことも判明していて、脂肪が燃焼されにくい体になってしまうんだとか。

ただし、今回の実験で分かったように、一時的にカロリー制限を休止していると代謝がもとに戻るということで、ダイエット中にブレーキをかけることで、カロリー制限を成功に導いてくれる…そういう話ですな。

無理のないカロリー制限が、確実に痩せ体質になることができる

当サイト(Medical IT Link編集部)では以前からプチ断食を勧めていまして、要はリーンゲインズのようなファスティングをすると、ダイエットが効果的にできるので良いってことですね。

関連:【ダイエット】体脂肪を落とす効率良い方法は「断食」です【詳しく解説】

僕がメインで行っているダイエット方法ですね。

この手法でも2週間に1日だけ「どか食いする日」を決めてやっていて、こちらも基礎代謝の低下を防ぐために行っている手法であります。

ということで、どんなカロリー制限であれ、基礎代謝が下がってリバウンドのリスクが上昇しますので、それなら無理のないカロリー制限のほうが良いよね?という話です。

カロリー制限をスタートすると、3日で代謝が落ち始める

2015年に行われた実験では、32人の通常体型の男性を対象に「過食とカロリー制限を交互に行った」実験がありまして、こちらの結果では、カロリー制限から3日後に代謝がガッツリ落ちたというデータとなっております。(※関連

ちなみに、信頼度がかなり高い実験です。

以下の3つのフェーズでダイエットを進行していました。

  • 過食期(OF):普段の食事量+50%上乗せ(1週間)
  • カロリー制限期(CR):普段の食事量-50%減少(3週間)
  • リフィード期(RF):普段の食事量+50%上乗せ(2週間)

まあ数週間おきにカロリー摂取量を変化させて様子を見たって感じの実験内容です。

そしてその変化グラフが以下の画像になります。

カロリー制限をスタートすると、3日で代謝が落ち始める

上から1段目が体重の変化、2段目が脂肪量の変化、3段目が筋肉量の変化ということになっています。

カロリー制限を開始したのは2週間目からですが、徐々に脂肪や筋肉、体重も減ってきていることが分かりますね。

そして食事量を再び戻した途端に、3つ全部がリバウンドを開始しています。2週間で既にもとに戻っている事実。

ということで、短期間ダイエットの代謝の低下については、長期的な体重や体脂肪増減には対して影響が無いってことが分かります。

そして、カロリー制限開始後3日には代謝が落ち始めてるってことも判明。

加えて、カロリー制限によって活力系ホルモンが減少傾向にあり、特にレプチン(食欲を抑制するホルモン)に至っては44%が低下する内容となっていまして、カロリー制限は上手く行わないとリバウンドに大きく影響することも判明しております。
まあ要するに、カロリー制限すると代謝が落ちるので、ダイエット失敗する理由はこれですね。

カロリー制限時にやるべき2つのこと

以下の2つです。

  • タンパク質量を多くする(プロテインの摂取)
  • 筋トレ、有酸素運動は続けていく(軽い内容でOK)

カロリー制限によって低下していく代謝については、残念ながら最適解が無いのが現状です。

今のところできるのは上記2つという感じなので、根気よく続けてまいりましょう。