美容

タバコはニキビに影響する?肌に悪影響があるのか解説【対策法も紹介】

タバコはニキビに影響する?肌に悪影響があるのか解説【対策法も紹介】

タバコがニキビにも影響するという話をしていきます。

「タバコを吸うと肌に悪影響がある?」「肌のためならタバコは吸わないほうが良い?」

という疑問に回答できるような記事内容になります。

1.タバコはニキビに影響するのか

1.タバコはニキビに影響するのか

結論を言うと、「影響あり」です。

ただ、ニキビ自体、原因が様々ありますので、タバコを吸っているから必ずニキビが出るというわけではなく、タバコはあくまで原因の1つであるということが言えます。

タバコは遺伝子に一生の傷を残す

タバコが体に悪いというのは現代に置いて周知の事実ですが、実際どんな悪影響があるかと言うと「遺伝子に傷を残す」という最悪なものがあります。

具体的な症状で代表的なものが「癌」ですね。

タバコがDNAに異常を起こして、癌を抑制するための遺伝子の働きを邪魔したりします。そのため、発がんリスクが急激に上がるわけです。

30年過ぎても遺伝子のダメージは元に戻らない

実際にタバコのダメージはいつまで続くのか?という疑問がありましたが、最近になって研究データが発掘されまして、30年は戻らないというデータが出てきました。


過去に行われた16件の遺伝子研究のメタ分析になります。(※関連

サンプルは16,000人なので信頼性は非常に高い内容でして、データ内容は「血液サンプルの調査」になります。喫煙者と禁煙した人のDNAを比べたというシンプルでわかりやすい実験です。

判明したことは次の通り。

  • タバコを吸うと7,000以上の遺伝子に異常が起きる。
  • 異常が起きた遺伝子の3割は、どんな働きをしている遺伝子かが判明してない
  • タバコをやめると、ほとんどが5年以内に異常レベルが元のレベルまで戻る
  • 一部の遺伝子は、30年経過しても異常が治らない
  • 異常が起きていた遺伝子は、心疾患と癌に関わる内容

という感じで、「タバコを吸うと遺伝子に問題が起こる」「ただ、禁煙すると5年以内に殆どの遺伝子が正常に戻る」「でも、一部の遺伝子は30年経過しても戻らない」ということが分かったわけです。


今回のデータで研究者が話していますが、「タバコを吸うと、遺伝子に取り返しがつかない傷を残す」というのはほぼ事実であるということですね。

副流煙でもダメージを負うことがあるので、やはり煙とは絶縁しておきたいところですね。

ただ、5年以内にリカバリーできるというのは朗報かなと思いますので、禁煙するのなら早めが良さそうな。

2.肌細胞にもダメージが出る【肌に悪影響あり】

2.肌細胞にもダメージが出る【肌に悪影響あり】

ニキビに関する内容で言うなら、肌細胞にも影響が出るということ。

遺伝子にダメージを与えますので、当然ながら肌にも影響が出てきます。


全部で4つの悪影響があります。

  • ニキビの悪化
  • 肌のたるみ
  • シワ
  • 皮脂分泌量増加

細かい部分を見るとこれ以外の悪影響もありますが、大体は上記4つです。

冒頭でも触れましたが、ニキビは様々な事象があることが原因なので、タバコも1つの原因ではあるものの、腸内細菌のバランスが崩れていたり、体内の炎症が悪化していたり、メンタルが悪化しているなどの理由も考えられるので、一概にも「ニキビの原因はタバコだ!」と言えないのも事実。

タバコが要因でニキビが悪化することもあるよ!くらいに捉えておいて下さい。

結論:タバコはやめるべき

どうあがいてもこの結論だけは揺るがないので、自分の体のためを思うのなら今すぐやめた方が良いかと思います。

でもタバコは依存性があるので、やめるのはかなり大変かと思います。タバコではありませんが、筆者も「今すぐコーヒーを飲むのをやめろ!」と言われてもできないと思うので。

どうしてもタバコ止めたいけど辞められないという方のために、次の項目で「タバコをやめる成功率を3倍に高める方法」をご紹介します。

3.タバコをやめる成功率を3倍に高める方法

3.タバコをやめる成功率を3倍に高める方法

結論を言うと「心理テクニック」を使います。

こちらも実際のデータがありまして、科学的にも信頼性がある内容です。

タバコをやめる成功率を3倍に高める心理テク

禁煙は言うまでもなく凄く難しいです。

科学的なデータで言うと、最も成功率が高い国で成功率33.2%なので、どれだけニコチンの依存性が高いのかということがわかりますね。(※関連

そこでこの心理テクです。


2018年に行われたペンシルバニア大学の研究にて、6131人の喫煙者を対象に以下の実験を行いました。(※関連

  1. 禁煙は健康に良いというテキストを読ませる
  2. ニコチンガム、パッチなどを無料で使い放題にさせる
  3. 電子タバコを無料で使わせる
  4. ニコチンガム、パッチを無料で使い放題&禁煙成功で600ドルボーナス
  5. ニコチンガム、パッチを無料で使い放題&禁煙失敗で600ドル罰金

といった感じ。その後6ヶ月間の経過を観察したという内容です。

その結果、「お金が絡んだ時の禁煙成功率が一気に跳ね上がった(3倍の差)」ことが判明しました。そして、「禁煙失敗でお金を損する」ほうが、「禁煙成功してお金をもらう」より効果が高いということも合わせて分かったと。

禁煙だけではなく、ダイエットや何か継続したいことでも同じ心理テクが使えそうですね。


私達人間は、得することを選ぶより、損することを避ける生き物とのことで、今回の実験でもそれが分かっています。

つまり禁煙するには「喫煙する人に成功しないと損をするリスクがある」と思わせることが大切で、より行動へのモチベーションが得られる方法と言えます。


非常に難しいです。

上記で説明した心理テクニックを使っても、成功率は12.7%増えただけなので、かなり厳しい己との戦いになりそうです。

タバコを続けているニキビも悪化するし、それだけじゃなく得すことは一切ないし損することの方が多いですから、できれば止めたいところですね。

4.まとめ

4.まとめ

以上、タバコとニキビの関係、またタバコをやめる心理テクニックの紹介等になります。

結局は「タバコはやめるべき」という結論だけは揺るがず、今タバコを吸っているならやめた方が良いですよ…。ということが言えるので、皆様も禁煙しましょう。

今タバコを吸ってない人は、受動喫煙なんて言葉もありますので注意してくださいね。

コーヒーがニキビの原因というのは嘘という話【理由を解説】

コーヒーがニキビの原因というのは嘘という話【理由を解説】

よく、「コーヒーを飲むとニキビが増える!」「カフェインはニキビを悪化させる!」という情報を耳にしますが、全部嘘です。

これについて科学的データを用いて解説していきます。

1.コーヒーがニキビの原因というのは嘘という話

1.コーヒーがニキビの原因というのは嘘という話

正確に言うと、「科学的根拠がない」ので嘘ということですね。

筆者自身も20年以上コーヒーを飲み続けていますが、ニキビが悪化したことも出たこともありません。

コーヒーがニキビの原因と言われていた理由

ざっくり理由を言えば、「飲み方」にあります。

ブラックで飲む人もいれば、砂糖を入れたりミルクを入れたりなどですね。

特にミルクコーヒーが好きで飲むことが多い人は要注意です。


一言で「コーヒー」といっても、人によって内容が違うことがあります。

例えば「ミルクコーヒー」だったり、「ブラックコーヒー」だったりと。中には「豆乳」を混ぜて入れる人もいますよね。


主にニキビに影響するのは「乳製品」でして、コーヒーの中で該当するのは「ミルクコーヒー」です。

何故、乳製品がニキビに影響するのかは「2.ニキビの原因について解説」の項目で詳しく紹介しますので、こちらでは省きます。


コーヒーは苦くて飲めないけど、ミルクコーヒーなら甘くて飲めるよという人に多いですが、要は「甘くないもの」でも「甘いものに変える」ような人が、ミルクコーヒーを好む傾向にあって、腸内環境が悪化している可能性が高いです。

詳しい内容は「2.ニキビの原因について解説」の項目で解説しますが、腸内環境が悪化しているとニキビができやすいのは科学的にも証明されています。

そして、日本人の場合、牛乳に入っているような「ラクトース」を分解する酵素を持っていないんですよね。ラクトースをうまく分解できず、少量摂っても気が付かないうちにお腹を壊していることが多いんです。

というところで、まとめると↓

ミルクコーヒーを飲む

ミルクにはラクトースが入っている

日本人はラクトースを分解できないので、下痢や腹痛などの症状が出る

腸内環境が悪化

ニキビが出やすくなる

という感じでしょうか。

こういう事実が広まっていくうちに、「コーヒーはニキビの原因だ!」みたいな言われ方をするようになったのだと思います。

補足:牛乳も体に悪い

学校の給食にも出される牛乳ですが、日本人はラクトースを分解する酵素をほとんどの方が持っていませんので、体に悪いです。

昔は「カルシウムをたくさん取ると背が伸びる」とか「骨を強くする」と言われることがありましたが、そもそも牛乳はマグネシウム量が少ないので、万能なカルシウム食品とは言えないし、カロリーが多いので骨を強くするどころか、脂肪が増えて骨が弱くなることがあるわけです。

加えて、牛乳には「リン」というものが含まれていて、カルシウムと結合し吸収を阻害する働きがあります。

という感じで、カルシウムが豊富という事実はあるものの、マグネシウムの量が少なすぎることもあり、端的に言うなら「ただのカロリーが高い飲み物」という感じでしょうか。

個人的に、カルシウム目的なら「魚」や「アーモンド」のほうが良いと思っています。含有量も多いので。

2.ニキビの原因について解説

2.ニキビの原因について解説

主に3つあります。次の通り。

  • ニキビを悪化させる食べ物を多く食べている
  • メンタルの悪化
  • 消化器系の不調

それぞれ詳しく解説していきます。

ニキビの原因①:ニキビを悪化させる食べ物を多く食べている

大体の人に当てはまる理由が「ニキビを悪化させる食べ物を多く食べている」ということ。

以前の記事でも解説しましたが、ニキビの原因となる食品は大きく分けると次のようになります。

  • 血糖値が劇的に上昇するもの
  • 体内の炎症を引き起こすもの

以上の2つです。

炎症とニキビの関係については、メカニズムも科学的に確立されていますので、ほぼ間違いない内容です。


以下の5つ。

  • ファストフード
  • オメガ6脂肪酸が豊富な食品
  • 乳製品
  • 精製された食べ物(精製穀物や精製糖)
  • チョコレート

という感じに、乳製品以外にもたくさんの食べ物が該当します。

コーヒーにミルクを入れる人は要注意ですよ…?


以下、箇条書きにて紹介します。

  • 2017年:ニューヨークにて、64人の参加者を対象とした研究で「精製された炭水化物を食べる量が多いと、ニキビの症状が激しく出る」ことが判明(※関連
  • 2012年:高脂肪でカロリーが多い食事(ファストフードとか)は炎症の元になる、西洋風の食事はIGF-1に悪いので、ニキビも増える(※関連
  • 2010年:中国にて、5696人の食事を調査、「高脂肪食はニキビのリスクを43%あげる」ことが判明(※関連
  • 精製油(オメガ6たっぷり)は酸化しやすいので、細胞ダメージに連鎖反応を起こす(※関連
  • 2005年:47,355人の女性を調査、乳製品のニキビ相対リスクは1.12~1.44だった(※関連
  • 2016年:バンコクにて、99%のダークチョコレートを定期的に毎日摂取すると、2週間でニキビが増加した(※関連

という感じでデータも豊富なので、先ほど紹介した「ニキビを悪化させる食べ物」は、ほぼ間違いなくニキビが出たり増えたりするものと考えていいでしょう。

ニキビの原因②:メンタル悪化

ニキビとメンタルの関係についても多く言われていまして、「精神を病むとニキビが増えるよ!」というデータもあったりします。


2018年にイギリスで行われた健康調査になります。(※関連

ニキビに悩む男女13万人を対象に、15年間追跡調査したという大規模な内容になっていまして、その結果、「ニキビと診断された人は、約5年後以内に鬱症状が出る可能性が63%高くなった」というもの。

つまり、ニキビとメンタルは強い関係があるということですね。


「ニキビが悪化して鬱になる」もしくは「鬱になってニキビが悪化する」、どちらなのかは上記健康調査のデータでは不明でした。

ただ、「メンタル」と「ニキビ」は大きな関係があることは間違いなく、脳と皮膚は「脳皮膚軸」という「常に連絡を取り合っている」状態をしていることも分かっています。互いにコミュニケーションを取って、影響を与え合うような感じをしているとのこと。

ストレスでニキビが悪化したとか、脱毛症が出たという人も多いと思いますが、ニキビを対策するならメンタル面も常に管理していきましょう。

ニキビの原因③:消化器系の不調

ニキビの原因は体内の炎症と言われることもありますが、要は消化器官の不調がニキビをもたらすんじゃないかとも言われています。


2011年のニューヨーク州立大学の論文にて、過去70年の「体内の炎症とにきびの関係」に関するデータをレビューした内容で、次のことが判明しました。

  • ニキビに悩む人ほど、口臭、便秘、逆流性食道炎という消化器系の病気が多い
  • リーキーガットが悪化するほどニキビがひどくなる
  • ロシアの研究では、ニキビ患者の54%は、腸内フローラが悪化していた(異常が見られた)
  • 西洋スタイルの食事は食物繊維が極端に少ない、そのため、腸内の善玉菌が減少して、ニキビが起きやすくなる
  • プロバイオティクスはニキビを治す効果が期待できる

という結論になりました。

ちなみに、馴染みない単語があると思うのでそれぞれ解説すると次のとおりになります。

  • リーキーガット
    …腸に穴が開いて、毒素が漏れ出しているいる状態
  • プロバイオティクス
    …善玉菌を詰め合わせたサプリメントのこと

プロバイオティクスについては当サイトをご覧になっている人は馴染みがあると思いますが、参考として以下2つの記事もチェックしてみて下さい。

関連:【断言】肌荒れを治すには「コスメ」より「プロバイオティクス」がオススメ

[st-card id=2153 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]


具体的にニキビ発生のシステムをまとめると次のようになります。

  1. 砂糖や脂肪が多く、食物繊維が少ない食事を食べる、また、乳製品を摂る
  2. 腸内で悪性バクテリアが繁殖し、リーキーガットを引き起こす
  3. 全身に慢性的な炎症が発生
  4. 酸化ストレスとインスリン抵抗性が増大
  5. 体内のストレスに反応し、皮脂分泌量が上昇
  6. 結果、ニキビになる

以上がメカニズムです。

結論:ニキビはコーヒー以外の理由が大きい

というより、そもそもコーヒーはニキビの原因では無いということ、乳製品や砂糖、脂肪が多い食事ほどニキビが起きやすいということが、これで分かったかと思います。

長々話しましたが、結局言いたいことは、、
ニキビは「食べ物」と「メンタル」が大きく影響しています!
ということ。

コーヒーがニキビの原因になっているというのは嘘ですし、むしろ他に気をつけなきゃならない食べ物はたくさんあるよね?という話です。

3.コーヒーに期待できる効果

3.コーヒーに期待できる効果

ここでの「コーヒー」は「ブラックコーヒー」のことを指します。主にカフェインについての効果になりますが、かんたんに説明すると以下の通り。

  • ダイエット効果
  • 運動能力上昇
  • 注意力アップ

以上の3つです。

コーヒーの効果①:ダイエット効果

カフェインには様々なダイエット効果が期待できまして、普段からカフェインを口にしない人が飲むとかなりのダイエット効果が期待できます。

具体的には以下の効果になります。

  • 体重やBMI、体脂肪の数値を減らす
  • 食欲を抑制する

といった効果がありますので、カフェインは優秀なダイエット効果を生み出してくれます。


箇条書きにて紹介します。

  • 2018年:カフェインとダイエットに関するデータ13件をメタ分析したところ、カフェイン1mg増やすごとに体重22%減少、BMI17%減少、体脂肪率28%減少と相関していたことが判明。飲めば飲むほどダイエットできるかも?(※関連
  • 2018年:体重1kgに対し1mgのカフェ員を飲んだら、カフェインを飲まないより摂取カロリーが減った。空腹感が減っていた。(※関連

というように、カフェインは実際のデータでも「ダイエット効果があり」という結論が出ています。

ただ、注意点もありまして、「元からカフェイン慣れしている人には効果が出ないかも」ということが共通して言われていましたので、カフェインのダイエット効果を期待したい人は、1ヶ月ほどカフェイン断ちすることをおすすめします。

コーヒーの効果②:運動能力上昇

カフェインで運動パフォーマンスが向上することは有名な話でして、筋トレや有酸素運動でも、カフェインで普段よりパワーアップすることは科学的に認められています。

実際のデータだと2019年に公開された論文で、体重1kgあたり3mgのカフェインを飲んだ日は、カフェインを飲んでいない日と比べると「有酸素運動」「筋力」が向上していたことが分かっています。(※関連

ただし、6日ほど連続で飲んでいたら、運動能力がベースラインに戻るということもあり、やはりカフェインは効果はあるものの慣れやすいので、定期的なカフェイン断ちは必須になりそうですね。

コーヒーの効果③:注意力アップ

こちらも人によって変わる効果ではありますが、カフェインを摂ると注意力がアップすることも確認されています。

といっても、普段からカフェインを摂取している人はやはり効果が薄くなることも分かっていまして、毎日カフェインを摂取するのはあまり良くないのかもしれませんね。

4.まとめ

4.まとめ

以上でニキビとコーヒーの関係と、ニキビの原因、コーヒーの効果について解説を行いました。

少し長い記事になってしまいましたので、もう一度まとめてみましょう。

  • コーヒーがニキビの原因というのは嘘
  • ミルクコーヒーに含まれる乳製品がきっかけで、ニキビができた人が多かったので、この説が出た可能性
  • ニキビは「食べ物」と「メンタル」が大きく影響している(コーヒーは影響しない)
  • カフェインには様々な効果が期待できる
  • ただ、カフェインは慣れやすいので定期的にカフェイン断ちが必要

ニキビはコーヒーが原因にはなりえないということ、ニキビを悪化させる食べ物は他にあり、それを食べ続けることでニキビが発生しやすくなるということがこれで分かったかと思います。

ニキビが多く出て悩んでいる方は、是非、今回紹介した「ニキビの原因」を避けてみてください。

また、以下の記事もチェックしてみて下さい。ニキビ解消に大きく役立つかと思いますので…。

[st-card id=2389 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card id=714 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card id=711 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

【女性向け】ホルモンバランスを整える6つの方法を解説

【女性向け】ホルモンバランスを整える6つの方法を解説

ホルモンバランスを整えるための方法を5つご紹介します。

一度崩れると「肌荒れ」「脂肪蓄積」「不眠」「慢性疲労」など、様々な悪影響が出る可能性がありますので、適切な方法を知っておきましょう。

ホルモンバランスの整える方法を知りたい女性の方は必見です!

【女性向け】ホルモンバランスを整える6つの方法を解説

【女性向け】ホルモンバランスを整える6つの方法を解説

ざっくり紹介すると、以下の5つです。

  • リーキーガット症候群を治す
  • ココナッツオイルを摂る
  • ホルモン分泌を乱すコスメを使わない
  • 激しい運動をしない
  • サプリを飲む
  • ハーブを使う

といった感じです。

順番に解説していきましょう。

ホルモンバランスを整える方法①:リーキーガット症候群を治す

「リーキーガット症候群」というのは、簡単に説明すると「腸に穴が開いている状態」のことを指します。

腸を保護するためのバリア機能が壊れ得てしまい、粘膜が漏れてしまうという恐ろしい症状でして、一度こうなると以下のような症状が起きる可能性があります。

  • アレルギー症状
  • 腹部の膨張、ガス
  • 大腸炎
  • うつ病
  • 不眠症
  • 老化
  • 結石
  • 甲状腺ホルモンに悪影響の恐れ

といった感じ。

甲状腺ホルモンを崩すだけでなく、様々な悪影響の原因となりますので、これは治したほうが良いですよね…。

リーキーガットかどうかを判断するには、以下に当てはまるかどうかで可能です。

  • パンをよく食べる
  • 豆類をよく食べる
  • アルコールの摂取量が多い
  • カフェインの摂取量が多い
  • アレルギー体質
  • 下痢、便秘になりやすい

日常的に上記全部を行っているなら、リーキーガットを疑ったほうが良いかと思います。

で、これを治すには、上記で紹介した「パン」「豆類(納豆を除く)」「アルコール」「カフェイン」を一切摂らない生活を1ヶ月続けるのが最善の方法。

つまり、「食生活の改善」がリーキーガットを治すことに繋がります。

1ヶ月だけでもかなり腸の状態が改善されて、アレルギー症状も消えてしまうことが多いです。

また、以下の食材もできるだけ摂取していくようにするとリーキーガットが治りやすくなります。

  • 水溶性食物繊維(イヌリンとか)
  • ココナッツオイル
  • エキストラヴァージンオリーブオイル
  • 乳酸菌サプリ
  • アマニ油

という感じで、腸内細菌そのものを補充する、またそれのエサになるものを摂取することが基本。

上記で説明した中では「ココナッツオイル」が一番オススメ。詳しい内容は次の項目で説明します。

リーキーガット症候群であればホルモンバランスを崩すだけでなく、様々な健康的被害が訪れるため、食生活を改善して治していきましょう。

ホルモンバランスを整える方法②:ココナッツオイルを摂る

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が多く含まれていまして、これにホルモンバランスを保つ働きがあります。

具体的には、悪玉コレステロールや体脂肪を減らしてくれるってことですね。

他にもいろんな嬉しいポイントがありまして、まとめると以下のような感じ。

  • 悪玉コレステロール、体脂肪を減らす
  • 酸化に強く、劣化しにくい
  • 髪のダメージケアに最適
  • 乾燥肌対策にも使える(塗る)
  • 健康に良い

などなど、上記を見るだけだとめちゃくちゃ万能なんですよね。

実際にいくつかデータもありまして↓

  • 2004年:34人の患者にココナッツオイルを塗ってもらったら、乾燥肌が改善した(※関連
  • 2008年:ココナッツオイルでアトピー性皮膚炎が改善した(※関連
  • ココナッツオイルを総カロリーの6割以上摂取するトケラウ人の調査、飽和脂肪酸の摂取量が大きく減った生活(近代化)をしても、心疾患リスクが大幅に減少した(※関連

というように、めちゃくちゃ美容にも健康にも良いことがわかります。

ただし、そんなココナッツオイルにも弱点がありまして、なにせ「非常にカロリーが高い」という点があるので、摂り方には注意する必要があります。

摂るなら小さじ2杯くらいを限度にして、料理に入れたりコーヒーに入れて飲むのも良いかと思います。

繰り返しになりますが、摂り方には注意してください!健康に良いからと多く摂ると普通に太りますので…。

ホルモンバランスを整えるためにココナッツオイルを摂取してもいいですし、先程紹介したリーキーガットを治す目的で毎日少しずつ摂ることをオススメします。

[amazonjs asin=”B0007U884I” locale=”JP” title=”ジャローフォーミュラズ(Jarrow Fromulas) エキストラバージンココナッツオイル 454g 並行輸入品”]

ホルモンバランスを整える方法③:ホルモンバランスを崩すコスメを使わない

化粧品や、一部の歯磨き粉にもホルモンを乱す成分が含まれていることがありますので、要注意ですね。

以下のような成分です。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • トリクロサン
  • フタル酸エステル
  • パラベン
  • トリエタノールアミン
  • ジエタノールアミン

などですね。

特にパラベンは化粧品の代表的な防腐剤でして、肌につけるとドンドン蓄積されてしまうという恐ろしいことも見つかっていますので、できるだけパラベンフリーを選ぶようにしてみましょう。

詳しい内容は以下の記事にて。

[st-card id=2020 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card id=2044 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

ホルモンバランスを整える方法④:激しい運動をしない

特に「ランニング」をやる人は要注意で、続ければ続けるほどストレスホルモンが分泌されるので、内臓脂肪が付きやすい体になりがちです。

同じように筋トレも適度に行えば良いですが、やりすぎるとホルモンバランスが崩れ始めてしまいます。

目安は「週2回、1日30分まで」で、原則として「長い時間息が上がるほどの運動はしない」ということ。つまりランニングはNGですね。

短期的に心拍数を上げて運動するのはアンチエイジングにも良かったりしますが、まあ週2回やっても週3回やっても効果は変わりませんし、むしろ3回やるとデメリットも出ることが分かっているので、何事もやりすぎは駄目ってことですね。

ホルモンバランスを整える方法⑤:サプリを飲む

当サイトでも何度も紹介していますが、飲むのは「ビタミンD-3」サプリで、アンチエイジング界では重要視されている栄養素です。

ビタミンDは人間の体でも生成されて使われますが、およそ80%が日光を浴びることで生成されまして、現代人は慢性的なビタミンD不足と言われています。(デスクワーカーが多いため)

さらに、従来のビタミンD推奨量が大幅に間違えられていたとかで、500IUが良いと言われていたのに、今では2000IU~5000IU必要とまで言われています。

日光を1日10分程度しか浴びれないような方は、ビタミンDのサプリをのみましょう。

[amazonjs asin=”B00BP2ZF6G” locale=”JP” title=”海外直送品 ナウフーズ 【バリュー2本セット】  ビタミンD-3 5000IU 120粒 Vitamin D-3 5000IU 120sof…”]

ホルモンバランスを整える方法⑥:ハーブを使う

主にストレスに効くハーブを使用します。一番オススメは「アダプトゲン」です。

アダプトゲンはストレスに効能が期待できるハーブの総称で、ホルモンバランスを調節して免疫機能を強化する作用が確認されています。

以下のようなハーブがオススメです。

  • ラベンダー
  • レモンバーム
  • ガーリック
  • ロディオラ

という感じ。科学的データもあり評判も良いハーブたちなので筆者もイチオシです。

ラベンダーならアロマもありますので、仕事終わりとかに使うとリラックスできて良いので、筆者も愛用中。

以下の製品たちがオススメです。

[amazonjs asin=”B002N0PY8S” locale=”JP” title=”ナウフーズ エッセンシャルアロマオイル ラベンダー 59ml 【正規輸入品】”]

[amazonjs asin=”B0157FZN8G” locale=”JP” title=”加湿器として/アロマテラピーにも アロマディフューザー リアルバンブー ウルトラソニック オイル ディフューザー ナウフーズ(NOW FOODS) 海外直送品”]

結論:日頃からホルモンバランスを気にして生活しよう!

結論:日頃からホルモンバランスを気にして生活しよう!

ということで以上です。

今のところホルモンバランスを改善する特効薬はありませんので、「これをやると良いよ!」という方法を片っ端から続けていくほうが良いかと思います。

今回解説したポイントをもう一度まとめます。

  • リーキーガット症候群を治す
    …食生活の改善が主。胃腸が荒れるものを一切摂取しない生活を1ヶ月続けると良い。
  • ココナッツオイルを摂る
    …小さじ2杯くらいを毎日続けると良い。摂りすぎると太るので注意。
  • ホルモン分泌を乱すコスメを使わない
    …主にパラベンなどは避ける、添加物系が使われてないものを選ぶと良い。
  • 激しい運動をしない
    …ランニングはNG、週2回1日30分の筋トレがベスト。
  • サプリを飲む
    …ビタミンD-3を2000IU~5000IU飲むのと、15分の日光浴がベスト。
  • ハーブを使う
    …アダプトゲンが良い。アロマならラベンダーがオススメ。

なんか調子悪い…肌や髪に元気がない…など、体の不調を日頃から感じる場合は、ホルモンバランスが崩れていることを認識して、是非上記の方法を続けてみてください。