未分類

【解説】ソイプロテインとホエイプロテイン、ダイエットに良いのはどっち?

【解説】ソイプロテインとホエイプロテイン、ダイエットに良いのはどっち?

ソイプロテインとホエイプロテインなら、どちらがダイエットに効果的なのでしょうか。

以前、以下のようなツイートを行いました。

https://twitter.com/link_medical/status/1214786443161133057

「ソイプロテイン」と「ホエイプロテイン」はどちらが良い?という質問を頂きました。

結論を言うと「ホエイプロテイン」の方が良さそう…という感じ🥰

正直、筋力や筋肉量の増え方はどちらのプロテインを飲んでも同じ。

ただ、ソイプロテインは「男性ホルモンが下がる」懸念があったりします😅

ということで、筆者としては「ホエイプロテイン」をおすすめしますが、この記事では、この理由やプロテインの効果、効率が良い飲み方などなど、上記ツイート内容を深堀りしていきます。

ライター紹介

ライター:白崎 璃緒

美容アドバイザー歴6年のアラフォー女。化粧品検定1級取得、美容記事執筆、監修や美容指導など。趣味はカメラ。ダイエット指導歴2年。

1.ソイプロテインとホエイプロテイン、ダイエットに良いのはどっち?

1.ソイプロテインとホエイプロテイン、ダイエットに良いのはどっち?

冒頭でも紹介しましたが、「ホエイプロテイン」の方が良いです。

ただ、ソイプロテインとの効果の差は微々たるものでして、ホエイプロテインを選んだ基準は「効果」よりも「安全面」です。

ホエイプロテインとは?

  • 別名「乳清タンパク質」
  • チーズ製造の副産物、乳清から単離されたタンパク質の混合物
  • 牛乳アレルギーの人は飲めない

ソイプロテインで男性ホルモンが低下する恐れ

実は、ソイプロテインで男性ホルモンが低下する可能性があるという事実は、科学界では割と常識でして、様々なデータも存在しています。

ソイプロテインとは?

  • ソイプロテインは大豆から分離されたタンパク質
  • 和名「大豆タンパク質」
  • 英訳すると「ソイプロテイン」


例えば、2013年にコネチカット大学で行われた実験では、筋トレ歴数年以上の20代前半の男性に、次のような実験を行いました。(※関連

  • 3パターンに分けて実験
  • パターン1:ホエイプロテインアイソレートを20g摂取、その後筋トレ
  • パターン2:ソイプロテインアイソレートを20g摂取、その後筋トレ
  • パターン3:プラセボ効果、マルトデキストリンを20g摂取、その後筋トレ
  • 筋トレは参加者が1回で上げられる最大重量の約80%の負荷を10回×6セット
  • 14日後に血液を採取し、どのような変化があるのかを調べる

という感じ。サンプル数が10と少々少ないんですが、これが現状で一番良い研究デザインをしているかなと思ったのでチョイスしました。

で、上記実験の結果が次のとおりになります。

  • ホエイプロテインを摂取したグループ:コルチゾールの反応が良くなった
  • ソイプロテインを摂取したグループ:血中テストステロンが低下
  • プラセボ効果グループ:変化なし、プロテインより効果が薄い
  • ホエイプロテインのほうが筋トレのストレスが緩和することが判明
  • ソイプロテインはホエイプロテインより筋肉が増えにくいかも?

という感じになりました。重要なのは上記2番目の結果でして、なんとソイプロテインを摂取したらテストステロンが低下したという驚きの事実が発覚したわけです。

繰り返しになりますが、サンプル数が少ないので断言はできない内容です。ただ、豆類に多く含まれるイソフラボンはテストステロンが下がるという結果になった実験は他にも沢山ありますので、どうなんだろう…と。

テストステロンとは?

  • 男性ホルモンの1種
  • 別名「若返りホルモン」
  • 筋肉の増大、骨格の発達などに作用する
  • 下がるとネガティブ感情が増える、睡魔がひどい、感情が薄れる、朝が辛い、持久力の低下など、様々な悪影響がある

ということで、ソイプロテインは男性ホルモン(テストステロン)が下がる恐れがあるということで、それならホエイプロテインのほうが良いかなと思います。

ホエイプロテインのメリットは凄まじい

箇条書きにて、ホエイプロテインのメリットを紹介します。次の通り。

  • 筋肉がつきやすくなる、遺伝子レベルで筋肉量が増える
  • 食欲が減る
  • 脂肪がガンガン減る
  • アンチエイジング効果(体の酸化防止)
  • 中性脂肪の低下
  • インシュリン感受性改善
  • 悪玉コレステロールの現象
  • 高血圧の改善
  • 脂肪肝の改善
  • ストレス解消
  • 免疫力の改善
  • うつ病の改善

などがあります。すべて科学的に証明されたことでして、上記を見る限りでは最強のダイエットドリンクと言えます…。マウス実験の段階ではありますが、「寿命が伸びる」なんて効能も見つかっています。

まあとにかくダイエット効果や筋肉への効果は素晴らしく、男性だけでなく女性の方も毎日飲むことをおすすめしたいですね。

補足:ライスプロテインはどうなのか

ソイプロテインとホエイプロテインを比較していますが、ここでライスプロテインについても少し触れたいと思いますが、結論を言うと「アレルギー体質ならライスプロテインは価値がある」と言えます。

ライスプロテインとは?

  • 発芽玄米からとったタンパク質
  • アレルギー物質がほぼ無いことが特徴


各プロテインのDIAAS(消化性必須アミノ酸スコア)を比較したデータがありますので、それを紹介します。(※関連

次の通り。

  • ライスプロテイン:0.37
  • ソイプロテイン:0.9
  • ホエイプロテインアイソレート:1.09
  • ホエイプロテインコンセントレート:0.97
  • ピープロテイン:0.82

という感じでした。ライスプロテインのスコアは絶望的に低いですね。


スコアが悪いのでライスプロテインが悪いかと言われるとそうではなく、ライスプロテインは大量に摂取すればホエイプロテイン並みに効果が期待できることもわかっています。

  • 2013年:ホエイプロテイン、ライスプロテインを48g飲んでもらい、週3の筋トレを実践。両グループに目立った差は確認されなかった(※関連

上記が実際のデータ。1日に48gも飲んでいますので、4杯くらいは最低でも飲んでますね。

ただ、上記データでは参加者の1日の総カロリーのうち25%をタンパク質にしていますので、そこへ48gのプロテインを摂取したら、どんな製品のプロテインでも効果は出そうだなと、個人的に思っております。


ライスプロテインについて、次のようにまとめます。

  • ライスプロテインは、アレルギー体質の人におすすめ
  • 良い効果を得るには1日に大量摂取する必要はあるが、ホエイプロテインと同等の効能が得られそう
  • ホエイプロテインより質は低いので、普通の人が選択するプロテインとしては力不足

という感じです。アレルギー体質の方以外なら選択肢には入らないかと思います。

結論:ダイエットに良いのはホエイプロテイン

ということで、ソイプロテインとホエイプロテイン、ライスプロテインも少し比較対象に入れましたが、結局はホエイプロテインが一番最強ということが言えるわけですね。

安全面で見ても、メリットの多さを見てもホエイプロテインの方が断然良いので、ダイエットであればホエイプロテイン一択です。

ただ、筋力や筋肉量に影響する効果に関しては、ソイプロテインとホエイプロテインは同じくらいなので、ソイプロテインは駄目!というわけでも無いです。

しかも、ホエイプロテインはアレルギー体質の方は飲めませんので…。ただ、その場合でもソイプロテインじゃなくてライスプロテインの方が良いかなと思っています。

2.おすすめのホエイプロテインを3つ紹介

2.おすすめのホエイプロテインを3つ紹介

おすすめのホエイプロテインを3つ紹介します。

個人的にも愛用しているプロテインや、過去に使って良かったものなどを3つ厳選しました。

選び方は「タンパク質の含有量」と「価格」の比率。長期的に続けるので、この2つの要素で選ぶのは必須です。

コスパ良し!国産の最強ホエイプロテイン

[amazonjs asin=”B06Y69FKT2″ locale=”JP” title=”エクスプロージョン ホエイプロテイン 3㎏(約100食分) ミルクチョコレート味 国産”]

こちらのプロテインですね。1杯で20g程度のタンパク質が摂取できて、3kgで6,000円程度なのでコスパが凄く良いです。

味もそこそこ良く、めちゃくちゃ味のバリエーションが豊富なのも特徴。個人的にはミルクチョコレート味が美味しく飲めるかなと考えてます。

高タンパクで価格も安い1つ

[amazonjs asin=”B000GZYBOA” locale=”JP” title=”ヘビーウェイトゲイナー 900 チョコレートブラウニー 3.2kg 並行輸入品”]

このプロテインは並行輸入品なので、海外で販売されているものと全く同じプロテインになります。

付属のスプーン4杯(154g)を水に溶かして飲むと、33gのタンパク質が摂れます。

高タンパクで良いのですが、ダマになりやすい、付属のスプーンが埋まっていて使えない、甘すぎて飲めないなんてレビューもあるので、個人差が分かれそうな一品ですね…。個人的には好きで現在も愛用中。

アメリカで有名なプロテインの1つ

[amazonjs asin=”B01DOHWFGM” locale=”JP” title=”Muscle Pharm(マッスル ファーム)コンバット ホエイ プロテイン 2.2kg チョコレートミルク風味”]

こちらは筋トレ大国のアメリカで有名なプロテインの1つになります。スプーン1杯で25gのタンパク質が摂取できるので、凄く手軽です。

量の割に価格も安めなので、筋トレユーザーからは熱い支持を受けています。

弱点があるとすれば、日本人にとっては甘すぎるという点でしょうか…。

3.効率の良いプロテインの飲み方

3.効率の良いプロテインの飲み方

基本的に好きなタイミングで飲んで構わないですが、多少効果が増す!という意味では、次のようなタイミングがおすすめ。

  • 食間に飲む
  • トレーニングの前後1時間~2時間のタイミングで、体重1kgあたり0.5gのプロテインが効率的(2回飲むということ)

という感じです。ただ、繰り返しになりますが「基本的にいつ飲んでもOK」ですので、誤差の範囲でも多少効率よくしたいなら、上記タイミングが良いでしょう。

食間に飲むと筋肉が発達しやすくなる

こちらはメタ分析で判明したことで、過去30件のプロテインデータをまとめて調査した内容です。(※関連

内容は次の通り。

  • 2パターンに分けて分析
  • パターン1:食間にプロテインを飲む
  • パターン2:食中にプロテインを飲む
  • パターン1は1日3回のプロテイン、1日のプロテインは10~113g程度
  • パターン2は1日3回のプロテイン、1日のプロテイン料は10~75g程度
  • 実験期間は6~36週間、平均は12週間

という感じでした。メタ分析なので信頼性は抜群。この結果がプロテインの効率良いタイミングに直結するので、素晴らしいデータですね。

結果は次の通り。

  • 食間パターンの52%は、1.5kg以上の筋肉が付いた、ちなみに食中パターンは14%に該当する
  • 食間パターンの43%は、体脂肪が増えた、食中パターンは13%に該当
  • 食間パターンの73%は体重が上昇、食中パターンは53%に該当
  • 食間パターンの89%は筋肉量が増加、食中パターンは93%に該当

という感じ。確かに食間にプロテインを飲むことで約4倍の確立で筋肉が増えやすくなるんだとわかりましたが…。同時に体脂肪も増えやすくなると…。

まあこれだけ数値に差があると、食間にプロテインを飲むほうが筋肉増加のメリットはあることが言えるので、まあ良さそうな結果ではありますね。

こうなった理由は「タンパク質の食欲抑制効果が得られにくい」ことがありまして、どうしても食中パターンより摂取カロリーが増えてしまいがちになるので、体脂肪が増えてしまったのでは、という説が一番濃厚です。

トレーニング前後に飲んでもOK

こちらに関しては「減量期ならトレーニング前後にプロテインを飲むと効果がある」というものでして、カロリー制限も同時に行う必要があります。データもある内容なので、体験談よりは信頼性がありますね。(※関連

で、このデータによるとトレーニング前後のプロテインで、次のようなメリットがあると発表しています。

  • 体脂肪の減り方が大きくなった:約-2.5kg
  • 筋肉の減り方が小さくなった:約+0.8kg
  • スクワット筋力がアップ
  • ベンチプレス筋力がアップ

という感じ。確かに良い結果ですが、数値的にはそこまで大きな差は無いですね。しかも、減量期じゃないと特に差がない結果になるようなので、特別意識してトレーニング前後にプロテインを飲む必要もなさそう…。

とはいえ、気持ち程度に捉えて飲むのは良いと思います。プラセボ効果は侮れませんので。

という感じで、以上2パターンの効率良いプロテインの飲み方を紹介しましたが、何度も言いますが「基本的にいつ飲んでもOK」です。

4.まとめ

4.まとめ

ソイプロテイン、ホエイプロテインはどちらがダイエットに良いかという解説でした。また、おすすめのホエイプロテインや飲むタイミングなども紹介しました。プロテインのガイドラインとして活用できるかと思います。

長くなりましたので、以下まとめです。

  • ホエイプロテインのほうがダイエットには良い
  • ソイプロテインは「男性ホルモンが減る」恐れアリ
  • ホエイプロテインはメリットが非常に多い
  • ライスプロテインは、アレルギー体質の人が飲むには有効
  • ライスプロテインの場合、大量に摂る必要あり
  • 良いホエイプロテインは「タンパク質の量」と「価格」で選ぶ
  • 基本的に「いつ飲んでもOK」
  • 少しでも良い効能を得るなら「食間」「トレーニング前後」に飲むと良い

ということで、結局ホエイプロテインが良いんだということが分かりました。アレルギー体質でなければホエイプロテイン、アレルギー体質でホエイプロテインが無理なら、ライスプロテイン、大量に飲むのが嫌なら、ソイプロテインという選び方で良いと思います。

ダイエッターの方は、是非プロテイン飲んでみてね!

【結論:効果的】クビレの口コミ・評判【効果や購入方法なども解説】

おすすめダイエットサプリ効果5位:クビレ(CUBIRE)

今回は「クビレ」サプリの口コミ・評判を公開していきます。

効果の有無、購入方法、飲み方、副作用なども詳しく解説していきますので、クビレが気になる方、購入を検討している方は必見です!

ちなみに筆者も2週間ほど飲み続けていますが、減量効果に関してはそこそこ、それよりも強い整腸作用に驚いています。

腸内環境が悪く、ダイエットも辛くなりがちという方にピッタリなサプリになりそうだと思っています。

【結論:効果的】クビレの口コミ・評判

【結論:効果的】クビレの口コミ・評判

結論を言うと、口コミや評判での評価は高く、クビレはダイエットに効果的だと言えることが判明しています。

クビレの平均評価は4.4

当サイト(Medical IT Link編集部)での平均評価ですが、5段階中4.4と非常に高評価をマークしています。

投稿数は40件ありますので評価の信憑性についても高めで、ダイエット成功者も続出している様子。

一部デメリットを感じたという口コミも投稿されていますので、それらを含めてご紹介します。

クビレの口コミ①:飲むだけで痩せた

26才女性
初回モニターで注文、現在継続して2ヶ月目ですが体の調子がすごく良いです。体重にも影響が出ていて減量効果もあるので、飲むだけで痩せる効果もあると思います。他にもサプリはありますが、これを選んだのは31個のカプセルが1袋に入ってるからです。それだけ(笑)

27才女性
ユーグレナが使われたサプリということで、お腹には良さそうと思って買って続けてます。ダイエット効果は正直期待してなかったですが、1ヶ月でも3kgほど減量に成功していまして、いい感じです。

29才女性
これを飲むようになってからすごくお腹の調子が良くなりました。値段も手頃で続けやすく、ダイエット効果も飲むだけで出ているので、今後に期待して飲んでみようかと思います。

34才女性
クビレを継続して3ヶ月経過。定期コース分は飲み終えましたが今後も継続する予定です。飲むだけの減量効果も期待できますし、実際私も5kgのダイエットに成功。お腹周りの脂肪を落とすために飲み続けようかと思います。また何かあれば報告します。

37才女性
飲むだけで効果ありでした。長期的に継続したらどうなるかは分かりませんけど、良い影響に来ることは確かかと。

クビレの口コミ②:お腹の調子が良くなった

23才女性
軽度の便秘持ち。2日に1回程度のお通じで、たまに腹痛が酷いくらいですが、このサプリを飲んでたら1ヶ月間、ずっと毎日お通じが来るようになって驚きました。体重も3kg程度落ちているみたいなので、ダイエット効果も良かったです。

30才女性
確実にお通じが良くなっていることを確認しました。1ヶ月しか飲んでませんが、それでも良い効果が出るので、サプリの中では優秀ではないかと思います。

39才女性
まあまあです。ダイエット効果もあり整腸作用も実感できるサプリなので、ダイエット中にお腹の調子が悪くなりがちという人に良いかもです。

クビレの口コミ③:効果が微妙かも

37才女性
2ヶ月くらい飲んでいますが、そこまで劇的に変化がないです。体重は2kg程度落ちてきていますが、普段の食事内容がアレなのか、お腹の調子が悪くなることがあります。あくまでサプリなので、そこまで強い効果は期待できないと思います。

38才女性
ダイエット効果を期待して買いましたが、1ヶ月ではイマイチ効果が出ず、1kgくらい痩せた程度。もう少し続けますが、あまり効果がでなければ3ヶ月をキリにしてやめようかと思ってます。

40才女性
1ヶ月ほど継続、ダイエットにも効きました。ただ飲んだだけでは数キロくらいしか変化がなく、お腹の調子も多少良くなった程度なので、今後も継続してみますが、続けて半年くらいで終わらせる予定です。その後にまた口コミします。

クビレの口コミ④:その他、気になった内容

30才女性
思ったより効果が高い。整腸剤を毎日飲んでいた私にとって、サプリでお腹の調子が良くなるのは嬉しいし、何より善玉菌の塊のようなカプセルサプリを1粒飲むだけで良いので、続けやすいし効率も良いので、もっと安いサプリが出るまでは続けようかと思います。

41才女性
善玉菌の他に食物繊維が使われていて、お腹の調子も良くなるし食欲抑制に繋がって良い感じです。ちなみにユーグレナの効果は分かりません(笑)これってどんな効果があるんでしょうかね?

以上、ケース別に口コミを紹介しました。

ちなみにユーグレナは簡単に説明すると「善玉菌のエサ」なので、体内にある善玉菌を増やす作用が期待できます。

クビレは飲むだけでも効果的な様子、でも油断は禁物

口コミを見る限りでは「飲むだけ」でも効果が期待できる様子。ただ、食事内容や運動量などで効果は左右されそうです。

サプリを飲んでいるから大丈夫と安心して食べすぎてしまったり、運動を全くしないのは効果が半減するどころか逆効果になる恐れはあります。

油断せず、ダイエット目的なら運動をこまめに行う、整腸作用や美容効果を期待するなら食事内容に注意するなど、クビレを飲む目的にそぐわない行動は控えるようにしてくださいね。

クビレがオススメの方

以下のような方にオススメです。

  • 日頃から楽にダイエットを継続したい方
  • お通じを改善したい方
  • 肌の調子が悪い
  • 食欲のコントロールを簡単に行いたい
  • 初めてダイエットサプリを飲む方

など、主に「ダイエット」や「美容」、「腸内環境の改善」などの効果を期待して飲むほうが良いので、これらに当てはまるなら飲んで見る価値はあるかと思います。

ダイエットサプリ自体が初めてという方も、飲みやすさや手頃さを考慮するとオススメかなと。

ということで、是非試してみてください。

クビレの効果について解説【ダイエットに期待できます】

クビレの効果について解説【ダイエットに期待できます】

効果は以下の3つです。

  • 食欲コントロール(ダイエット効果)
  • 美容効果
  • 脂肪燃焼作用上昇

などに期待できます。

クビレの効果①:食欲コントロール

クビレには以下のような成分が使用されており、それぞれが食欲コントロールを行う作用が期待できます。

  • ユーグレナ
  • 6種の穀物麹
  • 植物由来の食物繊維
  • サラシア(ハーブ)

上記の3つです。

穀物麹やユーグレナは「腸内細菌」のエサとなるため、善玉菌の増殖を手助けし、腸内環境の改善に効果が期待できますので、食欲が暴走することを防ぎます。

また、食物繊維は「脳に直接、食欲抑制の指令を出す」ことが最近の科学データで判明していまして、科学界では「唯一のスーパーフード」なんて言われ方をしています。

サラシアも同様に食欲抑制に効果を発揮するハーブ。

これらの成分を踏まえると、かなりダイエットに効果的なことがわかります。

クビレの効果②:美容効果

あくまで、腸内環境が整うことで得られる美容効果のみです。飲むだけで肌がきれいになるわけではないです。

以下のような美容効果が期待できます。

  • 皮脂の分泌量の調整
  • 肌荒れ、ニキビ防止・改善
  • 毛穴目立ちをなくす

などです。

特に「肌荒れ」や「皮脂分泌量コントロール」には腸内環境が影響していることが科学データで判明していますので、これらを改善するのならコスメよりサプリのほうが効果が得られやすいことが多いです。

例えば、以下のようなデータです。

  • 114人のニキビ患者のうち、61人に「腸内環境の悪化」が確認された(※関連
  • 113人の赤ら顔患者を調査、ほぼ全員が「小腸に悪性バクテリア」が確認された(※関連

など、腸内環境が悪化している方は共通して「肌荒れ」「ニキビ」などに悩まされていることがわかっており、腸内環境が良くなるだけで炎症系の症状が緩和することもわかっています。

ということで、腸内環境が改善可能なクビレは美容効果も高いことがわかります。

クビレの効果③:脂肪燃焼作用上昇

腸内環境が改善されますので、消化効率も向上し代謝がアップします。これによって脂肪燃焼作用も上昇するということですね。

代謝がアップすれば消費エネルギー量が増えて、基礎代謝で体脂肪が燃焼されるようになるので、ダイエットには最適。

もちろん、「消費エネルギー量」を超える量のエネルギーを摂取したら太ってしまうので、食べ過ぎは厳禁ですが、飲むだけで痩せるというのはこのメカニズムがあるからです。

それぞれの効果が、飲むだけで実感可能

ここまでで紹介した効果は以下の3つです。

  • 食欲コントロール(ダイエット効果)
  • 美容効果
  • 脂肪燃焼作用上昇

それぞれ、配合成分が作用して効果が実感可能なので、ダイエットや美容効果、整腸作用などの効果を期待して飲むと良いかと思います。

繰り返しになりますが、クビレは薬ではなくサプリなので、飲んでいるから大丈夫と気を抜かないように注意しましょう。

クビレの購入方法

クビレの購入方法

基本的に公式サイト以外では買えませんので、公式サイトにアクセスして申込みを行いましょう。

やり方は以下の通り。

  1. クビレ – 公式サイトへアクセス
  2. 「今すぐ試す!」をタップ、または一番下の方までスクロール
  3. 「Amazon pay」で支払う場合はそれをタップ、それ以外は4へ
  4. 自分の情報をそれぞれ入力し、支払い方法を選択
  5. 「お申込内容確認」をタップして、内容を確認したら注文を確定させる

という感じ。

クビレの公式サイトは以下のリンクからアクセスできます。

クビレ – 公式サイト

オークションサイトでの購入は控えるほうが良い

クビレがオークションサイトで出回ることを確認しています。

もちろんですが、公式がオークションサイトで販売することは無いので、もし見かけた場合はそれは「中古品」になります。

品質上の問題も出てきますので、余程の理由が無い限りはオークションサイトでの購入は控えましょう。

転売価格に注意

クビレに関しては確認できていませんが、サプリの転売は頻繁に行われているので、転売ヤーから購入するのは控えましょう。

大体は通常価格より3割くらい値段が上がって販売されているのですぐわかります。

通常価格5,400円、公式サイトでは初回465円なので、これ以上高い値段のものは買わないように注意。

クビレの飲み方

クビレの飲み方

基本的に1日1粒を飲むだけです。

飲むタイミングについては厳密に定められていませんので、継続しやすい時間帯を自由に決めて飲むと良いかと思います。

オススメの飲むタイミングは「空腹時」

いつ飲んでもいいですが、よりクビレの効果を引き出すなら空腹時がオススメです。

空腹時は体脂肪や筋肉を消費してエネルギーとして使用し始めるタイミングなので、この時にサプリを飲むことで、その成分がより血中に浸透しやすくなりますので、効果も得やすい状態になります。

といってもいつ飲んでも効果はあるので、あくまでおすすめするタイミングということで…。

過剰摂取は控えること

1日1粒という目安量が決まっていますので、これより多い量を1日に飲まないようにしてください。

配合成分には食物繊維が使われているので、一度に大量摂取をするとお腹が緩む可能性があります。

クビレの副作用について【結論:ありません】

クビレの副作用について【結論:ありません】

結論を先に言うと、副作用の心配はありません。

配合成分にも副作用リスクが高いものは無し

配合成分はユーグレナや穀物麹、食物繊維などで、体に大きな影響を及ぼす成分は使われていません。

ですので、基本的に飲んでも副作用が出ることは無いかと思います。

先程も少し触れましたが、食物繊維が配合されていますので、過剰摂取をするとお腹が緩む可能性が出てきます。注意してください。

また、飲んで何かしらの悪影響が出た場合は一旦飲むのを中止して様子を見てください。

口コミでも副作用の報告なし

一部で「お腹が緩んだ」という口コミがありましたが、それ以外では副作用の報告は1件もありませんでした。

人によっては食物繊維の効果が過剰に出ることがあるので、口コミでは3件ほど「お腹が緩む」と報告されています。

ただ、その後はすぐ治りますしサプリが体に馴染めば問題にはなりませんのでご安心を。

まとめ

ということで、クビレはダイエットサプリとして優秀な部類になっています。

飲むだけでも効果は期待できますし、整腸作用や美容効果も期待でき、手頃な価格で毎日継続していくことができますので、興味ある方は試してみてくださいね。

以下、公式サイトのリンクです。

[st-mcbutton url=”https://medical-it-link.jp/cubire-link” title=”公式サイトはこちら” rel=”” fontawesome=”” target=”” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” fontsize=”120″ width=”90″ fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#388E3C” ref=”on” mcbox_bg=”#fafafa” mcbox_color=”” mcbox_title=”お得なキャンペーン中!”]※在庫残りわずか[/st-mcbutton]